横須賀美術館「野口久光」展(神奈川県横須賀市2019/03)

~上質な展示空間で開催されるグラフィックデザイナーの企画展~

 

○映画とジャスを愛したデザイナー

「映画とジャスを愛した男 野口久光 シネマ・グラフィックス」は、横須賀美術館1Fの企画展示室で、2019年2月9日から3月31日の開催。観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

野口久光氏は1930年代から映画のポスター製作などで活躍したグラフィックデザイナー、2019年は生誕110周年にあたります。

横須賀美術館「野口久光

○会場のバリアフリー状況

観音崎公園の一角に建つ横須賀美術館はバリアフリー施設です。地下駐車場があり、障害者は駐車料金が無料に減免されます。障害者用駐車区画はB2駐車場に用意されます。

館内の上下階移動はエレベーター。フロア内はフラット構造。車椅子での移動に大きな問題はありません。障害者用トイレは各フロアにあります。

横須賀美術館「野口久光

「野口久光」展は企画展示室3つを使用した展示。いずれの展示室もフラット構造で車椅子からの鑑賞に大きな問題はありません。

横須賀美術館「野口久光

○戦前の作品から

展示は概ね製作年代順に展開されます。第一展示室は「映画ポスター・デザイナーとして」。1930年から1940年頃までの映画ポスター作品が展示されます。

横文字は右から左に標記。今に知られる作品はさすがに少ない印象です。

横須賀美術館「野口久光

○映画全盛期の作品

第二展示室は「映画黄金時代のなかで」。1947年以後の作品展示です。チャップリン、フランクシナトラ、「禁じられた遊び」など、有名映画のポスターが並びます。

オードリー・ヘップバーン他、スターをデッサンした作品も多数展示されます。

横須賀美術館「野口久光

横須賀美術館「野口久光

○ジャスと野口

第三展示室は「野口久光とジャス」。展示はサッチモとの2ショット写真から。野口氏が手掛けたレコードジャケットやアーティストのスケッチ、コンサートのポスターなどが展示されます。

SPレコード、LPレコード。野口氏が撮影したアーティストのフォトグラフの展示もあります。

横須賀美術館「野口久光

○同時期のコレクション展

「野口久光」展と同時に開催されるコレクション展は「三木弘」展。B1の常設展示室の一つを使った展示です。

サブタイトルは「知られざる詩情の画家」。最晩年の1960年代に製作された20点の作品が展示されます。

横須賀美術館「野口久光

 

横須賀美術館の企画展は、年間6本程度。コレクション展は年に4回展示替えを行います。「谷内六郎館」も含めて、いずれも車椅子での鑑賞が可能なバリアフリー展示です。

相模川ふれあい科学館(神奈川県相模原市2019/01)

~工夫された展示と企画が楽しい、相模川が再現されたコンパクトな科学水族館~

 

○家族連れに大人気

「相模川ふれあい科学館」は、相模川の自然を科学的に展示解説する施設。通称は「アクアリウムさがみはら」。相模川沿いの水郷田名にあります。

小さな子供から楽しめる施設で、週末は家族連れで賑わいます。施設はバリアフリー設計。車椅子で利用できます。

相模川ふれあい科学館

○無料駐車場あり

アクセスは車が便利。無料駐車場が第三まであり、障害者用駐車区画は第一駐車場に2台分用意されています。週末はよく満車になるので注意して下さい。

第一駐車場の障害者用駐車区画を利用出来れば、駐車場から科学館までフラットな舗装路で移動できます。

相模川ふれあい科学館

○障害者減免あり

エントランスを入るとすぐに入館券の販売機があります。「相模川ふれあい科学館」は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。受付スタッフに手帳を提示して入館手続きを行ってください。

相模川ふれあい科学館

○障害者トイレは一つ

トイレはエントランスの左側で、障害者用が一つ用意されています。週末は小さな子ども連れ、赤ちゃんがいる家族が多く来館するので、障害者用トイレは混むことを想定して行動してください。

相模川ふれあい科学館

○展示はほぼバリアフリー

コンパクトな科学館です。魚類の展示が目立つので、水族館といったほうが良いかもしれません。館内展示は車椅子から見学・観察が可能です。相模川を再現した「川ゾーン」はスロープ構造。車椅子で水槽を観察することが出来ます。

相模川ふれあい科学館

○水槽展示も車椅子から観察可

「生命ゾーン」を中心に、水槽での生物展示があります。このゾーンもフラットで通路幅は余裕があり、車椅子で観察可能です。

相模川ふれあい科学館

○定例イベント、特別企画あり

「おさかなのブランチ」「ふれあいワゴン」など、毎日開催される定例イベントがあります。また「特別企画展」室があり、その時々の企画展が開催されます。

相模川ふれあい科学館

 

「相模川ふれあい科学館」は、車椅子で利用できる施設です。人気があるので週末は混みあいます。駐車場が満車の場合が多いので注意して下さい。

相模原市立博物館(神奈川県相模原市2019/01)

~常設展は入館無料です、相模原の歴史と民俗を知る大規模でバリアフリーな博物館~

 

○障害者減免制度あり

「相模原市立博物館」は大規模でバリアフリーな博物館です。常設展は無料。プラネタリウムは有料で、有料企画展が開催されることもありますが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名は無料に減免されます。

 

相模原市立博物館

○駐車場の選び方

アクセスは車が便利。無料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画は、エントランスの横から駐車場入口付近にかけて10台分くらい用意されています。

エントランス横のエリアの駐車区画は、横幅の余裕があまりなく、滑り止め仕様のデコボコ路面です。駐車場入口付近の区画は幅広ですが、縦の長さにはあまり余裕がありません。

相模原市立博物館

○館内はバリアフリー

「相模原市立博物館」は1995年の開館。駐車場からエントランスへ向かう通路、およびエントランス周辺はフラットです。館内もバリアフリー。障害者用トイレの用意はあります。車椅子での利用に大きな問題はありません。

相模原市立博物館

相模原市立博物館

○常設展示は凝った内容

常設展の内容はいわゆる歴史民俗資料館です。相模原の大地の歴史、郷土の歴史、くらしの姿、人と自然のかかわり、地域の変遷と展示が流れます。

無料の常設展示としては、大規模で良く出来た凝った展示です。幼児でもそれなりに楽しめる工夫もあります。

相模原市立博物館

相模原市立博物館

相模原市立博物館

○宇宙関連展示あり

「相模原市立博物館」のお隣は、一般公開施設「宇宙科学探査交流棟」がある「JAXA相模原キャンパス」です。その縁で宇宙に関わる展示があります。博物館の売店では「宇宙食」が販売されています。

 

 

車椅子利用者にとって、乗降しやすい駐車区画を確保できれば「相模原市立博物館」は問題なく利用できます。