東京国立博物館「東寺」(東京都台東区2019/04)

~展示スペースに余裕があり観覧と移動が楽です、車椅子でみる曼荼羅の世界~

 

○会場のバリアフリー状況

トーハク特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」は、2019年3月26日から6月2日まで、平成館2Fで開催されます。

観覧料金は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

トーハクは身体障害者に限り、駐車場を利用することができます。事前に電話を入れて下さい。

平成館2Fへは健常者はエスカレーターの利用になりますが、車椅子利用者はエレベーターに案内されます。

平成館2F会場内に障害者用トイレが1つ用意されています。

東京国立博物館「東寺

○展示のバリアフリー状況

とても車椅子から見やすい展示です。壁面展示は適度な高さ。ケース内の展示物は傾斜がある展示で、車椅子からの低い目線でも観覧可能です。

唯一、大型の曼荼羅1点だけがケース内平面展示で、車椅子から見にくい展示です。

会場内は通路幅に余裕があり、少々の混雑であれば車椅子での移動は可能です。特に仏像展示は360℃から鑑賞可能な展示が多く、車椅子からとても見やすくなっています。

 

東京国立博物館「東寺○売店の通路はやや狭い

過去の特別展と同様に、第1会場と第2会場の間が企画展の売店です。売店内の通路はあまり余裕がなく、少し混みあうと車椅子での移動は難しくなります。

東京国立博物館「東寺

東京国立博物館「東寺

○写真撮影は1点だけ可

展示品なかで1点だけ写真撮影が許可されています。他は撮影禁止です。

東京国立博物館「東寺

東京国立博物館「東寺

○ガイダンスは1Fで

10分構成のガイダンスビデオが平成館1Fでリピート放映されます。ガイダンスルームには車椅子用の特別なスペースはありませんが、可動式の椅子からモニターを見るので、車椅子でもスペースさえ確保できれば自由にガイダンスを見ることが出来ます。

東京国立博物館「東寺

○圧巻は第4章曼荼羅の世界

見どころの多い特別展です。空海に関する展示から始まり、密教芸術、そして東寺の秘宝へと繋がります。第2会場が仏像の立体曼荼羅の展示。圧巻の第4章です。

東京国立博物館「東寺

 

「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」は、車椅子で見やすい特別展です。少々の混雑なら車椅子で観覧可能ですが、出来れば混雑日を避けてご覧ください。

東京国立博物館「両陛下と文化交流」(東京都台東区2019/04)

~出入口の小さな段差に注意、皇室ゆかりの優品と両陛下のお写真が展示される特別展~

 

○会場は本館1F

トーハク特別展「御即位30年記念 両陛下と文化交流-日本美を伝える」は、2019年3月5日から4月29日まで、本館特別4・5室で開催されます。

会場は本館の1Fで、正面入口大階段の横が第1会場入口、本館1Fエレベーター乗降場所の先が第2会場入口です。

東京国立博物館「両陛下と文化交流

○入室の手順

本展の観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

第1会場入口で障害者手帳を提示して観覧手続きを行います。観覧券が渡されるので、第2会場には観覧券を提示して入室します。

 

○会場出入口に小さな段差あり

他の本館の展示室と同様に、特別4・5室の出入口には小さな段差があります。慎重に車椅子で移動すれば問題なく乗り越えられる段差ですが、勢いよく行くと少し衝撃があります。出入口は車椅子でゆっくり進むように気をつけてください。

東京国立博物館「両陛下と文化交流

○第1会場は優品の展示

第1会場は宮内庁が所蔵する優品の展示です。展示品は前後期で一部入れ替えがあります。

前期の主な展示品は、東山魁夷の屏風絵、高村光雲の養蚕天女像、皇后陛下のイブニングドレスなど。皇室の御慶事に下賜された様々な「ボンボニエール」の展示もあります。

 

○第2会場はお写真の展示

第2会場は両陛下のお写真を展示。天皇陛下幼少期のお写真もあります。

東京国立博物館「両陛下と文化交流

○会場内のバリアフリー状況

展示室は広くはなく、絶対的なスペースはそれほどありませんが、室内はフラットで段差はありません。ほとんどの展示品は車椅子から観覧可能です。

極端な混雑がなければ、「両陛下と文化交流」は車椅子で観覧出来ます。

 

 

車椅子では出入口の小さな段差に気をつけてください。2つの会場の間にある本館エレベーターは、通常通り乗降できます。

東京都写真美術館「ヒューマン・スプリング」(東京都目黒区2019/04)

~大きなインスタレーションで人間の春を表現した志賀理江子氏の個展~

 

○新作による個展

「志賀理江子 ヒューマン・スプリング」は、東京都写真美術館(TOP)で2019年3月5日から5月6日の開催。観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者2名まで無料に減免されます。

志賀理江子氏の新作個展です。大きなインスタレーションを用いた展示で、車椅子からの鑑賞に問題はありません。会場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

○ワンフロアに20のインスタレーション

会場はTOP 2F展示室。この空間を仕切りなしでワンフロアとして使用します。その広い空間に、高さ150㎝×横180㎝×奥行60㎝ほどのインタレーションを20個配置。前面、横面、裏面に作品が並びます。

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

○展示室内はゆとりあるスペース

20個のインスタレーションは、十分にゆとりのある間隔で配置され、インスタレーション間を車椅子で問題なく移動できます。また作品は大きなサイズなので、車椅子からの鑑賞は問題ありません。

展示室には2本の柱があります。この柱の近くだけは空間が狭くなりますが、車椅子からの作品鑑賞が不能なレベルではありません。

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

○東北に住み、被災する

志賀理江子氏は2008年から宮城県に移住し、東日本大震災で被災しました。その体験が作品に込められています。

廃墟になったCVSの写真があります。帰宅困難エリア、福島県双葉町のCVSです。

東京都写真美術館

○展示室奥から裏面を眺める

作品の楽しみ方は鑑賞者一人一人の自由です。インスタレーションの裏面は、すべて同じ人物写真が掲示されます。展示室の奥から、同じ写真ばかりが並ぶ20個のインスタレーションの裏面を鑑賞するのも、面白い体験でした。

 

 

東京都写真美術館は改修されてバリアフリーになりました。「志賀理江子 ヒューマン・スプリング」は、車椅子でとても鑑賞しやすい展示です。