アリオ上尾(埼玉県上尾市2013/08)

 

2013年6月末開業のアリオ上尾です。SCとしては、最近のアリオの文法に従ったもので、特にレポートする価値はないのですが、一点だけトピックスがあります。8月半ばまでは、障害者用専用駐車ゾーンのゲートは空きっぱなしでフリーに駐車していましたが、この8月下旬から、おそらくアリオで始めて、事前登録者限定の障害者用専用駐車ゾーンの運用が始まりました。イオン系SCで数年前から設置されている、入場口にゲートがついている障害者用駐車ゾーンのアリア版です。

アリオ上尾

アリオ上尾の専用駐車ゾーンは、屋外平置き駐車場の館内出入口近くと、屋上駐車場の館内出入口近くの2か所にあります。それぞれ7台から8台分くらいの駐車スペースがあります。車両の誘導路に従って進み、先ず屋外平置きのゾーンを見て空いていればそこに、満車であったら屋上に回って停めることになります。

 

満車リスクを思うと2か所あるというのが、まずいいですね。それ以外にも、利用者からみて気が利いている点があります。2か所とも屋根付きまたは建物の下部にあるため、雨の日も安心して利用できます。ただし、簡易な屋根なので、大雨のときは濡れる可能はあります。でもうれしい配慮です。

 

また、屋上部の駐車ゾーンのそばには勿論エレベーターがありますが、そのすぐそばにエスカレーターの乗降口もあります。健常者の方のほとんどはエスカレーターに流れるので、車椅子の方は混まないエレベーターを利用できます。これもいい配慮です。

 

2013年8月現在の事前登録者限定の障害者用専用駐車ゾーンの利用方法をレポートします。

利用登録はアリオのインフォメーションコーナーで手続きします。障害者手帳を提示し、簡単な書類に氏名、住所、車のナンバーなどを記入します。車のナンバー4ケタは必須です。わかるようにしておきましょう。

 

すると、駐車カード的なものを発券してくれます。イオンのリモコン方式とは違い、よく駐車場で発券機からでてくる駐車券のような紙のカードです。そこに、氏名と車のナンバーを手書きで記入して渡してくれます。有効期間は1年間。破損、汚損は交換してくれますが、紛失した場合の再発行は1000円かかる、という説明でした。

 

障害者用専用駐車ゾーンに到着し、入口の精算機のような機械にカードを入れるとゲートが開く仕組みです。そもそも駐車場は無料なので、退場するときは出口のバーは自動で空きます。

 

初回はカードをもっていないので使えないでしょうし、1年が経過したある日にカードが使えなくなるなど、いろいろこの先問題が生じると思いますが、この専用駐車場方式はアリオ初の試みだと思われますので、徐々に運用方式も改善されていくのでしょう。この取り組み自体は歓迎します。

アリオ上尾

最近のアリオの文法通りですが、このSCも障害者用トイレは完璧です。広さも十分、設備もフル装備です。大型のベッドも配備されています。もちろんピカピカ。快適に利用できます。

 

車椅子利用障害者にとって、郊外型商業施設の利用にあたって気になる点は、乗降がゆっくりできる駐車スペースの確保と雨風対策です。敷地に余裕がある施設は、後付けでもいいので、この対策を進めていただければ助かります。

 

大手デベロッパーが、障害者の利用を考えた施設開発をしてくれるのは、心強い限りです。社会全体でノウハウを高めていきましょう。