熊野速玉大社(和歌山県新宮市2018/06)

~車椅子では神門の横にある引き戸から境内へ、バリアポイントが多い熊野の聖地~

 

・車椅子参拝はほぼ無理

熊野三社の一つ、新宮市の熊野速玉大社はバリア構造。車椅子での参拝は苦戦します。特に境内の玉砂利はキツイ。車椅子で踏み込んだ途端にスタックして、全く車椅子が動かなくなりました。境内全域が深い玉砂利。車椅子のまま拝殿に近づくことは、ほぼ不能です。

熊野速玉大社

・無料駐車場あり

大社の敷地内に舗装された無料駐車場あり。広くはないので満車になる可能性が高い駐車場です。障害者用駐車区画の設定はありますが、境内に近い場所の通常区画を転用したもの。したがって駐車区画の広さは変りません。乗降しやすい駐車場所が空いていることを祈ります。

 

・境内入口まではフラット

駐車場から境内の入口までは、ルートを選べばフラットな舗装路。車椅子での移動に大きな問題はありません。境内の入口「神門」は段差ルート。分かりにくいのですが、入口正面左側に引き戸があるので手動で開けます。ここが境内へのバリアフリールート。スロープ対応です。

熊野速玉大社

・すぐに砂利でスタック

ただし車椅子ではここまで。引き戸ルートで境内に入っても、すぐに深い砂利に行く手を阻まれます。遠くから拝殿方面を拝みましょう。授与所は引き戸ルートのすぐ横。車椅子での利用は可能です。

熊野速玉大社

・表参道は段差あり

境内以外のバリアポイントのご紹介です。「神門」へ向かう表参道は最初に段差があります。車椅子では駐車場側へ迂回して「神門」を目指してください。

参道途中にある「手力男神社」「八咫烏神社」は、車椅子でなんとか参拝可能です。

有料施設「熊野神宝館」の入口は7段の階段で館内は土足禁止。受付スタッフに確認したところ、何らかの手段で階段を上ったら、館内は車椅子で見学してもよいそうです。

熊野速玉大社

・御神木は大迫力

参道の途中に後神木があります。樹齢千年の梛。さすがは熊野三社の御神木。タダならぬ気配が漂います。駐車場からの参道コースで来れば、車椅子で御神木までたどり着けます。ぜひご見学ください。

熊野速玉大社

一般的な車椅子利用者は、よほど頑張らないと参拝は難しい社です。その前提で、熊野詣でにお出かけください。

那智の滝(和歌山県那智勝浦町2018/06)

~頑張れば車椅子で滝壺拝所まで行けます、予習が必要な名瀑鑑賞方法~

 

・車椅子用通路あり

飛瀧神社の御神体である名瀑「那智の滝」。通常は神社の段差ルートを通り、滝壺拝所へ向かいます。このルートは車椅子通行不能。その横に車椅子用通路が用意されています。ただし、なかなかのアップダウンがあり、かつ舗装路ですが路面は荒れています。快適なバリアフリールートではありません。詳しく紹介します。

 

・関係者専用駐車場へ向かう

アクセスは車が便利。車椅子用通路の起点は、飛瀧神社の関係者専用駐車場です。車椅子利用者は関係者専用駐車場の利用が認められます。場所は飛瀧神社の鳥居の横。46号線の上り坂、急カーブの箇所。付近には那智の滝観光用の有料駐車場がいくつかあります。

駐車場の入口にはパイロンが置かれているため、どかす必要があります。健常な同行者がいると助かります。

那智の滝

・インターフォンでスタッフを呼ぶ

関係者専用駐車場に車を停めます。駐車場の奥に柵があり、その先が車椅子用通路。柵の横にインターフォンがあるので、車椅子利用の旨と人数を申告してください。インターフォンの連絡先は、飛瀧神社の社務所です。そこからスタッフが来ていただけます。したがってスタッフの到着まで数分は待ちます。

 

・志納料は300円

滝壺拝所へ行くのに志納料300円を納めます。志納料に障害者減免はありません。スタッフが到着すると柵を開けていただけます。そしてここで志納料を支払います。もちろん現金のみ。小銭を用意しておきましょう。志納料を支払うとその場で「延命御守」がいただけます。

 

・那智の滝へはスタッフと同行

スタッフから「車椅子の介助はできないことになっています」という説明がありました。滝壺拝所までそれなりのアップダウンがあるルートで100m強。腕力のある人なら自力でもいけるかもしれません。一般的な人なら屈強な介助者が必要。老老介護ではキツイかもしれません。

帰るときに出入口の柵の開閉を行うので、今回訪問時は、スタッフがずっと同行していただけました。写真撮りましょう、とカメラマンにもなっていただけました。このあたりの運用はケーズバイケースだと思います。

滝壺拝所は2段あり、車椅子用通路からは上段に到着します。下段へは階段なので車椅子では降りることはできません。

那智の滝

・車椅子で名瀑を拝む

那智の滝は飛瀧神社の御神体。神社のスタッフも同行しています。しっかり参拝しましょう。車椅子で行くことができる滝は希少です。しかもこの名瀑にこれほど車椅子で近付けるとは。快適なバリアフリールートではありませんが、志納料を納めて車椅子で挑戦する価値はあります。

神社スタッフの話しでは、7月の例祭「那智の火祭り」は、前日から参拝者の場所取りが始まるということです。この日にお出かけの場合は、状況が全く違うことを想定してください。

 

熊野三社である那智大社は、近くですが別。那智の滝は別宮の飛瀧神社です。お間違いのないようにお出かけください。

道の駅虫喰岩(和歌山県古座川町2018/06)

~車椅子で鑑賞できる、国の天然記念物指定、虫に喰われたような巨大な奇岩~

 

・異様な光景に驚く

昭和10年に国の天然記念物に指定された奇岩「高池の虫喰岩」。なんとも異様な奇岩。魔物が喰った跡という伝承。巨大な岩です。全高が約60m、幅が100mほど。気持ちが悪い、という感想を言っている人もいました。

この奇岩の目の前に道の駅が出来たので、車椅子でバリアフリーに鑑賞できます。

道の駅虫喰岩

・道の駅は週末営業

道の駅は「高池の虫喰岩」の道を隔てた正面にあります。道の駅の駐車場から虫喰岩をたっぷり観ることができますし、道を渡って虫喰岩に更に近づくこともできます。

道の駅認定を受けているので、24時間利用できるトイレが有り、障害者用ももちろん併設されています。物販コーナーは平日休業。原則土日祝だけの営業です。

道の駅虫喰岩

・何もないところにある奇岩

道の駅ショップが平日は休み。珍しい運営ですが、現地をみると納得します。道の駅虫喰岩がある道は、メインの道路ではなく、生活道路のようなもの。交通量は少なく、地域住民以外は、虫喰岩観光に来た人しか通らないでしょう。周辺には商業施設は何もない。平日は商売にならないのが理解できます。

道の駅虫喰岩

・風化が生んだ奇観

この巨大な岩は、1500万年ほど前に噴出したマグマ。それが風化により表面に穴があきました。自然が生んだ奇岩の奇観。平日でも道の駅駐車場とトイレは利用できます。車椅子での見学可。是非車椅子で虫喰岩鑑賞にお出かけ下さい。