輪島朝市マリンタウン・海の駅六銘館(石川県輪島市2017/05)

~体長1.8m巨大イシナギが待っています、新しく開発された港の観光施設~

 

・住所はマリンタウン1-1

1000年の歴史を誇る輪島の朝市。古い港町に新しいエリアが開発されました。2015年に全面開業したマリンタウンエリア。広々した駐車場、キリコ会館、そして本稿でご紹介する「マリンタウン観光交流施設」と「海の駅六銘館」があります。住所はマリンタウン1-1。新しい輪島の1丁目1番地です。

 

・一級品の障害者用トイレあり

広い駐車場の中にある、観光案内所と6店舗の商業施設のご紹介です。案内所の正式名称は「マリンタウン観光交流案内所」。常駐スタッフがいて、観光案内の他、車椅子の貸し出し、レンタサイクルの貸し出しも行います。公衆トイレが併設。ここの障害者用トイレは一級品です。安心してご利用下さい。

 

・巨大魚の剥製展示が大迫力

観光案内所に入口に、ケースに入った巨大魚の剥製が展示されています。すごい迫力。巨大魚の正体はイシナギ。体長1.8m、体重140kg。輪島沖で一本釣りされた大物の剥製です。釣り上げたのは、地元の漁師、石井さん。車椅子で展示ケースに近づけます。これは観る価値あります。

 

・「海の駅六銘館」は6店舗が入る長屋型施設

観光案内所の並びに「海の駅六銘館」があります。飲食、物販、釣具屋など6店舗が入る小さな物産館です。小さくて狭いので、車椅子で快適に利用できるというタイプのお店はありません。それでも、いずれの店舗も車椅子で何とか利用できるでしょう。

「海の駅六銘館」ならでは、というほどの特色はなく、朝市通りなど輪島の他の店舗街と、内容的に差別化されている印象は受けません。そういう海の駅だ、と思ってご利用下さい。

朝市マリンタウン・海の駅六銘館

・晴れた日の解放感が素晴らしい

マリンタウンは海沿い。晴れた日は青い空、青い海が美しい。空間として広がりがあるので、解放感が素晴らしエリア。朝市通りとは違う輪島の魅力に出会えます。海には「ボートパーク」が整備されヨットが係留できます。ビジターバースがあるので、自家用ヨットで輪島に来ても、係留場に困ることはありません。しかも輪島市内でお買い物をすると、係留料金の減免措置があります。駐車場、駐艇場、いずれも完備。

 

新しい町マリンタウンに、車椅子でお出かけ下さい。

能美市ふるさと交流研修センターさらい(石川県能美市2017/05)

~障害者団体での利用にお薦め、金沢郊外のバリアフリー研修宿泊センター~

 

・全館平屋の完全バリアフリー設計

身体障害のある人の集まりでの研修会や旅行。食事施設、宿泊施設は悩むところです。今回、金沢近郊の施設で探したところ、全館平屋の完全バリアフリー設計の施設がありました。2010年開業の「能美市ふるさと交流研修センターさらい」。料金もリーズナブル。お風呂は天然温泉です。

 

・無駄な段差のない設計とバリアフリールーム

施設の設計は、そもそも無駄な段差がない完全バリアフリー設計。2010年頃から、こういう設計が主流になってきました。すべて屋根続きですが、研修棟、宿泊棟、浴室棟、食堂棟があり、集まりの目的に応じて利用できます。

宿泊棟の一室はユニバーサルタイプ。室内も完全フラット構造です。その人の障害の状況に応じて、宿泊施設に求める要件は様々。一般的なレベルのバリアフリー要件はクリアしている施設ですが、ご利用前に必要な情報は直接ご確認ください。

 

・九谷焼作品の展示や調度品がすごい

ここは久谷焼の本場。そういう面での期待はしていなかったのですが、館内に九谷焼ギャラリーがあり、作品が展示されています。そればかりか、館内の調度品にも九谷焼がいくつも。食堂棟の洗面台も九谷焼です。これだけのコレクションはたいしたモノ。食堂で使用される食器もほとんどが九谷焼。浴室内の装飾にも九谷焼。施設の案内にはピーアールされていませんが、九谷焼コレクションをお楽しみ下さい。

能美市ふるさと交流研修センターさらい

・障害者団体が使いやすい施設は希少

例えば金沢の場合。人気の観光地で、障害者団体でも出かけたいスポットですが、宿泊施設を探すと、ビジネスホテルか高級旅館ばかり。リーズナブルでバリアフリーな施設があまりありません。一人や二人ならともかく、車椅子利用者5人、介助者5人、合計10人規模で、安く食事や宿泊に利用できる施設を探すと、なかなか見つかりません。障害者団体が使いやすい施設が、各所にもっとあるといいですね。

 

・泣き所は交通の便

公共の施設で障害者が利用しやすい「さらい」ですが、金沢駅周辺からは車で40分ほど。小松空港から車で20分程の場所にあります。周囲は田んぼです。したがって北陸新幹線で金沢に行き、中心部の観光を楽しむコースだと、交通が不便。バスや車での観光に適した立地です。

 

金沢駅近隣にこういう施設があるといいのですが。交通の便が悪いことはご理解の上で、障害者団体でのご利用をご検討下さい。

金沢石川県立伝統産業工芸館(石川県金沢市2017/05)

~1Fはショップ、2Fが工芸館、兼六園観光のバリアフリー拠点~

 

・無料駐車場完備、障害者用トイレあり

金沢市のみならず、能登半島まで含めた石川県全域の工芸品に出会える施設です。古い建物ですが改修されてバリアフリー。無料駐車場完備、障害者用トイレありです。1Fは無料のショップ、2Fは有料の工芸館ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名は入館料が無料に減免されます。1Fには工芸職人の実演コーナーもあります。

石川県立伝統産業工芸館

・九谷焼、七尾仏壇、金沢箔、輪島塗・・・

石川県全域の工芸品とはどんなものがあるのか。いろいろあります。金沢といえば金箔のイメージ。これが金沢箔。焼物なら九谷焼や珠洲焼。金ぴかの仏壇は七尾仏壇、美川仏壇も有名。加賀といえば友禅染。輪島といえば輪島塗。これらの市販品が販売されているのが1F。逸品が展示されているのが2Fです。もっとも2Fの展示品も、購入希望の方は申し付け下さい、となっています。

石川県立伝統産業工芸館

・2F有料工芸館はバリアフリー

エントランスから館内へは、スロープ対応。1Fから2Fへの通常ルートは階段ですが、エレベーターもあるので車椅子での上下階移動に問題はありません。1Fの総合受付で障害者手帳を提示。エレベーターで2Fへ向かいます。

2Fには4つの展示室。大きな2つの部屋が常設展、小さめの2つの部屋が企画展の部屋です。常設展には、伝統工芸品の逸品がズラッと展示されています。

石川県の技はすごい。いずれも車椅子で見やすい展示。ゆっくり伝統工芸品をご鑑賞下さい。

 

・チケット売り場では国籍をアンケート

国際観光地、金沢。総合受付で有料展示の受付をする際に、ちょうど前で手配をしていたのが、海外からの観光客を案内している日本人スタッフ。受付スタッフが「どちらの国の方々ですか」と聞いていました。どうも来館者の国籍を記録しているようです。集計結果が知りたいですね。第一位はどの国でしょうか。ちなみに、今回目撃したケースは「ドイツです」という答えでした。

 

・兼六園観光のバリアフリー拠点でもあります

伝統産業工芸館は、兼六園に隣接した場所にあります。ここの1F西口から、兼六園に直接入園することが出来ます。伝統産業工芸館の駐車場は、兼六園の障害者用駐車場も兼ねています。つまりここは、兼六園観光のバリアフリー拠点。車椅子で兼六園観光をするなら、先ずはここ「石川県立伝統産業工芸館」を目指しましょう。お帰りの際は、タクシーも呼べばすぐに来るようです。

 

2Fの工芸品は見ごたえあります。兼六園とセットで、伝統産業工芸館をご利用下さい。