栃木蔵の街(栃木県栃木市2017/01)

~車椅子で観光出来る施設もあります、新名所として売出し中の栃木の古い街並み~

 

江戸時代から明治期に建てられた古い建物が残る街、栃木。近年「蔵の街」として売出し中です。

蔵の街

同じイメージで大成功した埼玉県の川越に比べると、まだまだ小規模な「蔵の街」。バリアな建物もありますが、車椅子でも楽しめる観光施設もあります。

0

観光エリアが狭く、川越のような混雑もないので、今のところ車椅子でも廻りやすい観光地です。

 

観光地としては「蔵の街大通り」沿道と、「重要伝統的建物群保存地区」に分かれます。

 

いずれも江戸時代に発達した「例幣使街道」の一部。

「例幣使街道」とは、朝廷からの日光東照宮への勅使「例幣使」が通った街道のこと。北関東には幾つも、当時の繁栄を今に伝える「例幣使街道」スポットがあります。

ここ栃木もその一つ。蔵が建つほど、人と物資が集まった街です。海運を支えたのは栃木をながれる「巴波川(うずまがわ)」。この川の流れも観光ポイントの一つです。

 

アクセスは車が便利。観光駐車場として有料の「蔵の街第一駐車場」があります。 障害者用駐車スペースが2台分あり。「とちぎ山車会館」や「とちぎ蔵の街美術館」を利用すると、駐車料金が無料に減免されます。

 

車椅子利用者にお薦めなのは、市役所新庁舎裏の無料駐車場。1Fに東武百貨店が入店している庁舎で、今どきのブルーゾーンの障害者用駐車区画があります。

また施設内には障害者用トイレも完備。

車椅子目線では、観光駐車場よりも使い勝手が良い駐車場です。

 

さて、「蔵の街大通り」沿道の主な観光施設のバリアフリー状況です。

蔵の街

まちの駅「コエド市場」はバリアフリー。店舗内には障害者用トイレが用意されています。またフリー飲食ゾーンも車椅子で利用可です。

蔵の街

「蔵の街観光館」も車椅子での利用可。

 

「とちぎ山車会館」は、2フロア構成ですがエレベーター完備で車椅子利用可。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

 

ただし、メイン展示の山車の前の観客席には、車椅子スペースの用意はありません。ベンチシートの横から車椅子で、山車紹介ショーをご覧ください。

蔵の街

隣接する「とちぎ蔵の街美術館」は、少々バリア。

「山本有三ふるさと記念館」は、完全バリアで車椅子では歯が立ちません。

いずれも障害者手帳の提示で入館料は無料になりますが、ご自身の障害に応じて無理をせずにご利用ください。

蔵の街

ちなみに「山本有三ふるさと記念館」のスタッフの話によると、記念館の建物は山本有三の生家ではなく、生家もきっとこんな家だったろう、という古い家なのだそうです。古い家をそのまま保存しているので、バリアフリーではなくてすみません、ということでした。

 

「重要伝統的建物群保存地区」は、立ち入ることが出来る観光施設は「岡田記念館」だけ。550年以上続く旧家の屋敷で、もちろんバリアフリーではなく、車椅子では行けるとこまで、という状況です。

基本的には古い街道筋を、ぶらぶらとお散歩を楽しむ「重要伝統的建物群保存地区」です。車椅子でのお散歩は可能です。

 

この他に、古い蔵や家をそのまま利用した商店、飲食店が数軒あります。車椅子で店中に入ることが出来るお店も幾つかありますが、古い蔵や家ですから、基本はバリアフリーではありません。無理のない範囲で車椅子観光をお楽しみ下さい。

 

川越のような、数多くのレトロ商店が立ち並ぶイメージではありません。買い食い、歩き食べが楽しめるショップも、数えるほど。「蔵の街大通り」沿道では、数か所ですが、再開発工事が行われています。新しく普通の建物が建つのでしょうか。

 

車椅子観光のお薦めコースは、市役所新庁舎裏の駐車場に停め、庁舎でトイレを借りる。

「重要伝統的建物群保存地区」と「蔵の街大通り」沿道を無理のない範囲でブラブラして、「とちぎ山車会館」には立ち寄る。

最後に市役所新庁舎内の東武百貨店で、お土産を見る。こんなコースです。

 

いつの日か、川越のようにブレークして観光客があふれるかもしれません。空いている今のうちに車椅子で出かけましょう。

下利根宝船公園・直売所しもふさ(千葉県成田市2017/04)

~成田こいのぼりイベント会場にもなった、利根川沿いの巨大宝船公園と産直ショップ~

 

・川を渡れば茨城県、旧下総町の地域活性化拠点

2006年に成田市と合併した旧下総町。茨城県との県境の町です。この町のアイデンティティーはなんといっても利根川。利根川をモチーフにして2011年に開園したのが「下利根宝船公園」。その隣接地に2013年開業したのが産直ショップ「直売所しもふさ」です。隣接しているのですが、段差があり車椅子での行き来はやっかいな構造。どちらに行くのか、狙いを決めて駐車場を選ぶ必要があります。

 

・千葉から太平洋に流れる利根川をシュールにイメージした公園

「下利根宝船公園」内の舗装通路は妙に曲がっています。これは利根川のイメージ。途中に敷石があり、そこには国道16号の標記。公園の中央部の芝生広場が成田市のイメージ。そこにはシュールな下総七福神が鎮座。その横に展望台である巨大宝船。印旛沼の位置にはジャブジャブ噴水コーナー。そして公園の端には太平洋という標示板。このように、千葉の地理、下総の文化を知り尽くさないと、ついていけない公園です。類のない発想による地域活性化拠点ではないでしょうか。

下利根宝船公園・直売所しもふさ

・直売所の通路は狭くトイレはB

「直売所しもふさ」は、やや変わった置物系オブジェがある以外は、ごく普通。残念ながら2013年の開業施設にしては、バリアフリー水準は後進的。店舗絶対面積が狭いことが原因ですが、通路が狭く車椅子での店内回遊は苦戦します。

食事処お蕎麦屋さんが併設されていますが、こちらも車椅子目線では、やや狭苦しい。障害者用トイレもB級。全体的に20世紀レベルのバリアフリー水準です。

障害者用駐車区画は、屋根無しで2台分を用意。横幅は確保された駐車区画です。

一方、品揃えは充実、価格も納得。ハードは悪いがソフトは良い「直売所しもふさ」です。

 

・隣接施設ですが車椅子での行き来は困難

なぜこんなことになったのか理解が出来ないのですが、隣接している両施設は段差があり、車椅子では行き来ができません。そんなはずはないだろう、と探索した結果、「直売所しもふさ」の奥からいったん道路に出て、再度「下利根宝船公園」に入るルートなら、10mほど芝生のオフロードを通りますが決定的な段差は回避できます。それにしても不便。隣接地ですが、車椅子利用者は車を移動させてそれぞれ立ち寄るほうが、簡単です。

 

・菜の花、こいのぼり、ひまわり、快適なドライブが楽しめます

新鮮で安い農産物、シュールな宝船公園、そして現在のところ春から夏にかけては、お花やこいのぼりイベントが楽しめるスポットです。このあたりまで来ると、道路は全くの渋滞知らず。雄大な利根川の流れに沿って、快適な県境ドライブが楽しめます。特に「下利根宝船公園」は一見の価値あり。立ち寄りをお薦めします。

 

ぜひ千葉の地理・文化を事前勉強して、お出かけ下さい。

印旛沼漁協直営レストラン 水産センター(千葉県成田市2017/04)

~ラフなスロープで車椅子入店可能、安くて旨い鰻が自慢の漁協直営店~

 

・鯉こく、鯰の天ぷら、ドジョウのから揚げ、そして鰻

沼の水産物がいただける食事処です。ランチ営業。休日のお昼に伺いましたが、ちょうど満席と人気。店内はテーブル席と小間上がりの座敷がほぼ半々。店内入口は段差構造ですが、ラフなスロープで車椅子入店可能。トイレは、障害者用はなく古い洋式タイプ。メニューは、鯉、鯰、ドジョウ、川エビ、そして鰻。安い旨いが自慢の人気店です。

 

・重度障害の車椅子利用者さんがご来店

店内滞在中、重度身体障害の車椅子利用者さんを連れたご家族が来店されました。先発1名がテーブル席を利用できることを確認し、車にOK合図を発信。店舗スタッフに椅子一脚外すことを依頼。別の家族が車椅子を押してラフなスロープをクリアして来店です。地元の人でリピーターの模様。とても古い建物で、バリアフリー店舗とはいえませんが、このような顧客もついている直営レストランです。

印旛沼漁協直営レストラン 水産センター

・鰻は天然ものではありません

鰻は印旛沼でとれた天然ものではなく、この地でシラスから育てられた由緒正しい養殖ものです。印旛沼の漁業は衰退の一途をたどっているそうですが、それでも漁協の登録者は200名以上いるということ。ただし漁業専従者はほとんどいなくなり、この鰻の養殖事業者さんくらいだそうです。

鯉、鯰、ドジョウ、川エビなどは、印旛沼で捕れた天然もの。店内には、イイ匂いが漂います。

安い旨いは自慢ですが、早くはありません。一般的なうなぎ屋さんと同じように、時間はある程度かかかります。待つのが苦手な障害者は、ピークズラシの利用を心掛けましょう。

 

・鰻の骨、生きた川カニなどを店内販売

お土産もあります。店内入口近くのショーケースには、鰻の骨揚げ、鰻の煮込み、季節ものの生きた川カニまでもが販売。お土産品を買いに来ただけのお客さんも、一人だけですが見かけました。こんな大きな生きた川カニはみたことがなく、調理方法が解りません。説明もなく売られているので、印旛沼の地元では一般的な食材のようです。

 

・店の存在が貴重、お料理が希少

確かに一般的なお値段よりも鰻が安い。鯰の天丼など、珍しいお料理メニューが多彩。そもそも、沼の漁協の直営レストランなど他にあるのでしょうか。

 

 

駐車場は広々しているので、車椅子での乗降は容易なはず。ランチのピークを少しずらせば、店内の利用も楽でしょう。

重度障害の方も、家族の協力で来店出来ました。

興味のある方、トイレは別の施設で借りてから、沼の漁協レストランに車椅子で挑戦して下さい。