真壁伝承館(茨城県真壁町2018/09)

~真壁陣屋の跡地に建つ、グッドデザイン賞を受賞した施設~

○複合公共施設

2011年に開館した茨城県桜川市の公共施設です。公民館、図書館、資料館の機能に加え、300人収容の「まかべホール」や音楽スタジオなどがある複合施設。中核施設である「真壁伝承館歴史資料館」は入館無料です。

真壁伝承館

○真壁陣屋跡地

この地は江戸時代の行政地「真壁陣屋」の跡地。池や堀の跡が見つかり、多数の遺物が出土しました。

そういう目で見ないと分かりませんが、池や堀、水路などの跡を、建物や敷地の舗装で表現しています。そして遺物は歴史資料館で展示されています。

 

○グッドデザイン賞を受賞

とても凝った設計の素敵な施設で、2012年度グッドデザイン賞を受賞しました。建築物として見学する価値があります。

真壁伝承館

○バリアフリーに問題なし

2011年の施設ですから、バリアフリー面での問題はありません。障害者用トイレは複数箇所用意されています。駐車場には障害者用駐車スペースの用意あり。施設全域、基本的には段差のない構造です。

真壁伝承館

○歴史資料館はコンパクト

「真壁伝承館歴史資料館」には、2つの常設展示室と1つの企画展示室があります。館内には障害者用を兼ねた「誰でもトイレ」を一つ配置。一般トイレはありません。

常設展示室1では真壁の歴史を紹介。常設展示室2では、江戸時代の真壁陣屋を展示解説します。

真壁伝承館

○真壁は伝統的建物保存地区

真壁町は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。真壁伝承館は、その町並みに配慮された設計の公共施設で、町歩きの拠点にも利用できます。

 

建物自体のデザインが楽しめ、無料の歴史館があり、町歩きの拠点にもなるバリアフリー施設です。真壁伝承館は、車椅子で安心して利用できます。

きらいち結城店(茨城県結城市2018/09)

~スペースにゆとりがあります、車椅子で利用しやすいJA系産直ショップ~

○広いことは良いこと

正式名称は「JA北つくば ファーマーズマーケット きらいち結城店」。JA系の産直ショップです。2009年に規模拡張リニューアルを実施、全体的にスペースの余裕があります。駐車場から店内までは、段差のないフラット構造。車椅子で利用しやすい施設です。

きらいち結城店

○駐車場は150台収容

アクセスは車が便利。農協系の他の施設もある敷地は広く、駐車場は公称150台。屋根無しですが、障害者用駐車区画の用意もあります。車椅子で使いやすい駐車場です。

きらいち結城店

○余裕の店内通路

店内はワンフロアのシンプルな構造。大きな四角い空間に、ワゴン什器が配置されています。何の変哲もない売り場ですが、通路幅に余裕があるのがポイントです。通路に他のお客さんがいても、車椅子で快適にお買い物ができます。

 

○障害者用トイレも広い

トイレは店舗外側から利用するタイプ。正面からみて建物の右手にあり、障害者用トイレが用意されています。

個室内のスペースは広く、設備更新されて綺麗なトイレです。外から見る印象よりも、使いやすいトイレです。

きらいち結城店

○正面の看板が大きい

今きらきらネーム系産直ショップは数多くありますが、ここは店舗正面にある店名看板がとても大きい。インパクトのある看板です。

きらいち結城店

車椅子でのお買い物に大きな問題はありません。「きらいち結城店」は、スペースにゆとりがある、バリアフリーな産直ショップです。

つむぎの館(茨城県結城市2018/09)

~ショップは車椅子で利用できます、結城紬の小さなミュージアム~

○コンパクトなミュージアム

結城紬の地元問屋さんが、100周年事業で開設したミュージアムです。施設への入場は無料。資料館は有料。染織体験も有料です。

9つの建屋からなる施設ですが、想像するよりもコンパクト。古き良き時代の結城をオマージュした、古民家風ミュージアムです。

つむぎの館

○無料駐車場あり

結城駅より徒歩10分ですが、アクセスは車が便利です。「つむぎの館」入口の、道の反対側に無料駐車場があります。収容台数は20台ほどです。

この駐車場は荒い砂利路面です。石粒の路面と表現したほうが正確かもしれません。障害者用駐車区画の設定はありません。車椅子では通行に苦戦する路面なので、なるべく施設よりの駐車区画に停めることをお薦めします。

つむぎの館

○資料館は車椅子入館可

小さな有料の資料館があります。スロープ仕様のアプローチを通り入口へ。無人の資料館で、入口に入館料を入れる箱が置いてあります。障害者減免についての案内はないので、おそらく減免措置はないと思われます。

1Fの入口は手動ドア。2F構造で階段のみ。車椅子では1Fだけの見学になります。結城紬の歴史を伝える日本で唯一の資料館、ということです。1Fは結城紬の関連資料や道具などの展示。2Fは時代による結城紬の変遷を現物展示しています。

つむぎの館

○ショップは「結の見世」

正面入口左手に、総合案内所を兼ねる結城紬のショップ「結の見世」があります。車椅子では、店舗正面の出入口よりも、奥側の出入口からの利用がよりバリアフリーです。どちらのドアも手動ドアです。

ここにしかない結城紬のオリジナル商品があります。純国産の手工芸品ですから、お値段はそれなりです。

つむぎの館

○古民家陳列館は段差構造

結城紬を200点以上展示している、無料で鑑賞できる「古民家陳列館」があります。総合受付に申し込み、見学をします。

150年前の古民家を移築して陳列館にしたということ。出入口は段差があり、内部は畳敷きなので、車椅子での内部見学は難しい施設です。

つむぎの館

○障害者用トイレあり

敷地内にはトイレ棟があり、障害者用トイレが用意されています。見た目はやや古く、現時点ではトイレ設備は更新されてなく、ウォシュレットは付いていません。

つむぎの館

この他に土蔵や離れがあり、外部からだけですが自由に見学出来ます。車椅子で利用出来る範囲は限定されますが、結城紬に関心のある方はお出かけください。