しもだて美術館「切り絵アート展」(茨城県筑西市2018/09)

~至高の切り絵アートを車椅子でゆっくりと鑑賞できます、11人の作家展~

 

○上質なバリアフリー美術館

「しもだて美術館」は、車椅子で利用しやすいバリアフリー美術館です。

アクセスは車が便利で、美術館利用者は無料になる地下駐車場があります。広くて使いやすい障害者用駐車区画は4台分を用意。雨の日も濡れずに利用できます。

しもだて美術館「切り絵アート展

企画展の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免。障害者用トイレは、美術館内も含めて複数あります。施設全域バリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

しもだて美術館「切り絵アート展

○コピーは「息を呑む繊細美」

「切り絵アート展」は、2018年9月29日から12月16日の開催。キャッチコピーは「息を呑む繊細美」です。まさに息を呑みました。11人の切り絵作家110点の作品展示会です。

しもだて美術館「切り絵アート展

○車椅子からとても見やすい展示

展示方法は、壁面に作品が並ぶシンプルなスタイル。高さや作品間の間隔など、車椅子から見やすい展示です。繊細な作品だけに、作品に顔を近づけて鑑賞することも許されます。その場合は車椅子からだと、作品をやや下から見上げる高さです。

しもだて美術館「切り絵アート展

○すべて違う表現

手法は共通して「切り絵」ですが、目指す表現は作家によって全く違います。11人による違うアートを鑑賞する企画展です。

 

○一枚に2か月かかる作家も

展示方法は作家別。コーナーの最初に作家の紹介があり、10点前後の作品が展示されます。

小さなA4サイズの繊細な切り絵の製作に、2か月かかると紹介される作家も。繊細な美の製作には時間がかかります。

しもだて美術館「切り絵アート展

○コレクション展も同時開催

企画展と同時に「秋冬期所蔵品展」を開催。最後の1室がコレクション展です。下館にゆかりのある作家の作品がコレクションの中心で、見る価値があります。ここも車椅子での鑑賞に大きな問題はありません。

しもだて美術館「切り絵アート展

上質なバリアフリー美術館で開催される、「息を呑む」企画展。「切り絵アート展」は、車椅子で快適に鑑賞できます。

とちぎ花センター(栃木県岩船町2018/07)

~バリアフリーで障害者減免あり、車椅子で楽しめるフラワーセンター~

 

○キャラクターは「とちはなちゃん」

とちぎ花センターは車椅子で利用できる施設です。キャラクターは花の妖精「とちはなちゃん」。有料の温室は「とちはなちゃんドーム」。ショップは「とちはなちゃんのお花屋さん」。カフェは「とちはなちゃんのはなカフェ」です。バリアフリー状況を詳しくご紹介します。

とちぎ花センター

○専用駐車場あり

アクセスは車が便利。「みかも山公園」に隣接した施設なので、「みかも山公園」の無料駐車場の利用可。「とちぎ花センター」専用の駐車場も別にあり、障害者用駐車区画の用意があります。移動距離は「とちぎ花センター」専用駐車場が近いのですが、裏側からの入場に。「みかも山公園」駐車場から来ると正面ゲートに出ます。どちらからでも車椅子でのアクセスに大きな問題はないので、お好きな駐車場をご利用ください。

とちぎ花センター

○施設構成

大温室の「とちはなちゃんドーム」だけは有料の施設。障害者手帳の提示で、本人と等級により介助者1名の入場料が無料に減免されます。

他には前出のショップ「とちはなちゃんのお花屋さん」と「とちはなちゃんのはなカフェ」。どちらも車椅子での利用は可能。障害者用トイレは「とちはなちゃんのはなカフェ」の棟にあります。

屋外施設は「大花壇」と「バラ園」。大花壇の横の通路は階段ですが、中央広場から花壇を眺めるのなら、車椅子からでも問題はありません。他に「展示温室」「体験温室」があります。

とちぎ花センター

○温室は国内最大級

メイン施設「とちはなちゃんドーム」をご紹介します。入口は自動ドア。すぐに受付があるので障害者手帳を提示して入館手続きをします。温室への出入口も自動ドア。ドーム内の通路はフラットで極端な傾斜はありません。「滝の裏」にまわる迂回ルートは段差があるので車椅子では不可。車椅子では滝の表側の正規ルートを通行してください。

一棟立ての温室としては国内最大級ということ。本当に珍しい植物が栽培されています。規模に加えて植栽の質も一級の温室です。

とちぎ花センター

○解説が詳しく、企画が楽しい

一般的な植物園の温室に比べて、植栽の解説が詳しいのが特徴です。面白い雑学的なネタも解説されています。花の開花時や実がなっている時の写真が展示されている植栽もあり、理解が深まります。

季節に合わせた企画展示も力が入ったもの。また珍しい植物の花や実を「試食」する企画を毎月開催しています。ぜひ参加したい試食会です。

とちぎ花センター

○温室は冷房なし

当たり前ですが「とちはなちゃんドーム」内は冷房がありません。今回訪問したのは7月。分かっていたことですが、やはり暑かった。その分とても空いていました。暑さを避けるか、混雑を避けるか。ご自身の障害に応じてご判断ください。

 

一般的な知名度はいま一つですが、車椅子で利用できるバリアフリー施設で、大規模で展示の質が高い温室は、障害者減免があります。安心して車椅子でお出かけください。

吉澤記念美術館(栃木県佐野市2018/07)

~親しみやすい視点がモットーです、小さいながらもバリアフリーな美術館~

 

○石灰の町、葛生の美術館

市町村合併により佐野市立になりましたが、元は葛生町立の美術館でした。江戸時代から続く葛生の旧家「吉澤家」が建設し、コレクションを寄贈した美術館です。近隣には「葛生化石館」「葛生伝承館」そして町の駅「葛の里壱番館」がある、石灰の町葛生の観光スポットにあります。

吉澤記念美術館

○駐車場には苦労せず

駅からも徒歩圏内ですが、アクセスは車が便利。前出の観光施設の全てに無料駐車場あり、障害者用駐車スペースの用意があります。「吉澤記念美術館」からもっとも距離がある「葛の里壱番館」の駐車場からでも、距離は100m程度。フラットな舗装路なので、車椅子での移動に大きな問題はありません。好きなところに車を停めて葛生散策が出来る、距離的には近い観光スポット群です。

「吉澤記念美術館」の専用駐車場は、美術館の裏側にあります。ここにも障害者用駐車スペースの用意があります。

 

○館内はバリアフリー

平屋構造の美術館です。エントランスから館内、そして展示室、すべてバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。

入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

障害者用トイレあり。広さは並みで、ウォシュレットは付いていません。

吉澤記念美術館

○親しみやすい展示解説

展示室は小規模です。構造的に3室に分かれていますが、さっとみるなら10分という規模感。ただし展示作品の解説は充実しています。「親しみやすい視点」を大切にしている美術館。確かに、展示作品を観て、その解説を読むと、そういう意図が伝わってきます。

吉澤記念美術館

○記念撮影ポイントあり

展示室内は撮影禁止。今回訪問時は、展示室外の2か所に「記念撮影ポイント」が用意されていました。これも「親しみやすい視点」の表れなのかもしれません。

吉澤記念美術館

○周辺にはフレスコ画を設置

「葛生化石館」や「葛生伝承館」など周辺施設には、フレスコ画がオープン展示されています。これも葛生の町興し企画の一つ。美術館だけではなく、周辺施設のフレスコ画もご覧ください。

吉澤記念美術館

美術館以外の施設は入場無料です。美術館の周囲一帯はバリアフリー。車椅子での移動は可能です。吉澤記念美術館へ、車椅子で安心してお出かけください。