東大建築ミュージアム(東京都文京区2018/11)

~建物はバリアフリー改修された重要文化財です、東京大学総合研究博物館小石川分館~

 

○東大の無料博物館

「建築ミュージアム」は通称で、正式名称は「東京大学総合研究博物館小石川分館」。小石川植物園の西側エリアに建つ、「旧東京医学校本館」を活用した東大の無料博物館です。

専用駐車場はありません。徒歩なら駅から坂道を下り約10分。近隣にはコインパーキンギやパーキングメーター設置道路があります。

東大建築ミュージアム

○国の重要文化財指定

建物は明治9年の竣工。以後、改築や解体・移転などを経て、現在の地に移築されたのが1969年。翌1970年に国の重要文化財指定を受けました。

2001年に東京大学総合研究博物館小石川分館として開館。常設展、企画展、イベントなどが開催されています。

東大建築ミュージアム

○重文なのにバリアフリー

重要文化財指定の建物ですが、バリアフリー改修があり、車椅子で利用できます。現地の状況を詳しく紹介します。

東大建築ミュージアム

○エントランスへはスロープルート

建築ミュージアムに直結する小石川植物園の出口は、回転バー式の出口なので車椅子では通行できません。一般道路からの敷地内への入口は、大きな段差はない舗装路です。

建物内部へは裏側から向かいます。このエントランスへのルートはスロープです。

東大建築ミュージアム

○エレベーター&トイレ棟を増築

建物のエントランスに隣接して、エレベーターとトイレがある別棟が増築されています。1Fのトイレは障害者用トイレ。自動ドアが横開きでなく、縦に開くトイレです。2Fのトイレは一般の男女別トイレです。

東大建築ミュージアム

エレベーターは1基。十分に車椅子が入るスペースがあります。

東大建築ミュージアム

○フロア内はフラット構造

1F・2Fとも、フロア内は車椅子での通行の障害になるレベルの段差はありません。展示室の通路幅は余裕があり、車椅子での移動は可能です。

東大建築ミュージアム

2018年時点では、2Fの中央部にある常設展示のケースが高く、車椅子からの目線ではケース内の展示物を見上げることになります。

東大建築ミュージアム

○2F天井部は必見

1F、2Fとも、小石川植物園を眺望するテラスは、安全上の問題で立ち入り禁止です。

東大建築ミュージアム

建物そのものの内部見学ポイントは、2Fの天井部です。天井板がなく、屋根までの内部構造がすべて見えます。立派な梁が使用されている木造建築です。

東大建築ミュージアム

○常設展示は東大コレクション

常設展示されているのは、東大所蔵のコレクションです。また展示ケースに使用されているのは、東大にあった棚などです。この点は、丸の内KITTE内の「インターメディアテク」と同じです。

東大建築ミュージアム

東大建築ミュージアム

東大建築ミュージアム

東大建築ミュージアム

重要文化財指定の明治建築物ですが、バリアフリーです。東京大学総合研究博物館小石川分館(建築ミュージアム)は、車椅子で見学できます。

東京国立博物館ミュージアムシアター(東京都台東区2018/10)

~4K映像のスクリーンでVR体験、ナビゲーターによるライブが楽しい有料のシアター~

 

○東洋館の地階

トーハクの「ミュージアムシアター」は東洋館の地階にあります。上映作品が入れ替わる期間はお休みがあるので、スケジュールを確認して利用してください。

トーハクの入館料の他に鑑賞料金がかかる有料のシアターですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

東京国立博物館ミュージアムシアター

○障害者用トイレは1F

健常者は「ミュージアムシアター」に直行する階段ルートがあります。車椅子利用者は東洋館内のエレベーターで地階へ向かってください。

東洋館の障害者用トイレは地階には無く1Fにあります。このトイレは改装されて、広くて綺麗な障害者用トイレになりました。

東京国立博物館ミュージアムシアター

○上映は1時間毎

プログラムにもよりますが、ほとんどの場合は毎時00分からの上映スケジュールで、約30分のプログラムです。購入時に鑑賞希望時間を指定してチケットを買います。

障害者手帳の提示で、料金減免で鑑賞する場合も、時間指定の無料チケットをいただきます。「ミュージアムシアター」前のカウンターか、トーハク正面チケット売り場窓口で、手帳を提示して手続きをします。

 

○入場は5分前から

通常、シアター内への入場は上映の5分前からです。つまり毎時55分なので、それまでにシアターの入口近くに行きます。55分前に現地にいれば、車椅子利用者は最初にシアター内に誘導され、好きな観賞場所を選ぶことができます。

東京国立博物館ミュージアムシアター

○車椅子スペースあり

シアターは階段形式。最前列に席の無い車椅子スペースが1台分用意されています。一般席に移動できる人は、そのスペースに車椅子を置きます。車椅子での鑑賞者が複数いた場合は、最前列の前からの鑑賞になるはずです。

最前列から上映を鑑賞しても、それほど見にくいことはありません。

東京国立博物館ミュージアムシアター

○途中退場は不可

上映中の途中退場は原則出来ません。知的あるいはコミュニケーションの障がいのある人は、30分間の鑑賞が出来るかどうかを判断して利用してください。

 

○ナビゲーターによるライブ

これまでのプログラムは、いわゆる映画の上映ではなく、映像に併せて弁士がライブで説明をする作品です。日本語の説明なので、多言語対応のイヤホンがあります。

東京国立博物館ミュージアムシアター

○美しい映像と専門的な内容

プログラムにもよりますが、トーハクの研究ノウハウが詰まった専門性の高い内容と、4Kの美しい映像が楽しいミュージアムシアターです。

 

 

トーハクの「ミュージアムシアター」は車椅子で利用できます。プログラム、上映スケジュールを確認して利用してください。

藝大アートプラザ(東京都台東区2018/10)

~藝大の学生、教職員、卒業生の作品が展示され、購入できるギャラリー&ショップ~

○2018年10月開業

藝大上野キャンパス美術学部内に誕生した施設です。入場は無料。営業時間は10時から18時で、月曜日は定休です。

藝大の学生、教職員、卒業生の作品が展示販売され、常設展、企画展が開催されます。現在のところアートプラザ前にキッチンカーが出店。前庭のフリーテーブルでティータイムを楽しむことが出来ます。

藝大アートプラザ

○車椅子でのアクセスルート

駐車場は障害者用も含めて用意されていません。徒歩でのアートプラザへのアクセスルートは3通りあります。

アートプラザ正面「正木門」から入るルートは段差があるので、車椅子では通行できません。

藝大アートプラザ

美術学部正門から入ると左折して約50m先。この50m区間の前半が、路面に凹凸がある舗装路で、車椅子がガタゴトします。

藝大アートプラザ

上野公園寄りの旧美術学部正門から入ると約30m先。凸凹はありませんが、門から10mの区間が急な傾斜路です。

藝大アートプラザ

藝大アートプラザ「正木門」ルート以外の、凸凹ルートか坂道ルートを、選択してください。

○アートプラザはバリアフリー

アートプラザの周辺および内部はフラットでバリアフリーです。入口は自動ドア。内部の通路幅は並みの広さで、混雑していなければ車椅子での移動は可能です。

藝大アートプラザ

アートプラザ内に障害者用トイレはありません。藝大美術館の1Fパブリックエリア内にあります。

藝大アートプラザ

○コピーは「藝大の出島」

藝大の学内を超えて、藝大の作品が社会に、世界に開かれてつながる場所。そういう意味で「ここは藝大の出島である」というコピーが付けられています。藝大内部の閉ざされた世界に出会える場所です。

 

○千円の作品から

展示販売される作品の値段はピンからキリまで。千円の作品から、百万円の単位の作品まであります。常設展に展示されている作品でも、ほとんど買うことができます。

藝大アートプラザ

○オリジナルグッズも

藝大オリジナルのお菓子類があります。クリアファイルなども用意。お土産に購入できます。

 

 

藝大美術学部で、どのような作品が製作されているのか。興味のある方は「藝大の出島」をご利用ください。短い距離の悪路がありますが、車椅子での利用は可能です。