新湊大橋あいの風プロムナード(富山県射水市2017/05)

~バリアフリー歩道で海の上を散策できます、高さ47mの無料歩行者専用通路~

 

・富山新港に架かる日本海最大級の斜張橋

観光地「海王丸パーク」のある富山新港。そこに架かる全長3.6km、主塔の高さ127mの日本海側最大級の斜張橋、新湊大橋。上部が車道、下部が無料歩行者専用通路。480mに及ぶ海上散策路です。歩行者専用通路の愛称は『あいの風プロムナード』。2013年に開通したバリアフリー歩道です。

新湊大橋『あいの風プロムナード』

・橋の両側に無料駐車場とエレベーター完備

富山新港の入口に架かる大橋。その両岸に無料駐車場が用意されています。駐車場の横には公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設。公衆トイレとしては、とても清潔なトイレでした。大橋の開通が2012年。歩道の開通が2013年。バリアフリー設計が世の中の常識になった時代の施設なので、施設全般にわたって車椅子での利用に大きな問題はありません。

新湊大橋『あいの風プロムナード』

自転車も利用可のエレベーター

『あいの風プロムナード』の出入口も港入口の両岸にあります。車で来た場合は駐車した側に戻る動きになりますが、サイクリングの場合は、そのまま対岸へ行きたいはず。ということで、両岸の出入口にあるエレベーターは自転車利用可の大型タイプ。したがって、車椅子での乗降も楽々余裕です。橋上の『あいの風プロムナード』では、自転車は押して歩くのがルール。事故防止のルールを守りましょう。

新湊大橋『あいの風プロムナード』

・橋上の眺望を車椅子で楽しむ

無料でバリアフリー。楽しい『あいの風プロムナード』です。歩道の全長は480m。往復すると約1km。『あいの風プロムナード』は中心部が最高地点になる傾斜歩道。それなりに傾斜がある歩道です。どこまで行くか、どこで引き返すか、ご自身の体力に応じてご判断下さい。富山県内では黒部ダムに次ぐ高さの構造物ということ。歩道の両側に窓があり眺望を楽しめます。車椅子で富山新港の眺めをご堪能ください。

 

・ベストビューは帆船海王丸

隣接する「海王丸パーク」のシンボルは帆船海王丸。『あいの風プロムナード』から海王丸はよく見えます。海王丸が帆を広げた状態、総帆展帆の時がベストビュー。できればそのタイミング合せて、お出かけしたい『あいの風プロムナード』です。

 

・実は生活道路

快適なバリアフリー施設『あいの風プロムナード』ですが、実は生活道路ということ。これが完成する以前、近隣住民は渡し船を路用していたそうです。大昔ではなく2013年5月までは、渡し船で通勤通学をしていたということ。自転車利用可の設備設計も、生活からの必然的なニーズに基づきます。

新湊大橋『あいの風プロムナード』

・海王丸パークからみる新湊大橋も美しい

新湊大橋それ自体もビューポイントです。観光ガイドブックに掲載される海王丸パークからみる新湊大橋の写真は、総帆展帆の海洋丸の先に新湊大橋、そのバックに立山連峰。条件が揃わないと観られない光景です。

 

新しくてバリアフリーな施設。ぜひ車椅子でお出かけ下さい。

桜ヶ丘クアガーデン(富山県南砺市2017/05)

~世界遺産五箇山の近く、クアハウスがあるバリアフリー自慢のリゾートホテル~

 

・設計デザインがバブル風

「五箇山に一番近い里山のリゾートホテル」がキャッチコピー。2000年に開業した天然温泉があるホテルです。水着で入るプール、クアハウスが人気で、日帰り温泉としても営業しています。バリアフリーが自慢。五箇山、白川郷への車椅子観光拠点ですが、和風ではありません。設計デザインはバブル期的なノリ。レストランはイタリアンです。

 

・城端は越中の小京都

平成の大合併で南砺市になり、残念ながら地名が消えてしまった旧城端(じょうはな)町。「桜ヶ丘クアガーデン」は、高速の城端SAに隣接し、SAの駐車場から徒歩で利用できるハイウェイオアシスです。高速から降りずにそのまま利用できる温泉。珍しい存在です。

城端は越中の小京都と呼ばれる、和のテイストの町。五箇山、白川郷に近いのが売り。それなのにバブル風デザイン施設にイタリアンレストラン。ちょっと変わったマーケティングです。

桜ヶ丘クアガーデン

・宿泊はバリアフリールームあり

宿泊施設としては中規模。2階に17室が用意されています。ツインタイプにバリアフリールームあり。ドアは引き戸タイプで、室内はオールフラット構造です。洗面、バス、トイレが一室にあるタイプ。広さは十分ですが、出来ればトイレは別がイイですね。他に特別なバリアフリーの仕掛けはありません。それでも、五箇山、白川郷への車椅子観光の拠点には、使いやすいホテルだと思います。

 

・レストランにバリア構造があった

温泉施設も含めて基本はバリアフリー設計ですが、イタリアンレストランの半分は段差の先。車椅子でレストランを利用する際は、手前半分の席しか利用できません。朝食は一部バイキング方式。メイン料理やデザートは席に運ばれますが、飲み物、パン、サイドメニューはバイキングゾーンからセルフでもってきます。

このバイキングゾーンが、段差の先にありました。朝食に限った運用の問題ですが、これでは車椅子での利用は出来ません。今回、この点はレストランに指摘しておきました。きっと改善されることでしょう。

 

・駐車場からエントランスまでは屋根無し

もう一点車椅子でのご利用上の注意点です。施設専用駐車場からでも、城端SAからでも、駐車場からは屋根無しルート。エントランスには車寄せは無い構造なので、雨の日はどうしても濡れます。施設専用駐車場でも、最短で50mは距離があります。傘がさせない車椅子利用者は、荒天の日は覚悟をして下さい。

桜ヶ丘クアガーデン

人気観光地、五箇山、白川郷への車椅子観光拠点にお悩みの方。ここが一つの候補です。バリアフリー上の弱点を考慮して、利用の可否をご判断ください。

輪島朝市マリンタウン・海の駅六銘館(石川県輪島市2017/05)

~体長1.8m巨大イシナギが待っています、新しく開発された港の観光施設~

 

・住所はマリンタウン1-1

1000年の歴史を誇る輪島の朝市。古い港町に新しいエリアが開発されました。2015年に全面開業したマリンタウンエリア。広々した駐車場、キリコ会館、そして本稿でご紹介する「マリンタウン観光交流施設」と「海の駅六銘館」があります。住所はマリンタウン1-1。新しい輪島の1丁目1番地です。

 

・一級品の障害者用トイレあり

広い駐車場の中にある、観光案内所と6店舗の商業施設のご紹介です。案内所の正式名称は「マリンタウン観光交流案内所」。常駐スタッフがいて、観光案内の他、車椅子の貸し出し、レンタサイクルの貸し出しも行います。公衆トイレが併設。ここの障害者用トイレは一級品です。安心してご利用下さい。

 

・巨大魚の剥製展示が大迫力

観光案内所に入口に、ケースに入った巨大魚の剥製が展示されています。すごい迫力。巨大魚の正体はイシナギ。体長1.8m、体重140kg。輪島沖で一本釣りされた大物の剥製です。釣り上げたのは、地元の漁師、石井さん。車椅子で展示ケースに近づけます。これは観る価値あります。

 

・「海の駅六銘館」は6店舗が入る長屋型施設

観光案内所の並びに「海の駅六銘館」があります。飲食、物販、釣具屋など6店舗が入る小さな物産館です。小さくて狭いので、車椅子で快適に利用できるというタイプのお店はありません。それでも、いずれの店舗も車椅子で何とか利用できるでしょう。

「海の駅六銘館」ならでは、というほどの特色はなく、朝市通りなど輪島の他の店舗街と、内容的に差別化されている印象は受けません。そういう海の駅だ、と思ってご利用下さい。

朝市マリンタウン・海の駅六銘館

・晴れた日の解放感が素晴らしい

マリンタウンは海沿い。晴れた日は青い空、青い海が美しい。空間として広がりがあるので、解放感が素晴らしエリア。朝市通りとは違う輪島の魅力に出会えます。海には「ボートパーク」が整備されヨットが係留できます。ビジターバースがあるので、自家用ヨットで輪島に来ても、係留場に困ることはありません。しかも輪島市内でお買い物をすると、係留料金の減免措置があります。駐車場、駐艇場、いずれも完備。

 

新しい町マリンタウンに、車椅子でお出かけ下さい。