ケアマネと介護チーム

ケアマネと介護チーム

介護保険制度の枠組みになりますが、制度発足以来のノウハウの蓄積で、ケアマネージャーさんを中心にした介護チームの活動レベルが向上しています。こういう福祉系のサービス、マスコミは行政サイドを攻撃することはあっても、正当に評価することはめったにありません。

 

何事も例外はあると思いますが、一般に介護チームは良く働きます。介護チームの頑張りをご紹介します。

 

事例として、今までは自宅で普通に暮らしていた人が大病を患って入院、退院の目途はついたものの今後は自宅で要介護の生活になる、というシーンを想定してください。

 

担当のケアマネさん、最初の仕事は本人及び家族の今後の介護方針に関する意見の調整です。介護が必要な人の障害の状況を把握し、どういう生活を望むのかを確認します。それに基づいて、介護計画を企画します。

 

例えば、病院への通院は大変なので医師とPTの訪問医療を希望、自宅では電動ベッドを活用、家屋内と屋外用の2台の車椅子の使用を希望、入浴補助としてヘルパーさんの派遣を希望、月に1度は福祉施設へのショートステイを希望、というケースの場合です。

ケアマネと介護チーム

先ず退院前に病院にて、ケアマネさん主催で関係者の会議を開催します。家族、医師あるいは看護師などの現病院スタッフ、訪問医療委託先の医師、PT派遣機関のスタッフ、ヘルパー派遣機関のスタッフ、介護用品レンタル事業者のスタッフ、ショートステイ先候補の施設スタッフなどが招集されます。

 

会議では、関係者へ本人の障害の状況と今後の介護計画について説明があり、理解と協力の確認が行われます。皆さん商売です。ヨシやろう、という確認がなされ、医師からの指示伝達方法など実務の確認が行われます。

 

退院前に行うのは、ベッドや車椅子の手配です。今回はレンタルを利用します。ケアマネさんを通じて業者に依頼が行われ、納品されます。入浴介助のヘルパーさんも早速手配。退院すれば介護生活がすぐに始まります。出来る限りの事前の準備を進めます。

ケアマネと介護チーム

介護生活が始まります。通常、同じ障害の状態が長く続くことはあまりなく、改善快方に向かう嬉しいケースもありますが、実際のケースはほとんどが悪い方向に推移します。

 

今まで自分で行けたトイレが無理になった、嚥下障害が進んで普通食が食べられなくなった、ヘルパー介助での自宅入浴が難しくなった、など状況が変わります。

 

また、家族の介護疲れも深刻な問題です。ショートステイの頻度をあげて、家族の息抜きの時間を増やすことも大切。こういう状況の変化に応じて、必要な福祉機器の入れ替え手配、介護スタッフの編成替え、利用する福祉サービスの変更などを進めていきます。

 

このケアマネさんを中心にした介護チームは、ザックリいうと自宅での療養介護を前提にした制度の基での組織です。したがって、障害の状況が悪化し、病院に再入院した場合には、活動が停止されます。

 

自宅で障害と戦う人とその家族の味方。頑張っているケアマネさんと介護チームの皆さんを、社会的にもっともっと応援しましょう。