東京ドームシティ ラクーア(東京都文京区2015/04)

~ジェットコースターは完全復活、ラクーア開業後12年のバリアフリー状況を検証します~

 

東京ドームシティ「ラクーア」。アトラクションでの死亡事故を契機に、長期間営業を中止していたジョットコースターは完全復活。現在、全施設が全開で営業中です。

東京ドームシティ ラクーア

昨年、飲食店を中心に大幅な店舗入れ替えを実施し、施設のリフレッシュを図りました。安定した人気があるバリアフリー施設です。車椅子目線でみた、現在の状況をレポートします。

 

ラクーア誕生の頃、立派なバリアフリーな施設ができたことに感動した記憶があります。当時東京ドームはまだまだバリアだらけ。車椅子で東京ドームの入場口にたどり着くのは大変な努力が必要でした。

ドームシティ ラクーア

そういう時代に誕生したラクーア。その後時代は完全バリアフリー設計に進化。現時点でラクーアを利用すると、やや見劣りする点があります。

東京ドームシティ ラクーア

ラクーア内部の問題としては、エレベーター不足による上下階の移動の不便さがあります。

施設メインのエレベーターが3基ありますが、この3基は上層階の温泉施設に行くお客さんでよく行列が出来ます。フィットネスクラブの利用者、レストランフロアの利用者もいます。

混雑時は、専用エレベーターにしたり、誘導スタッフがついたりと、施設側も運営努力をしていますが、車椅子ユーザーにとっては、利用しにくいエレベーターになっています。

もう1系統、高層階に行かないシースルーエレベーターがあります。4Fまでの施設利用なら、このエレベーターの方が利用し易いでしょう。ただし一基だけなので、運が悪いと乗れずに待たされることになります。

ここのエレベーターでの競合者はベビーカーです。ベビーカー客は大勢います。仲良く譲り合って利用しましょう。

ドームシティ ラクーア

もっと本質的な課題として、今にして思うのが、地下鉄とのバリアフリー連携の悪さです。

ラクーアは地下鉄4路線の駅のほとんど真上、あるいは真横にあるのですが、どの駅、どの路線からも、バリアフリーにインドア移動で来ることが出来ません。信じられない連携の悪さです。

都営三田線、都営大江戸線の春日駅、東京メトロ南北線後楽園駅が真下、東京メトロ丸の内線の後楽園駅が真横です。どの駅からも、車椅子でラクーアに行くのに、大変な労力がかかります。

地下と地上を結ぶエレベーターは不便で、更にどうやっても屋外を通るので雨の日は濡れます。せっかくの抜群の立地条件が台無しです。今からやり直すのは大変でしょう。取り返しのつかないミスだと思われます。

東京ドームシティ ラクーア

更に、文京区役所などが入る「文京シビックセンター」が隣接しているのですが、この施設とのバリアフリー連携も全くありません。双方一切口をきかなかったとしか思えない不便さです。

丸ノ内線の後楽園駅との連携の悪さと原因は同じことなのですが、隣接する「メトロエム後楽園」とのバリアフリー連携も全くありません。

東京ドームシティ ラクーア

さすがに隣接する「東京ドーム」には、ラクーア2F部の白山通り側の連絡橋からバリアフリーに行くことができます。

でも油断しないでください。同じ2F部の連絡橋でも、メトロエム後楽園側だと、連絡橋の最後に段差がまっています。ご用心ください。

東京ドームシティ ラクーア

2015年4月の時点で、ラクーアの施設全体のバリアフリー状況を俯瞰すると、当時はまだ自分の施設だけのバリアフリーしか視野がなかったことが解ります。

実際に車椅子の人が、地下鉄に乗ってラクーアにくるシーンまで、設計上の想像が及ばなかったのでしょう。

そんなことはこちらのコストではない、という確信犯だったかもしれません。

東京ドームシティ ラクーア

今から思うとこの規模の施設が出来るのに、交通機関や公共施設とのバリアフリー連携が全くないというのは、信じられない失態です。

これからのバリアフリーは、「点」から「線」や「面」に広げていかなくてはなりません。大いなる失敗例としてラクーアを正しく分析し、教訓を活かしていきましょう。

ドンキホーテ後楽園店(東京都文京区2014/10)

~2014年夏開業、いまや完全バリアフリーになったドンキホーテ~

完全バリアフリーのドンキホーテが誕生です。かつてのドンキを思うと隔世の感があります。あのドンキがバリアフリーです。世の中の流れはバリアフリーへ一直線。しかも地下駐車場まで完備。車椅子での雨の日お出かけもOKです。

ドンキホーテ後楽園店

東京ドームシティの横、春日通り沿いにできた新築ドンキです。地下が駐車場、1Fと2Fがドンキホーテ、3Fがサイゼリヤ、4F以上がリッチモンドホテルです。ドンキの1F2Fをご紹介します。

ドンキホーテ後楽園店

1Fの正面が広い出入り口で、総合レジカウンターが並んでいます。段差なく、なんとドアもありません。実に開放的な出入り口。車椅子での出入りも快適です。レジが大変混んでいるときは、やや人で狭くなることもありますが、それでもそれほど問題はありません。

通路も基本は広々設定。メインの通路の車椅子での回遊に問題はありません。一部の売り場で、中に入るとやや狭い通路になるところもありますが、それでも車椅子一台分の幅はあります。ほぼ店内全域を車椅子で回遊できます。

エレベーター完備。1Fと2F間はエレベーターで移動します。3Fのサイゼリヤ行きのエレベーターでもあるので、そのお客さんとかぶると、ちょっと混雑する可能性もあります。

ドンキホーテ後楽園店

ドンキの1Fと2F間は、普通の人はエスカレーターか階段で移動しています。ドンキ客でエレベーター待ちがでるとは思えない構造です。

障害者用トイレも完璧。2Fにあります。出来立てなので当たり前ですが、ピカピカです。24時間営業のドンキです。後楽園での真夜中の車椅子トイレも、これで安心です。

車椅子ユーザーにとって、新しい施設は快適。往年のドンキファンにとっては、アクが無くなったような印象があるかもしれませんが、世の中の流れです。完全バリアフリードンキ、利用しましょう。

小石川後楽園(東京都文京区2014/06)

~予約すれば駐車もできます、特別史跡、特別名勝、都心立地の水戸黄門様の庭園~

 

江戸の庭園ですから、基本はバリアフリーではありません。それでも車椅子で、ほぼ庭園全体を回ることができます。部分的に砂利が深いところや、階段や、車椅子では絶対に無理な飛び石の橋などがあります。そういうところは潔く諦めて、迂回したり、引き戻ったりすれば、車椅子でも庭園を鑑賞できます。

小石川後楽園

とても美しい庭園です。春夏秋冬それぞれの美しさがあります。都心ながら静寂を感じる庭園ですが、東京ドームに隣接しているため、歓声や音楽やジョットコースターの絶叫が聞こえてくることもあります。

 

一番近い駅は大江戸線の飯田橋です。春日寄りの出口から地上へのエレベーターを利用すると、後楽園の近くに出ます。

 

車の場合、駐車場はありませんが、事前に電話予約を入れると、特別に庭園内の業務用駐車スペースを利用できます。ただし、かなり目立ちます。

混んでいるときなど、門前に入園料を払う列ができています。列に対して「車通ります」と声をかけながらどいてもらい、更に庭園スタッフの方に声をかけて園内に進入します。

気が引ける方は、庭園の北側の道路がパーキングレーンになっています。駐禁除外指定をお持ちの障害者の方は、こちらのご利用もご検討ください。

小石川後楽園

入園料は、各種障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免になります。

園内に障害者用トイレはあり、公園のトイレとしてはまずますのレベル。近隣の商業施設のトイレといっても、ラクーアくらいしかないので、公園内のトイレを借りましょう。

小石川後楽園

園内の砂利道対策として、タイヤの太い砂利道用の特殊車椅子が1台用意されています。介助者が押す必要がありますが、どんな車椅子でも座位がとれて乗り換えが可能な方は、予約するのも手かもしれません。

 

入口近くにお食事処がありますが、予約でいっぱいだとフリーのお客さんは利用できません。予約をしてしまうか、食事はあてにしないか、あるいはお出かけ前に今日の状況を確認するかしたほうがよいでしょう。

 

梅、桜から始まり、晩秋の紅葉まで、庭園の植物が美しく園内を彩ります。見ている限り、紅葉の季節の休日が最も混むようです。入園に長蛇の列ができていることもありますので、紅葉情報で小石川後楽園が丸になったら、混むものと思ってお出かけください。