栃木蔵の街(栃木県栃木市2017/01)

~車椅子で観光出来る施設もあります、新名所として売出し中の栃木の古い街並み~

 

江戸時代から明治期に建てられた古い建物が残る街、栃木。近年「蔵の街」として売出し中です。

蔵の街

同じイメージで大成功した埼玉県の川越に比べると、まだまだ小規模な「蔵の街」。バリアな建物もありますが、車椅子でも楽しめる観光施設もあります。

0

観光エリアが狭く、川越のような混雑もないので、今のところ車椅子でも廻りやすい観光地です。

 

観光地としては「蔵の街大通り」沿道と、「重要伝統的建物群保存地区」に分かれます。

 

いずれも江戸時代に発達した「例幣使街道」の一部。

「例幣使街道」とは、朝廷からの日光東照宮への勅使「例幣使」が通った街道のこと。北関東には幾つも、当時の繁栄を今に伝える「例幣使街道」スポットがあります。

ここ栃木もその一つ。蔵が建つほど、人と物資が集まった街です。海運を支えたのは栃木をながれる「巴波川(うずまがわ)」。この川の流れも観光ポイントの一つです。

 

アクセスは車が便利。観光駐車場として有料の「蔵の街第一駐車場」があります。 障害者用駐車スペースが2台分あり。「とちぎ山車会館」や「とちぎ蔵の街美術館」を利用すると、駐車料金が無料に減免されます。

 

車椅子利用者にお薦めなのは、市役所新庁舎裏の無料駐車場。1Fに東武百貨店が入店している庁舎で、今どきのブルーゾーンの障害者用駐車区画があります。

また施設内には障害者用トイレも完備。

車椅子目線では、観光駐車場よりも使い勝手が良い駐車場です。

 

さて、「蔵の街大通り」沿道の主な観光施設のバリアフリー状況です。

蔵の街

まちの駅「コエド市場」はバリアフリー。店舗内には障害者用トイレが用意されています。またフリー飲食ゾーンも車椅子で利用可です。

蔵の街

「蔵の街観光館」も車椅子での利用可。

 

「とちぎ山車会館」は、2フロア構成ですがエレベーター完備で車椅子利用可。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

 

ただし、メイン展示の山車の前の観客席には、車椅子スペースの用意はありません。ベンチシートの横から車椅子で、山車紹介ショーをご覧ください。

蔵の街

隣接する「とちぎ蔵の街美術館」は、少々バリア。

「山本有三ふるさと記念館」は、完全バリアで車椅子では歯が立ちません。

いずれも障害者手帳の提示で入館料は無料になりますが、ご自身の障害に応じて無理をせずにご利用ください。

蔵の街

ちなみに「山本有三ふるさと記念館」のスタッフの話によると、記念館の建物は山本有三の生家ではなく、生家もきっとこんな家だったろう、という古い家なのだそうです。古い家をそのまま保存しているので、バリアフリーではなくてすみません、ということでした。

 

「重要伝統的建物群保存地区」は、立ち入ることが出来る観光施設は「岡田記念館」だけ。550年以上続く旧家の屋敷で、もちろんバリアフリーではなく、車椅子では行けるとこまで、という状況です。

基本的には古い街道筋を、ぶらぶらとお散歩を楽しむ「重要伝統的建物群保存地区」です。車椅子でのお散歩は可能です。

 

この他に、古い蔵や家をそのまま利用した商店、飲食店が数軒あります。車椅子で店中に入ることが出来るお店も幾つかありますが、古い蔵や家ですから、基本はバリアフリーではありません。無理のない範囲で車椅子観光をお楽しみ下さい。

 

川越のような、数多くのレトロ商店が立ち並ぶイメージではありません。買い食い、歩き食べが楽しめるショップも、数えるほど。「蔵の街大通り」沿道では、数か所ですが、再開発工事が行われています。新しく普通の建物が建つのでしょうか。

 

車椅子観光のお薦めコースは、市役所新庁舎裏の駐車場に停め、庁舎でトイレを借りる。

「重要伝統的建物群保存地区」と「蔵の街大通り」沿道を無理のない範囲でブラブラして、「とちぎ山車会館」には立ち寄る。

最後に市役所新庁舎内の東武百貨店で、お土産を見る。こんなコースです。

 

いつの日か、川越のようにブレークして観光客があふれるかもしれません。空いている今のうちに車椅子で出かけましょう。

道の駅にのみや(栃木県真岡市2016/03)

~江戸時代は小田原藩の飛び地でした、旬の季節を迎えたイチゴが主役の道の駅~

 

街路照明にはイチゴがデザイン、「いちご展示温室」「いちごふれあい館」などがある、イチゴが主役の道の駅。これほど絞り込んだマーケティングの道の駅は稀です。

 

12月から4月が旬。そのなかでも2月から3月が旬のピーク。もっとも盛り上がるシーズンの「道の駅にのみや」は、産直ショップにイチゴが山積みです。

 

お客さんの買い方も豪快。複数箱買いが当たり前の状況です。観察していると、一箱1000円程度の箱入りイチゴが一番人気。イチゴとしては高級タイプ。厳選大粒の選りすぐった箱入りイチゴです。このクラスだと、デパ地下なら倍の2000円程度になりそう。もっともお買い得感のあるのが、これくらいの価格帯のイチゴです。

道の駅にのみや

小粒のイチゴなら、パック入りで250円くらいから。ただこのクラスだと、安売りスーパーと競合する感じで、わざわざ買いに来る必要はなさそう。高級感のある、贈答や手土産に使えるイチゴが、割安で購入できる。そんな“イチゴが主役”の道の駅です。

 

道の駅登録は、なんと1997年の初期型。ほぼ開業20年が経ちます。

おそらくはその間に、大規模なリニューアルはなし。現在の水準からみれば、バリアフリーレベルはB級。デコボコ段差構造の路面に、狭い店舗、古いトイレと、設備としては最近の道の駅と比較すると見劣りします。

それでも車椅子での利用はもちろん可能。特別な雨対策は無いので、天気が安定した日のご利用をお薦めします。

 

ここは真岡市の二宮町。かつて二宮尊徳が活躍した地で、この道の駅の物販ショップの店名は「尊徳物産館」、食事処は「金次郎食堂」。町には「二宮尊徳資料館」があります。

 

二宮尊徳は、役人としてこの地に36歳から52歳までの26年間を過ごしたということ。「勤労」「分度」「推譲」の「報徳の教え」は、この地で実践された行政手法ということです。

 

二宮尊徳といえば小田原の人。この地はかつて小田原藩の飛び地「下野国桜町領」で、この飛び地のエリア経済再生のために、小田原から役人として赴任し活躍しました。しかしここが小田原藩であったとは、意外です。

 

「いちご生産量日本一」というのが、真岡市のキャッチフレーズ。栃木といえば「とちおとめ」ですが、この道の駅の自慢は「プレミアムとちおとめ」。ワンランク上のイチゴで、「道の駅にのみや」限定販売品というフレコミ。

 

生の「プレミアムとちおとめ」は希少なまぼろしの品で売り切れ御免。スィーツ工房で販売される「ロールケーキ」や「シュークリーム」にも、「プレミアムとちおとめ」は使用されているそうです。イチゴに絞り込んだマーケティングは、どこまでも徹底しています。

 

実は以前、イチゴのない裏シーズンに、ここに来たことがあります。もちろん全館営業していますが、やはり気の抜けたビールのような雰囲気。産直ショップの半分以上がイチゴで埋まる表のシーズンが、この道の駅の旬。お薦めです。

 

できれば予算に余裕をもって、やや高めの高級品を狙ってください。そのほうがお買い得。わざわざ来た価値を感じられます。

 

旬の時期はまだ寒い日が多いはず。イチゴ好きの車椅子利用者は、雨の心配のない、天気の安定した日にお出かけください。

真岡久保記念観光文化交流館(栃木県真岡市2016/03)

~ただ今“愛称”募集中、一部は車椅子での観光ができない明治大正期の遺産~

 

2014年にオープンした新しい文化施設です。

 

旧久保邸を改装し開放した施設。入館はすべて無料。

記念館、美術館、物産館、イベントホール、レストランで構成される施設で、この中で「久保記念館」とイベントホール「観光まちづくりセンター」はバリアフリーではなく、車椅子での観光はできません。

トイレは独立棟を新設。綺麗な障害者用トイレが併設されています。

 

敷地内の駐車スペースはわずか5台分で、内障害者用駐車区画が一つ。近隣の「木綿会館」の駐車場の利用が薦められています。

 

今回休日の午後に訪問しましたが、その時の駐車場利用車は2台のみ。しばらく滞在して観察していると、随時車の出入りがありますが、最大で3台の駐車。一度も5台分が満車にはなりませんでした。

徒歩でのお客さんも若干はいますが、施設全体ガランとした状況です。

 

各施設の紹介です。

久保記念観光文化交流館

メインの「久保記念館」は、明治40年築。元は日本銀行真岡出張所であったそうです。入口からすぐに段差があり、靴を脱いであがります。

正面すぐは「観光案内所」で各種パンフレットなどが置かれています。久保邸で使用されていた応接セットがおこれた「観光サロン」、特産の木綿を飾った「真岡木綿展示室」、以上が1F。

2Fに階段で上ると、美術家久保貞次郎氏が残した書簡、原稿、写真などが飾られた「久保資料室」。残念ながら車椅子では全く利用できない施設です。車椅子から外観だけを鑑賞しましょう。

久保記念観光文化交流館

「美術品展示館」は大正12年築の米蔵。昭和32年に久保貞次郎氏がアトリエに改修。1Fだけの小さな美術館に改装され、バリアフリーに鑑賞できます。展示できる作品数は、絵画で20点くらいが限界でしょうか。それくらい小さな美術館です。

 

「観光物産館」はいわゆるお土産屋さん。小さなお店で通路もそれほど余裕はありませんが、空いていれば車椅子での利用に問題はありません。

今回訪問時は、他にお客さんはゼロ。店舗常駐スタッフに「いらっしゃいませ」と声をかけられると、何も買わずに帰るのが悪い気になる、そんな雰囲気のお土産屋さんです。

 

「観光まちづくりセンター」は明治12年築のなまこ壁の土蔵。残念ながら出入口が段差構造で車椅子での入館は無理。多目的フリースペースといった位置づけで、今回訪問時は何も使われていませんでした。真岡の各種観光振興団体の活動拠点だそうです。

 

レストランは「トラットリア ココロ」。今回は利用していませんが「フレンチをベースにしたイタリアン」のお店ということ。見る限り、車椅子での利用は可能と思われます。

 

この地区、開発当初は門前町。大正から昭和前期にかけては、料亭や芸者置屋があった華やかな一角であったそうです。

現存する華やかな時代の建造物は希少。過去の繁栄を映す建造物から、今の真岡の魅力を発信する施設、これが施設のコンセプトです。

 

これから観光を振興したい真岡市。もっと親しまれる人気施設にしたい、ということで2015年10月から2016年3月の間、施設の愛称を公募しています。

予定では、2016年4月に一次審査。同年4月から5月に住民投票。6月に結果発表。2016年6月には、新しい愛称が決まります。

 

話題になり、知名度が上がり、観光の起爆剤のなるといいですね。真岡観光振興関係者の皆さまの幸運を祈ります。