天王洲カナルフェス秋(東京都品川区2017/09)

~運河の祭典はバリアポイント有り、車椅子利用はテクニックが必要です~

 

・天王洲はお洒落タウン

2017年9月29日から10月1日に開催された「TENNOZ CANAL FES 2017 AUTUMN」。会場は盛り上がりました。今や天王洲はお洒落タウン。運河沿いにはカフェやショップが並びます。カナルフェス会場は運河を挟んで2か所に分散。「CANAL EAST」「CANAL WEST」と称されます。ただし車椅子で参加するには、一癖ある会場です。

天王洲 カナルフェス秋

・「CANAL EAST」会場へはワンルート

メイン会場は「CANAL EAST」。ここへのルートはバリア道だらけ。車椅子で通行可能なのは1本。「スローハウス」というインテリア店の横を入ります。他のルートはすべて段差があり。スロープ対応など今後の改良が期待されます。また「スローハウス」店内1Fには綺麗な障害者用トイレがあります。お店の入口の段差にはスロープがありますが、急な傾斜なので慎重に通行してください。

天王洲 カナルフェス秋

・「台船テラス」は段差構造

「CANAL EAST」会場の目玉施設「台船テラス」は決定的な段差があり、車椅子の利用は不可です。また対岸の「CANAL WEST」と往復する「渡し船」乗り場へも、小さな段差と傾斜があり、車椅子の移動はかなり厳しく、乗船は介助が必須。渡った先の「CANAL WEST」側も段差があります。「台船テラス」と「渡し船」の車椅子での利用は諦めた方が無難です。マルシェは車椅子で利用できます。

天王洲 カナルフェス秋

・「CANAL WEST」から運河沿いへは段差あり

第二会場「CANAL WEST」への出入口は、多少のデコボコがありますが車椅子での通行は可。キッズステージ、キッチンカー、屋台などが並びます。縁日屋台は運河沿いの遊歩道に出店。残念ながら会場から運河沿い遊歩道へは段差。この遊歩道へは、会場をいったん出て少し品川方面に行った場所にスロープがあるので、そこまで迂回すれば車椅子で降りることができます。

 

・運河沿いのカフェは大賑わい

日頃から人気が高い天王洲のお洒落カフェ&レストラン。この日も大人気。テラス席はいっぱいです。カナルフェス期間の車椅子での利用は、いつも以上に混雑注意。そういうモノだと思ってお出かけください。カフェエリアの先にある「港南公園」につながる橋は、スロープ対応あり。車椅子で通行可能です。

天王洲 カナルフェス秋

・イベントは多彩かつ多頻度

船上ライブ、ストリートパフォーマンスなど、夜まで企画は目白押し。「CANAL EAST」ではアルコール類の販売もあり、車椅子で利用できるテーブルもあります。

会場ハード面では、ややバリアフリーに欠ける面もありますが、企画は充実しています。春・夏・秋・冬と季節毎に開催。しかも回を重ねるたびに規模が大きくなっています。前回の冬フェスは3月上旬に開催。次回もそうでしょうか。

 

ぜひテクニックを駆使して、車椅子でお出かけ下さい。

東京都 新宿区 第20回文化庁メディア芸術祭(2017/09)

~第20回受賞作品展の主会場は東京オペラシティ、車椅子で快適に鑑賞できる芸術祭~

第20回文化庁メディア芸術祭

・シンゴジラが吠える

マンガなど4つの部門と功労賞。20回目の文化庁メディア芸術祭のアニメ部門は「君の名は。」、エンターテイメント部門は「シンゴジラ」が大賞を受賞しました。このようなノリの芸術祭。受賞作品展は東京オペラシティを主会場に2017年9月16日から9月28日の開催。入場無料。メイン会場の最初の展示では、シンゴジラが吠えています。

第20回文化庁メディア芸術祭

・アートギャラリーとICCがメイン会場

主会場の東京オペラシティ1Fには、マンガ部門受賞作のコミック本が置かれ自由に読むことがでるコーナも。スタッフが1名常駐。コミックの持ち出しは出来ません。

3Fと4Fに広がる「アートギャラリー」と、4Fと5FのNTT「ICC」内がメイン会場。どちらもバリアフリー。両会場とも会場内専用エレベーターと障害者用トイレがあり。車椅子での作品見学に大きな問題はありません。

第20回文化庁メディア芸術祭

・来場者の大半は20

週末のお昼ごろ。メイン会場来場者の大半は20代から30代前半。子どもと中高年は少数派です。皆さん熱心に展示を鑑賞しています。マンガ部門、アニメ部門、エンターテイメント部門、功労賞の展示が主に「アートギャラリー」で、アート部門が主に「ICC」。受賞作品は実に多種多彩。子どもでも中高年でも楽しめるので、ご心配なくお出かけください。

第20回文化庁メディア芸術祭

・ロボット「Alter」の動きは凄い

大賞は逃していますが、アート部門優秀賞「Alter」は複雑な手の動きが出きる半身ロボット。技術がアートになった秀作です。この動きは凄い。展示終了後はどこに行くのでしょうか。引く手あまたな予感がします。(※お台場の科学未来館へ行きました)

 

第20回文化庁メディア芸術祭

・次回は新国立美術館で開催

すでに第21回の作品募集が始まっています。受賞発表は2018年3月の予定。受賞作品展は2018年6月13日から6月24日。場所は新国立美術館です。会場は間違いなくバリアフリー。これは見逃せません。いまから予定を立てておきましょう。

KITTE タカラヅカアニバーサリーフェスタ(東京都千代田区2017/08)

~宝塚の底知れぬ人気に圧倒されます、ファン垂涎のフェスティバル~

 

・専門チャンネルの15周年フェスタ

丸の内KITTEで、2017年8月11日から8月18日の短期開催。正確なイベント名は「TAKARAZUKA SKY STAGE開局15周年記念Anniversary フェスタin KITTE」。宝塚の専門チェンネル開局15周年アニバーサリー。1Fアトリウムと4F局長室に、ステージ衣装やスターの等身大パネルなどを展示。番組公開収録もあります。

 

・ファンの視線が熱い

1F会場には大きなスクリーンにステージの映像が流れ、その前に十数点のステージ衣装が展示されています。裏側には番組の収録セットが再現され、順番に座って記念撮影可。またスターが日替わりで変わる等身大パネルが設置され、パネルとツーショットで記念撮影可。会場は大変な熱気。ファンの視線が熱い。これが宝塚文化か、と感嘆する会場内です。本当に凄いですね。KITTE「タカラヅカ アニバーサリー フェスタ」

・期間限定カフェは満席入場不可

4Fには期間限定で「タカラヅカ・スカイ・ステージカフェ」が出店。宝塚の世界観を楽しめる店内装飾。各「組」をイメージしたフラッペなど、ファンの期待に応える趣味のカフェです。このカフェは大行列。しかも「整理券の無い方は本日入店できません」とお昼前の時点で掲示あり。ファンの気合に圧倒されます。

 

・スタンプラリーも本気です

KITTE館内の5か所を巡り、各組のスタンプを集めるスタンプラリー。もらえるのは「宝塚缶バッジ」です。この缶バッジを特定の店舗で会計時に見せると「宝塚うちわ」がもらえます。見ていると、皆さん本気でスタンプラリーに参戦。おそらく参加者の平均年齢がもっとも高いスタンプラリーではないでしょうか。

KITTE「タカラヅカ アニバーサリー フェスタ」

・公開収録の1F立ち見エリア入場券は40名の狭き門

フェスタ期間中にKITTEの1Fで二回公開収録が行われます。1Fの立ち見エリアに入場できるファンは、一回40名の狭き門。期間中にKITTEで2,000円以上のお買い物をすると抽選に参加できるルール。プラチナチケットです。2F以上からの観覧は自由です。

 

 

もちろんすべての展示は車椅子で鑑賞可能。会場全域バリアフリーです。宝塚とそのファンを知るよい機会。また次の機会が楽しみです。