和歌山城公園(和歌山県和歌山市2018/06)

~城内は段差があり車椅子で一周できません、無料動物園がある市民憩いの公園~

 

・基本はバリア構造

名城和歌山城。再建された天守閣は、2018年が60周年です。お城の遺構をそのまま残した公園ですから、基本はバリア構造。車椅子での観光には限界があります。ただし元々の有り様を変えない範囲での、和歌山市によるバリアフリー化への取り組みもあります。車椅子で行く和歌山城公園。詳しくご紹介します。

 

・駐車場から二の丸庭園まで

公園内の各所に決定的なバリアポイントがあります。車椅子でそのまま通行可能なルートは、公園駐車場から動物園を経由して二の丸庭園まで。岡口門や大手門から入城しても、二の丸庭園までは車椅子で通行可能。途中にある「伏虎像」は車椅子で鑑賞可能です。

和歌山城公園

バス専用駐車場から、あるいは追廻門から入城した場合は、大外左廻りをするイメージで二の丸庭園へ向かいます。

駐車場から二の丸庭園までのルートも、快適なバリアフリー路面ではありません。砂利路面や未舗装路、中途半端な舗装路などが各所にあります。その程度だとご理解ください。

この間、駐車場内とお堀の横に、障害者用トイレを併設した公衆トイレがあります。トイレの鮮度はいま一つですが、困った時はご利用ください。

決定的なバリアポイントは、天守閣へ向かう3本の坂である、表坂、裏坂、新裏坂、そして紅葉渓庭園の横の道です。お城そのままの構造が残されています。

 

・御橋廊下はバリア構造

再建された御橋廊下。二の丸庭園横の広場に、大掛かりなスロープが設置されています。これをみるとバリアフリー設計かと思いますが、廊下への入口は段差あり。車椅子での利用は出来ません。ただしスロープを利用して車椅子で入口に近づくことが出来ます。

和歌山城公園

市役所に確認したところ、御橋廊下は土足禁止ですが、車椅子を拭き、人力で担ぎ上げれば廊下内に車椅子で入ることは許可されるそうです。

御橋廊下は傾斜の橋。滑り防止に床に低い段差がつけられています。ガタゴトしますが、ストッパーにはなります。入館無料。通常17時までの公開です。

 

・バリアを5m頑張れば紅葉渓庭園が見える

決定的なバリアポイントとしてご紹介した「紅葉渓庭園の横の道」。二の丸庭園側からアクセスすると、いかにも江戸時代の石畳というゴツゴツな下り坂が車椅子の行く手を阻みます。ここを無理して5mほど進むと視界が開けて、紅葉渓庭園から御橋廊下を見渡す、和歌山城公園のベストビューポイントにでます。無理できる方は、5m頑張ることをお薦めします。

和歌山城公園

・動物園は大正時代の開業

公園内にある小さな動物園は、大正4年の開業です。その歴史100年超。リニューアルしたのが昭和43年ということ。以来ほとんど大きな変化がなく現在に至っているそうです。これは凄い。車椅子での見学は可能です。ぜひお立ち寄りください。

 

・忍者サポーターに介助を頼む

天守閣内部はバリア構造。そもそも天守閣へ向かう坂が段差のあるバリア路です。この対策として、忍者サポーターが導入されました。忍者の格好をしたスタッフが。移動式のスロープ、電動車椅子を駆使して、最大2時間かけて天守閣下まで車椅子を導くそうです。要予約。水曜から日曜の活動で月曜と火曜はお休みです。

実際に利用したことはありません。興味のある方はどうぞ。

和歌山城公園

・公園駐車場は障害者減免あり

和歌山城公園駐車場は市営駐車場です。他の市営駐車場も同様ですが、障害者減免で駐車料金が半額に減免されます。出庫時に精算機のインターフォンを押し、手帳をカメラに提示する方式です。

 

今回は週末ですが夕方の時間の訪問。時間帯のせいか観光客というよりは、お散歩する市民の方が多い印象です。市民に愛される憩いの公園。車椅子での移動範囲は限定的ですが、素敵な雰囲気の公園です。コツを掴んで車椅子でご利用ください。

≪スポンサーリンク≫

50代以上の方に好評のゆとり旅なら朝日旅行(安心のJTBグループ)

 

棚田あらぎ島(和歌山県有田川町2018/06)

~展望台に障害者用駐車スペースがあります、国の重要文化的景観指定日本の棚田百選~

 

・車椅子で観光できます

独特の景観が美しい棚田、あらぎ島。展望台からその全景を楽しみます。小さな展望台ですが、車椅子で利用できるフラット設計。ベンチがあるので健常の人も、しばし座って棚田の風景を鑑賞できます。展望台にはトイレや売店などはなにもありません。ただ展望スペースがあるだけです。

棚田あらぎ島

・3通りのアクセスルート

アクセスは車が便利。展望台の横に、無料の障害者用駐車スペースが1台分だけ用意されています。車椅子利用者は、ここを目指すことお薦めします。

障害者用駐車スペースに先客がいた場合、展望台から50mほどの場所に、無料駐車場があります。路面は未舗装ですが、スペースは10台以上収容できるので、イルミネーションなどイベント開催時以外は、ここが満車になることはおそらくないはず。駐車場から展望台までは、それほどきつい傾斜路ではありません。

展望台は小高い丘の上。丘の下の道路沿いに「道の駅あらぎの里」があります。トイレや飲食はこの道の駅を利用してください。道の駅に車を停めた場合、展望台までは700mほど。だらだらとした上り坂を進みます。元気な人なら車椅子で行くことも十分可能です。

展望台に直行するなら1台分の障害者用駐車スペース狙い。もし先客がいたら丘の上の未舗装駐車場利用。周辺散策を楽しみたい元気な人は、道の駅から。このようなアクセスルートがあります。

棚田あらぎ島

・江戸初期に誕生した棚田

あらぎ島には現在大小54枚の水田があり、総面積は2.4ha。6軒の農家が耕作しているということです。開墾されたのは江戸初期の明暦元年、という記録が残っています。およそ360年の歴史がある棚田です。

 

・有田川の河岸段丘

まるで島のように突き出した独特の景観。舌状あるいは扇状とよばれる地形は、有田川の蛇行により形成された河岸段丘です。見えているカーブに沿って、川が流れています。地理的な知識をもってみると、また楽しい。ぜひ予習をしてお出かけされることをお薦めします。

棚田あらぎ島

・国道の整備はまだまだ

あらぎ島に行くには、国道480号線を利用します。徐々に整備が進んでいますが、まだまだ狭くて苦労する箇所がある国道です。特に東側からアクセスすると、その傾向が強い。運転に慣れていない人は覚悟をしてください。またイメージよりも速度が出ずに、時間がかかります。余裕をもった行動計画でお出かけください。

 

類の無い独特の景観です。写真よりも現地は美しい。春夏秋冬、国の重要文化的景観指定、日本の棚田百選のあらぎ島の景観をお楽しみください。

高野山の駐車場とトイレ事情(和歌山県高野町2018/06)

~高野町の取り組みが素晴らしい、無料駐車場と綺麗な公衆トイレがある高野山~

 

・観光地の鑑

世界各国からの観光客が訪れる高野山。もちろん信仰の山ですが、国際観光地としての整備が進んでいます。車椅子利用者の目から見て、感心するのは駐車場とトイレの整備。GWなど観光のピーク時にはまだまだインフラが足りないのですが、通常期は十分快適に利用できる観光インフラです。観光地は、全てかくありたいものです。詳しくご紹介します。

高野山の駐車場とトイレ事情

・観光ポイントに無料駐車場を整備

高野山へのアクセスは車です。高野町が観光ポイントに無料駐車場を整備。混雑に開放する臨時駐車場も整備。そして駐車場に誘導スタッフを配置して、円滑な利用を実現しています。これは車椅子利用者には嬉しいこと。誘導スタッフに車椅子利用の旨を申告相談すると、その時点での最適な方法を指定していただけます。

高野山の駐車場とトイレ事情

・奥の院へは中の橋駐車場へ

奥の院に近いのは中の橋駐車場。広く整備された駐車場です。入口にスタッフがいるので、車椅子利用を申告相談してください。障害者用駐車区画は奥の院参道にもっとも近い場所に確保されています。そこが満車の場合、その時点での最適な場所を誘導していただけます。

中の橋駐車場のトイレは綺麗です。特に2フロア構造の立体自走駐車場1Fの障害者用トイレはピカピカ。高野山一の綺麗なトイレです。お薦めします。

高野山の駐車場とトイレ事情

・金剛峰寺や壇上伽藍へは金剛峰寺前駐車場へ

スタッフが常駐する高野山第二のパーキングは金剛峰寺前駐車場です。金剛峰寺や壇上伽藍へは、この駐車場に行きましょう。ここでも車椅子利用を相談してください。満車の場合でも、その時点での最適な手段を教えていただけます。

金剛峰寺第二駐車場には、障害者用トイレしかない公衆トイレがあります。まだピカピカで綺麗なトイレです。このトイレもお薦めできる公衆トイレです。

高野山の駐車場とトイレ事情

・中央案内所横のトイレは綺麗

もう一つのお薦めトイレは、宿坊協会中央案内所横の公衆トイレ。このトイレも設備がよく、まだ古びていません。お土産店や飲食店が多いエリアなので、ショップ散策の際のトイレ利用にお薦めします。

 

・トイレには故障や汚れの連絡先が掲示

高野町が管理している公衆トイレには「故障や汚れがあればここに連絡してください」と、町役場の電話番号が掲示されています。各トイレが綺麗に保たれている理由の一つでしょう。

 

古くからある、山の、お寺。この条件で想像すると、車椅子で利用する駐車場やトイレは良いイメージが持てませんが、高野山は違います。バリアフリーで気持ちの良いインフラが整備され、親切なスタッフがいます。困ったらなんでも相談する気持ちで、車椅子で高野山へお出かけください。

≪スポンサーリンク≫

50代以上の方にぜひご体験頂きたい「テーマあるゆとりの旅」