京都 観光名所のバリアフリー事情

~要注意!バリアゾーンへの車椅子お出かけ方法~

 

世界の観光都市、京都。

古都でありながら、バリアフリー化に一生懸命取り組んでいただいています。京都の玄関口、JR京都駅。改装が進みすっかりバリアフリーな駅に生まれ変わりました。電車で京都へのお出かけ、車椅子ユーザーにとってハードルは下がっています。

 

もうひとつ特筆すべき点は、ほとんどのタクシーの運転手さんが、介護のトレーニングを受けていて、車椅子ユーザーにも気の利いた対応をしていただけることです。日本一車椅子でタクシーを利用し易い街は京都、だと思います。

 

京都のバリアフリー情報は、世の中に溢れています。観光名所ごとの基本的な情報は、簡単に入手できると思いますので、これまで経験した中で「頑張ってバリアフリー化しました」という観点で、それでもちょっと気を付けることがある観光名所を4つご紹介します。

京都 観光名所のバリアフリー事情

○清水寺

ご存知のように、とんでもない坂の上にあります。タクシーをご利用ください。

運転手さん曰く「車椅子のお客さんを乗せたタクシーだけが許させる一番近くまで」行ってくれます。本当に「車椅子だけ」なのかは検証していませんが、拝観料を支払うところのすぐ近くまでいってくれます。

清水の舞台をはじめ、境内を車椅子で一周できるルートが1パターンだけあります。出入口も1か所だけがバリアフリーで、他の出入り口は段差があります。

最初に戻るルートで、所定のルートで一周する、という範囲においてバリアフリーです。したがって車椅子では、どうしても他の観光客の方とは、違う流れの動きになります。

 

○金閣寺

駐車場、車寄せ、段差箇所のスロープ設置と、バリアフリーに気を配っていただいています。砂利道を克服する必要はありますが、金閣寺の雄姿を車椅子で鑑賞するこができます。

金閣寺の裏までは行けますが、ここまでが限界で、裏の山のルートは段差階段。この一角の観光は無理です。諦めて他の観光客とは別れて、元来た道を帰りましょう。

 

京都 観光名所のバリアフリー事情

○三十三間堂

アクセスは目の前まで車で行くことができ、バリアフリーに進めます。観音像が並ぶ屋内にもスロープ利用で、車椅子で移動可。

ただし、マイ車椅子での屋内参拝は、拒否されました。備え付けの屋内参拝専用の車椅子に乗りかえての参拝しか認めてくれません。綺麗に雑巾で車椅子を拭きますから、と懇願してもダメでした。

用意されているのは、いわゆる折り畳み式の簡単な車椅子です。そちらに移動できて、座位が保てる方しか参拝できません。

あれだけの国宝ですから、やむを得ない措置なのでしょう。

屋外部の参拝は、もちろんマイ車椅子で問題ありません。

 

○大原 三千院

大変面白いバリアフリー状況です。一般情報では「バリアフリー」となっている場合が多いようですが、一筋縄ではありません。

 

先ずアクセスです。大原のバスステーションから、あるいはその周辺の駐車場から普通の観光客と同じように行こうとした場合、強烈な上り坂が待ち受けています。お店が並ぶ楽しい参道なのですが、坂は強烈です、確かに段差は回避できますが、屈強な介助者がいても辛いでしょう。

一般車両が進入できる最後の場所で、もっとも三千院に近い、標高の高い所にある駐車場まで車で行けます。ここにマイカーを停めるか、ここまでタクシーで行くか、にしましょう。そうするとなんとか入口にたどり着けます。

 

三千院内部は、とても頑張ってスロープが造られています。努力賞を上げたいスロープです。ただ無理はあります。無理なスロープは諦めてください。

そのスロープに面して一戸建て方式の障害者用トイレを、わざわざ設置してくれています。生粋の車椅子ユーザーで、この難所に何人の人がたどり着けるのか、と思いますが、トイレもあります。頑張って挑戦してください。

 

ちなみに三千院の建物の中は、さすがにバリアフリーを諦めています。車椅子は屋内には入れません。園内のスロープからのみの、参拝になります。

 

無理でもバリアフリーに取り組むのだ、という強い意志が伝わってくる三千院です。ぜひチャレンジしてください。

≪スポンサーリンク≫

50代以上の方に好評のゆとり旅なら朝日旅行(安心のJTBグループ)

 

道の駅ウッディ京北(京都府京都市2016/09)

~森の京都の象徴、旧京北町の名産品を楽しめます、屋内に櫓杉がそびえる道の駅~

 

2005年に京都市へ編入した旧京北町にあり、2010年に京都市初の道の駅として開業した「ウッディ京北」。その名の通り“ウッディ”な施設です。

道の駅ウッディ京北

道の駅認定を受けているのでバリアフリーですが、現在の最先端バリアフリー設計ではありません。

段差はスロープで解消、障害者用トイレは外側から利用する一戸だけで設備はB級、店内通路幅は並みレベル。車椅子での利用は可能ですが、快適ではない、というレベルです。

 

京都市といっても、市街からは車で1時間以上かかる場所。京北地域の93%は森林です。

地域の人口は約5,000人で、その40%強が65歳以上。夏は涼しく、冬は降雪、年間を通じて降水量が多い丹波高原の中、日本海と太平洋の分水嶺に位置します。

北山杉の生産地で、アユ釣りの聖域である上桂川が流れる里山。近年は外国人観光客にも人気のエリアです。

道の駅ウッディ京北

施設建物内の「櫓杉」は大迫力。強風で根元から折れた巨木を運び込んだもので、樹齢600年、幹回りは5m強、高さは7mと、屋久島の屋久杉とほぼ同等のサイズ。館内は木の香りが漂っています。拝みたくなるような威厳がある巨木。この「櫓杉」は見る価値あります。

 

特産品がユニーク。今回訪問時に平台メインで盛大に販売されていたのは、赤い万願寺唐辛子。真っ赤なので辛そうですが、実は緑色の一般的な万願寺唐辛子よりも、甘みがあるという事。実際に買って食しましたが、本当に甘みがありました。

このような、ちょっと変わった地場産野菜を「新京野菜」として、売出し中です。ぜひお試しください。

 

名物として売出し中なのが「納豆もち」。京北地域の伝統食です。その名の通りの一品。今回食事処でいただきましたが、中心部に納豆をいれたお餅を軽く焼いて、砂糖抜きのきなこをまぶします。お好みで砂糖またはお醤油をつけていただく。納豆入りお餅の甘い味と醤油味。初めていただきましたが、イメージ通りの味です。

 

関西は納豆NGのイメージがありますが、この地域は納豆生産が盛ん。産直ショップでは、特産の京北納豆コーナーがあり、真空パックの納豆もちも販売しています。昔からの冬季の栄養食なのでしょう。冬は雪に埋まる京北地域です。

 

ジビエ食品も含めて、山の幸が特産品の中心ですが、もう一つの名物は「鯖寿司」。この地は西の鯖街道が通る場所。日本海から海の幸が京都へ運ばれていました。古い伝統のある鯖料理です。

 

「ウッディ京北」のショップで特徴的なのは、木製商品が多彩に並んでいること。地元の職人さん、工房が製作した、椅子、箸、スプーン等など、木製加工商品がずらりと並びます。

あまり売り場の通路幅に余裕が無いのが難点ですが、車椅子でぎりぎり店内回遊は可能です。メイドイン京北の各種木製加工品をゆっくりご覧ください。

 

森の京都を象徴する地域の、希少なバリアフリー施設です。樹齢600年の櫓杉を拝み、新京野菜を楽しみ、納豆餅をいただき、木製加工品を触る。

 

車椅子で、古い歴史のある山里を楽しみましょう。

道の駅舞鶴港とれとれセンター(京都府舞鶴市2016/09)

~480坪の海鮮市場はバリアフリー、車椅子で安心して利用できる巨大観光センター~

 

メインは海鮮市場。そして農産物直売所が併設の道の駅施設。レストラン、団体客用のバーベキュー施設。ガソリンスタンドにCVS。免税カウンターまである巨大観光センターです。

 

新しい施設ではありませんが、基本設計はバリアフリー。施設全体にわたって、車椅子での利用に大きな問題はありません。

 

年間利用者数は80万人ということ。駐車場は普通車で200台収容。障害者用駐車区画は4台分で、バス駐車場よりの独立したスペースに設置されています。

障害者用駐車区画には、やや半端な設計ですが近くに屋根があるので、ここに停められれば雨の日でも、あまり濡れずにメインの海鮮市場を利用できます。

 

海鮮市場は巨大な屋内施設。全体的に床面はフラットで車椅子の利用に問題はありません。屋外独立型のトイレがありますが、この海鮮市場内にもインドアトイレがあり、障害者用トイレが併設されています。トイレ設備のレベルは並み。実用に耐えるレベルのトイレです。

 

日本海の海の幸が堪能できる「とれとれセンター」です。海産物をお土産として買う。施設内の食事処で食する。そして目玉企画は、魚屋さんの店頭での海鮮焼き。「なんでも焼きます」という案内のもと、本当に何でも焼いていただけます。

そして施設内複数箇所に配置された自由飲食スペースで食べる。これがお楽しみです。

道の駅舞鶴港とれとれセンター

お皿や、お箸などは、必要に応じて各魚屋さんで用意していただけます。醤油などの調味料もあります。テーブルを拭くタオルも完備。おしぼりは自動販売機で売っています。飲料も自動販売機で購入。アルコール類は、ビールがあるのは確認できました。

 

豪快で美味しい、人気の企画です。施設内にある自由飲食スペースの多くは、長いテーブルに、長い椅子。車椅子で利用する場合、長い椅子をずらしてテーブル前に車椅子が入るスペースを作る必要があります。

施設中央部の“いけす”に面した自由飲食スペースが、車椅子利用なら最も利用しやすい椅子です。

好みの魚屋さんを選ぶか、車椅子で利用しやすい場所を優先して選ぶか。もっとも、どの飲食スペースを利用してもよいので、食べる場所と買う魚屋さんが離れていても、自分たちで運ぶことが出来れば問題はありません。

 

テーブルや椅子の設備の問題よりも、車椅子の敵は混雑でしょう。今回はピークアウトした時間帯に行ったので、楽勝。車椅子の場合、ピークズラシを心掛けた方が快適に利用できると思われます。

 

豊富な魚介類が並びますが、舞鶴の王様は「サバ」。どの魚屋さんも、「焼きサバ」がメインの食材として押し出されています。

「焼きサバ」のように、すでに一度焼いてある食材は、軽く焼き直すだけ。したがって待つほどのこともなく、すぐに熱々を買うことができます。

一番時間がかかるのは何、と変な質問を魚屋さんにしたところ、大きな貝類ということ。それでも「15分待ってもらえれば、なんでも用意できます」と言っていました。「とれとれセンター」には、時間に余裕をもって出かけましょう。

道の駅舞鶴港とれとれセンター

道の駅登録となったのが2002年。海鮮市場はそれ以前から営業しているらしいです。したがって新しい施設ではありませんが、とてもバリアフリー。2000年モノの施設としては、十分なバリアフリーレベルです。

 

今回訪問時は、海外からのお客様は少数でしたが、免税カウンターを設置し、案内表示は多言語対応と、インターナショナルな施設です。

 

やはり車椅子の敵は混雑だけでしょう。ぜひとも、空いている時を狙って車椅子でお出かけをしたい、人気施設です。