国立公文書館「躍動する明治」(東京都千代田区2018/11)

国立公文書館「躍動する明治

~一般受けを狙った企画があります、イメージチェンジする公文書館特別展~

 

○明治150年記念イベント

2018年は明治150年。各地でこれを記念した文化事業が行われています。「躍動する明治~近代日本の幕開け」は、明治150年を記念した公文書館の秋の特別展です。2018年9月22日から11月4日の開催。入場無料の企画です。

国立公文書館「躍動する明治

○日本史上の有名資料が展示

展示物は有名資料がズラリ。「五箇条の御誓文」「版籍奉還公文録」「富岡製糸場設立公文録」「徴兵令」「大日本帝国憲法」「教育勅語」・・・。

国立公文書館「躍動する明治

国立公文書館の所蔵資料を中心に、明治を代表する資料が展示されています。

国立公文書館「躍動する明治

○展示ケースが見にくい

国立公文書館のエントランス周辺から展示室である1Fは、バリアフリー構造です。障害者用トイレの用意もあります。

車椅子で利用した場合の問題は、展示ケースが車椅子から見にくいタイプのものが多いことです。平面的に展示された資料は、真上から覗きこまないと見えないものが多く、車椅子からの鑑賞は苦戦します。壁掛け展示の資料は、問題なく車椅子から鑑賞できます。

国立公文書館「躍動する明治

○ポップなオリジナル絵画

「躍動する明治」では、これまでの公文書館特別展には無い、新しい取り組みがあります。今回訪問時は、前の歩道を通る人に、特別展の呼び込みをしているスタッフがいました。

国立公文書館「躍動する明治

今風のポップなオリジナル絵画を多数製作。けして下品ではなく、公文書館の公的なイメージを損なわず、且つ新しい魅力を発信する、良く出来たイメージ画です。

国立公文書館「躍動する明治

○フォトスポットが登場

インスタ映えする企画が登場。公文書館正面入り口横に「フォトスポット」が設けられました。SNSへの投稿が呼びかけられています。

国立公文書館「躍動する明治

○音声ガイドは声優が担当

無料貸し出しの音声ガイドは、人気声優が担当。公文書館の新しいファン層の開拓に挑戦しています。

国立公文書館「躍動する明治

○プロジェクションマッピング

特別展期間中の木曜日と金曜日の日没後には、正面エントランスでプロジェクションマッピング企画を開催。映像と音楽により「躍動する明治」を表現します。

国立公文書館「躍動する明治

 

「躍動する明治」は、国立公文書館特別展として新しい取り組みがあります。そして展示資料は一級品。展示ケースが見にくい欠点はありますが、公文書館特別展は車椅子で見学が出来ます。