しもだて美術館「切り絵アート展」(茨城県筑西市2018/09)

~至高の切り絵アートを車椅子でゆっくりと鑑賞できます、11人の作家展~

 

○上質なバリアフリー美術館

「しもだて美術館」は、車椅子で利用しやすいバリアフリー美術館です。

アクセスは車が便利で、美術館利用者は無料になる地下駐車場があります。広くて使いやすい障害者用駐車区画は4台分を用意。雨の日も濡れずに利用できます。

しもだて美術館「切り絵アート展

企画展の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免。障害者用トイレは、美術館内も含めて複数あります。施設全域バリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

しもだて美術館「切り絵アート展

○コピーは「息を呑む繊細美」

「切り絵アート展」は、2018年9月29日から12月16日の開催。キャッチコピーは「息を呑む繊細美」です。まさに息を呑みました。11人の切り絵作家110点の作品展示会です。

しもだて美術館「切り絵アート展

○車椅子からとても見やすい展示

展示方法は、壁面に作品が並ぶシンプルなスタイル。高さや作品間の間隔など、車椅子から見やすい展示です。繊細な作品だけに、作品に顔を近づけて鑑賞することも許されます。その場合は車椅子からだと、作品をやや下から見上げる高さです。

しもだて美術館「切り絵アート展

○すべて違う表現

手法は共通して「切り絵」ですが、目指す表現は作家によって全く違います。11人による違うアートを鑑賞する企画展です。

 

○一枚に2か月かかる作家も

展示方法は作家別。コーナーの最初に作家の紹介があり、10点前後の作品が展示されます。

小さなA4サイズの繊細な切り絵の製作に、2か月かかると紹介される作家も。繊細な美の製作には時間がかかります。

しもだて美術館「切り絵アート展

○コレクション展も同時開催

企画展と同時に「秋冬期所蔵品展」を開催。最後の1室がコレクション展です。下館にゆかりのある作家の作品がコレクションの中心で、見る価値があります。ここも車椅子での鑑賞に大きな問題はありません。

しもだて美術館「切り絵アート展

上質なバリアフリー美術館で開催される、「息を呑む」企画展。「切り絵アート展」は、車椅子で快適に鑑賞できます。

桶川歴史民俗資料館(埼玉県桶川市2018/08)

~国指定重要文化財の展示があります、工夫された展示構成の無料資料館~

 

○コンパクトでバリアフリー

桶川市の遺跡とその出土品、名産品、宿場町としての歴史などが、解りやすく展示されています。「桶川歴史民俗資料館」はワンフロアでコンパクトな構造ですが、展示内容は充実し、清潔感があります。施設全般バリアフリー。車椅子で見学しやすい展示です。

桶川歴史民俗資料館

○立派な公共施設

桶川歴史民俗資料館は「川田谷生涯学習センター」の中に入る無料施設。他に公民館と図書館の機能がある公共施設です。センターはとても立派な建物。館内はバリアフリーで、障害者用トイレがあります。センター1Fのほぼ半分を使った資料館です。

桶川歴史民俗資料館

○広い無料駐車場あり

アクセスは車が便利。広い無料駐車場があり、障害者用駐車区画が用意されています。障害者用駐車区画がある方面からアクセスすると、段差なくエントランスへ。施設正面は自動ドア。車椅子での利用に大きな問題はありません。

桶川歴史民俗資料館

○縄文古墳の出土品

縄文時代の後谷遺跡からは、漆工芸品を含む様々な出土品が。熊野神社古墳は古墳時代前期の遺跡。桶川市の二つの大きな遺跡が、展示前半の中心です。国指定重文の出土品が展示されています。

桶川歴史民俗資料館桶川歴史民俗資料館

○中山道の宿場町

桶川は江戸時代、中山道の宿場町として栄えました。展示後半には、その様子を再現したジオラマあり目を引きます。桶川は想像以上に大きな宿場町でした。

桶川歴史民俗資料館

○特産の紅花を解説

現在で桶川の特産品である紅花。その起源は宿場町の時代に遡るそうです。紅花に関わる展示解説も充実しています。

桶川歴史民俗資料館

○戦時の桶川

そして戦争の時代の桶川の展示へ。当時の生活を伝える現物資料の展示があります。また不定期ですが、企画展が開催されることもあります。

桶川歴史民俗資料館

自治体が主管する民博としては、展示のセンスがよく、また清潔感があるのが好ましい。そして車椅子で見学しやすい施設です。お近くにおいでの際は、車椅子でお立ち寄りください。

上尾市自然学習館(埼玉県上尾市2018/08)

~天文台が併設されています、自然公園内のバリアフリーな学習拠点~

○広大な上尾丸山公園

約15haの広さがある「上尾丸山公園」内に生息する動植物の生態などを学ぶ学習拠点が「上尾市自然学習館」です。公園は昭和53年に開園。2.4haの大きな池がある、水と緑豊かな自然公園です。自然学習館は丸山公園の北口駐車場近くにあります。

上尾市自然学習館

○想像以上にバリアフリー

アクセスは車が便利。上尾丸山公園の北口駐車場を目指します。北口駐車場には2台分障害者用駐車区画があります。この場所が自然学習館に最寄りの位置。障害者用駐車区画は屋根無しのシンプルな区画ですが、広さは十分に確保。この駐車場から公園へは、段差が完全に解消されたルートを通り、そのまま自然学習館へ。昭和53年の公園ですが、バリアフリー改修は進んでいます。

上尾市自然学習館

○池の魚がお出迎え

自然学習館のエントランスはスロープ対応あり。出入口は自動ドア。車椅子での入館に大きな問題はありません。入館は無料です。

館内で最初に出会うのは、丸山公園の池に生息する魚の水槽。そして横のビジョンでは、丸山公園の自然を紹介する映像が放映されています。

上尾市自然学習館

その奥が展示室で、丸山公園の植物生態をモデル化した展示。その先には鳥類の展示があります。一部には階段を下がって木の根を観察する展示もありますが、展示全体を車椅子で見学することは可能です。

上尾市自然学習館○観察室と展望テラス

展示室を抜けると、丸山公園を見る観察室と屋外の展望テラスが。また子供向けの工作室があります。

上尾市自然学習館

○障害者用トイレは2か所

自然学習館は傾斜地に建つ2フロア構造の施設です。北口駐車場からアクセスすると1Fに到着。その下に地階がありエレベーターで移動できます。地階は企画展示ロビーや多目的室のフロア。地下玄関から公園の低地部へ出ることができます。

障害者用トイレは1Fと地階にそれぞれ配置。広さは十分にありますが、ウォシュレットは付いていません。

上尾市自然学習館

○隣接地には天文台

隣接地に「天体観測棟」があります。小さな天文台です。毎週土曜日の夜に、無料の天体観測会が開催されるということ。実際に利用したことがないのですが、スライディングルーフ観測室は車椅子で利用でき、そこにある屈折望遠鏡は車椅子で観測できる、と紹介されています。また土日祝日の午後には、太陽を観察する無料プログラムがあります。もちろん天候不良の日は観測出来ません。

上尾市自然学習館

○自然学習館はエコ施設

自然学習館は太陽光パネルによる発電、雨水のトイレ利用など、エコ設備で運営。その仕組みの勉強もできます。

 

全体の雰囲気は古い印象ですが、実はバリアフリー。天文台も含めて、上尾市自然学習館を車椅子でご利用ください。