赤羽ビーンズテラス(東京都北区2014/12)

~リニューアルで生鮮食品館フジガーデンがバリアフリーになりました~

赤羽ビーンズテラス

赤羽駅高架下のショッピングセンター、北側エリアのリニューアルが完成しました。名称はビーンズテラスに改称。今どきのリニューアルです、当然バリアフリー度があがりました。

以前は車椅子では大苦戦必至だった生鮮食品館が、バリアフリーになりました。人気の角上魚類やニュークイックに、車椅子で買い物に行けます。

 

高架下の店舗が一部入れ替わっています。新たに「ユザワヤ」、本屋、ドラッグストアが開業。いずれの店舗も、それほど特別なバリアフリー対策はありませんが、車椅子でまずまずのレベルでは利用できます。トイレも少し綺麗になりました。でも基本構造は変わりません。障害者用トイレが一つ併設されている構造です。

 

と思ったところ、なんと生鮮食品館フジガーデンの中に、障害者用トイレが新設されています。画期的です。目立ちませんが、食品館の一番奥にあります。この配慮はいいですね。車椅子ユーザーへの嬉しいプレゼントです。皆さん、利用しましょう。

赤羽ビーンズテラス

この食品館は、リニューアル以前は車椅子では辛い構造でした。出入り口、通路とも狭く、混んでいると車椅子での回遊は無理。一部は通行できないほどの狭い売り場も。それがすっかり変わりました。

絶対的なスペースは変わらず、入店しているお店も同じですが、店内のレイアウトや出入り口の設計で、普通のレベルのバリアフリーは確保されています。よほどの混雑時以外は、車椅子での店内回遊が十分に出来ます。

ちょっとした考え方の違いで、世の中はバリアフリーになる。そのことを証明しているような店舗です。以前のひどい状態をご存知の方にこそ、見ていただきたい進化です。

 

このショッピングセンターは駅横ですが、高架下に駐車場があります。この駐車場にはいっさい改装は入っておらず、以前のままです。正直にいって、あまりバリアフリーではありません。

南側の進入路から入ってすぐの区画に1台分障害者用駐車スペースがあります。北側の進入路から入ると、この区画には来ることが出きません。またこの1台しかない障害者用駐車スペースが、それほど広くありません。

駐車場内からショッピングセンターに向かうルートは、車道を横切り、狭く、かつアップダウンがあります。皆さんいったんビバホームに入り、店内を横切って、ショッピングセンターに向かいます。このあたりは、相変わらずでパッとしません。

 

今回のリニューアルのポイントは、生鮮食品館フジガーデンがバリアフリーになったことです。やれば出来ます。しかも新設のトイレ付。

全国のちょっと古い、そしてちょっと狭くて、車椅子では利用が厳しいショップの皆様、是非参考にしてください。

このレベルまでバリアフリーにしてくれれば、車椅子ユーザーでもなんとかなります。