道の駅やいた(栃木県矢板市2019/02)

~木材を使用した屋根付き駐車場が4台分ある、エコロジーな道の駅~

 

○立派な障害者用駐車区画

2011年に開業した「道の駅やいた」は、贅沢な障害者用駐車区画が用意されています。大きくて立派な木材を使用した屋根付きの駐車区画が、2台分2か所で計4台分。はっきりとは分かりませんが、地元名産の「たかはら材」などが使用されているのでないでしょうか。

独立トイレ棟の前にある2台分駐車スペースは、トイレ棟まで屋根続きなので、雨の日でも全く濡れずに車椅子でトイレを利用できます。

施設棟よりの2台分スペースは、施設まで屋根続きではありません。

道の駅やいた

○トイレは2か所

トイレは独立棟と施設棟内の2か所。どちらにも障害者用が一つ用意されています。

道の駅やいた

 

○施設棟は1段高い

施設棟は一棟方式で、産直ショップと食事処が入ります。構造は一段高い高所式で、車椅子ではスロープを利用します。

道の駅やいた

○産直ショップはワイド通路

産直ショップは「旬鮮やいた」。店内はフラットで通路幅は余裕があるので、車椅子で利用しやすいショップです。新鮮野菜やリンゴが名産です。

道の駅やいた

○食事処もフラット構造

食事処は「農村レストランつつじ亭」。地元のおふくろの味を提供します。店内はフラットで可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。

道の駅やいた

○エコモデルハウスあり

施設敷地内にエコハウスがあります。地元産の「たかはら材」などを使用した木造住宅で、環境を活かし、自然で再生可能なエネルギーを利用します。内部見学ができますが、入口に段差があり内部は土足禁止です。

エコモデルハウスがある道の駅は、全国でここだけという案内です。

道の駅やいた

 

「道の駅やいた」はコンパクトな車椅子で利用しやすい施設です。そして障害者用駐車区画の屋根は、とても立派な建造物です。

道の駅ましこ(栃木県益子町2019/02)

~食と器の展示、移住の相談窓口があります、益子の魅力を発信する上質な空間~

 

○合計7台の障害者駐車区画

2016年に誕生した「道の駅ましこ」は、施設全体段差の無い構造です。

障害者駐車区画は屋根無しで2か所に合計7台分を用意。

障害者用トイレは屋外から利用するトイレに一つ。そして屋内トイレにも一つ。屋内トイレの障害者用個室はスペースが狭く、車椅子が一台入るといっぱいのサイズで、介助者と利用するのは難しいトイレ。足が悪く杖を使うレベルの人なら、使いやすいサイズのトイレです。

道の駅ましこ

○総合案内では不動産情報も

総合案内は「ましこのコンシェルジェ」。観光案内、シーズン中は「イチゴ狩り」の受付、レンタサイクルの手配などを行います。また「移住・定住サポート」も担当。住居の不動産情報の掲示があります。フラットな空間なので、車椅子での総合案内の利用は可能です。

道の駅ましこ

○企画展示が楽しい

館内にはゆったりしたスペースに「益子の手仕事」を紹介する企画展示コーナーがあります。2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

道の駅ましこ

また館内には「作家棚」があり、益子焼の作家150人のカップが展示されています。

道の駅ましこ

いずれもフラットでスペースにゆとりがあるので、車椅子からの鑑賞は可能です。

 

○レストランはバリアフリー

益子の食材を活かし、益子焼の器を使用する食事処は「おもてなしカフェレストランましこのごはん」。店内はフラット、可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。フラットなテラス席もあります。

ランチメニューでは、ごはん、お味噌汁、お茶はセルフサービスです。

道の駅ましこ

○ショップは「ましこのマルシェ」

ショップの品揃えは多種多彩。工芸品から加工品、お菓子、農産物と、地元の産品が並びます。ジャムやドレッシング、プリンなど、オリジナル企画商品も積極的に開発。通路幅に余裕があるので、多少の混雑程度なら車椅子で買い物ができます。

道の駅ましこ

○建物を楽しむ

建築物としても見る価値があります。木と土と煉瓦。栃木、益子の魅力を表現した建築デザインです。什器やゴミ箱なども注目です。

道の駅ましこ

 

「道の駅ましこ」は、上質で上品な益子の魅力を発信するバリアフリー施設です。トイレを介助者と利用する車椅子利用者は、屋外から利用するトイレの利用をお薦めします。

県立相模湖公園(神奈川県相模原市2019/01)

~1958年の開園ですが、段差回避スロープがあり園内を車椅子で移動できます~

 

○歴史ある湖畔の公園

相模湖ダムが完成したのが1947年。「県立相模湖公園」が開園したのが1958年。1964年の東京オリンピックではカヌー競技の会場になりました。

県立相模湖公園

全体的に古い施設ですが、バリアフリーに改修されているので、車椅子で利用出来る公園です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

県立相模湖公園

○駐車料金は障害者減免制度あり

アクセスは車が便利。普通車138台収容の駐車場があります。平日は無料。土日祝日や繁忙期は有料になりますが、障害者手帳の提示で1時間無料になる障害者減免制度があります。出庫時に有人窓口での精算なので、駐車券と障害者手帳を提示して下さい。

普通車駐車場は「噴水広場」の下の屋内駐車場で、スペースに余裕のある障害者用駐車区画が4台分用意されています。

県立相模湖公園

○広場はフラット構造

駐車場の出入口は2か所あり、それぞれ「艇の広場」方面と「にぎわいの広場」方面へ出ます。どちらの出口も障害者用駐車区画からは近く、舗装路をほぼフラットに移動して広場に出ることが出来ます。

県立相模湖公園

○護岸へのスロープ

両広場の中央部に「水辺の広場」があり、その下部に「親水護岸」があります。護岸は一段低い場所ですが、両側にスロープがあるので車椅子で移動可能です。ただしスロープの路面は、滑り止め防止のデコボコがあり、少々車椅子に衝撃がきます。

県立相模湖公園

県立相模湖公園

県立相模湖公園

○噴水広場へのスロープ

駐車場の屋上部が「噴水広場」で「ガラスのカスケード」があります。「発電機モニュメント」側からは階段ですが、「艇の広場」から「芝生広場」へ上がるつづら折りスロープがあります。傾斜角度は適正で、一般的な車椅子利用者なら上がることが出来るスロープです。

県立相模湖公園

「芝生広場」はその名の通り未舗装面ですが、舗装路だけを通り「噴水広場」に行くことができ、「ガラスのカスケード」や階段上の「発電機モニュメント」に近づくことができます。

県立相模湖公園

○一部の遊覧船は車椅子可

確認できた限り「遊覧船くじら丸」は車椅子乗船可で、料金の障害者減免(50%)制度があります。ただし、湖面の水位が低い時は、船へのスロープはそれなりの傾斜角度があります。

県立相模湖公園

○障害者用トイレは2か所

園内には2か所公衆トイレがあり、どちらにも障害者用が用意されています。

県立相模湖公園

 

「県立相模湖公園」は古い公園ですが、公園全域を車椅子で利用することができます。ただし行楽シーズンの週末、イベント開催日などは混みあうので注意して下さい。