銀座ソニーパーク(東京都中央区2018/09)

~車椅子では地下からのアクセスが便利です、駐車場とも直結している新名所~

○2020年まではこの状態

銀座ソニービルの地下フロアを改造し、地上部を公園にして2018年8月に開業した「銀座ソニーパーク」。地上部の再開発は、2020年に東京オリンピックが終わってから行うことが公表されています。

新しい施設ですからバリアフリーへの配慮はありますが、車椅子で利用するには事前知識が必要な施設です。以下、現時点でのバリアフリー状況を詳しく紹介します。

銀座ソニーパーク

○1F公園からB1へは階段昇降機

エレベーターはB1まで、地上公園部へは行けません。地上1FとB1間は階段のみで、昇降機がついています。

B2から地下コンコースへフラットに移動でき、コンコースから他のビルの地上へ出るエレベーターにアクセスできます。

車椅子での地上と地階への移動は、昇降機の運用を頼むか、他のビルから地下コンコースに入るかです。

銀座ソニーパーク

○B4へは階段のみ

「銀座ソニーパーク」はB4まである施設ですが、1基あるエレベーターはB1とB3間の運行です。B3からB4は、2系統の階段のみです。

銀座ソニーパーク

○障害者用トイレはB1

障害者用トイレはB1にひとつ用意されています。地下コンコースから入るとB2なので、エレベーターで上って利用してください。

銀座ソニーパーク

○地下コンコースからのメインルートはエスカレーター

地下コンコースから「銀座ソニーパーク」へアクセスする、一番目立つメインルートはB1へ行くエスカレーターです。エレベーターはやや見えにくい場所にあります。

銀座ソニーパーク

○地下コンコースは箇所により段差あり

地下鉄銀座駅の地下コンコースは、徐々に改良が進んでいますが、現時点では箇所によりまだ段差があります。

丸ノ内線駅からは段差あり。そして銀座四丁目方面からも、三越やGINZA6側から地下通路を利用すると途中に段差があります。隣のエルメスは、地下でコンコースに直結していません。隣接ビルでは、東急プラザの地下からは車椅子で地下コンコースに行くことが出来ます。他にも地上と地下コンコースを結ぶエレエベータールートはあります。

銀座ソニーパーク

○西銀座駐車場とB3で直結

「銀座ソニーパーク」の横を走る「外堀通り」の地下は「西銀座駐車場」です。B3で「西銀座駐車場」とフラットに直結しています。「西銀座駐車場」からは地下コンコースにも車椅子で移動できます。「西銀座駐車場」は障害者用駐車区画の用意があり、障害者手帳の提示で30分の駐車料金減免措置があります。

銀座ソニーパーク

○各フロア内はバリアフリー

B4へは階段ルートのみになりますが、各フロアの基本構造はフラットで、車椅子での利用は可能です。ただし各階のイベントスペースは、その時の企画次第。車椅子で利用できないイベントはあります。

銀座ソニーパーク

現状の姿は2020年までの期間限定です。全体構造を理解して、車椅子でご利用ください。

日進ワールドデリカテッセン(東京都港区2018/09)

~2018年8月に移転しました、新店舗のバリアフリー状況~

○旧店舗から徒歩1分

2018年8月22日、新店舗オープン。新店舗は旧店舗から徒歩1分。道の反対側です。新店舗は旧店舗の半分程度の敷地。3フロア構造で、1Fが駐車場、2Fが酒類売場、3Fが食品売場の構成です。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

日進ワールドデリカテッセン

○駐車場の状況

店舗1Fの駐車場は5台収容で、内1台分が障害者用駐車区画です。現時点では、店舗隣接地にも露天駐車場があり、8台程度を収容。そして店舗裏側に隣接した20台程度を収容するコインパーキングと提携があり、店舗お買い上げ3千円以上で50分間の無料券がレジで渡されます。

車椅子利用者は、店舗1F内の障害者用駐車区画に停められれば最善です。満車の場合、駐車区画にスペース的な余裕があるのは提携コインパーキングです。ただし屋根はありません。

日進ワールドデリカテッセン

○エレベーターの状況

店内エレベーターは1基。駐車場内にあるエレベーターは業務用です。間違えないように、駐車場内に大きな案内掲示があります。エスカレーターは上りのみです。

○障害者用トイレの状況

トイレは2Fにあり、車椅子が入る大きな個室トイレがひとつ用意されています。

日進ワールドデリカテッセン

○店内の通路幅

旧店舗と比較して、2F、3Fとも店内通路幅は狭くなりました。カートは大型と小型が用意されています。

空いてれば車椅子での店内回遊は可能ですが、混雑時はかなり苦戦する通路幅です。

日進ワールドデリカテッセン

○3Fレジの行列

会計はフロアごと。3F食品売り場のレジは3台で、スタッフ1名で袋詰めまで行います。混雑時は商品棚前までレジ行列が発生。行列が出来ると、その通路は車椅子での通行は困難です。

日進ワールドデリカテッセン

新築店舗なので、耐震性などの安全基準は満たしているはずです。スペースが狭いので、車椅子ではなるべく空いている時間帯に利用したい新店舗です。

東京都立心身障害者口腔保健センター(東京都新宿区2018/07)

~飯田橋駅隣接で地下駐車場もあります、障がいのある人のための歯科病院~

○開設は1984年

障がいのある人の特別なニーズにこたえるための歯科「東京都立心身障害者口腔保健センター」は、飯田橋駅に隣接する「セントラルプラザ」にあります。開設はセントラルプラザが竣工した1984年。以来、障がいのある人の歯科治療を担っています。

東京都立心身障害者口腔保健センター

○完全予約制

診療の対象は障がいのある人。地域の歯科では対応が難しい障がいのある人が、紹介状をもって初診を受ける病院です。紹介なしで、障がいのある人が直接初診を申し込むこともできます。診療は完全予約制です。

東京都立心身障害者口腔保健センター

○診療の領域

一般の歯科治療が難しい障がいのある人には、精神鎮静法や日帰り全身麻酔法による治療。他に摂食障害訓練や言語療法などSPの領域の診療も行います。口腔衛生指導や予防措置なども実施。障がいのある人の、口腔に関わる問題すべてを診療の領域にしています。

東京都立心身障害者口腔保健センター

○電車でのアクセス方法

JR飯田橋駅は現在工事中。西口は階段ルートになるので、車椅子利用者は東口を利用してください。駅改札口からセントラルプラザのエントランスまで、短い距離ですが屋根無しの区間があります。雨天は濡れることを覚悟してくだい。

東京都立心身障害者口腔保健センター

地下鉄駅からは、エスカレーター利用なら地下で直結します。車椅子利用者は、地上行きエレベーターを利用して外堀通り沿いにでます。この場合も、短い距離ですが屋根無しの区間があります。

タクシー利用の場合でも、セントラルプラザには車寄せがないので、短い距離ですが雨天は濡れます。

東京都立心身障害者口腔保健センター

○車でのアクセス方法

セントラルプラザには地下駐車場があります。入口は外堀通りから左折。右折入庫は出来ません。地下駐車場からは、エレベーターで口腔保健センターに直結します。車椅子で雨に濡れないルートはこれです。

口腔保健センターの診療時間帯であれば、地下駐車場に入るとスタッフがいるので、車椅子利用を申告相談してください。障害者用駐車スペースに誘導していただけます。ここが満車の場合は、狭い駐車区画でなんとかするしかありません。スタッフに広く開けたいドアを申告して、なるべく乗降しやすい場所に誘導していただきましょう。口腔保健センター受診者が多数利用するので、スタッフは障がいに慣れています。

地下駐車場を利用した場合、口腔保健センターで医療費精算時に駐車券を提示してください。診療にかかった時間に応じた駐車サービス券を発行していただけます。

東京都立心身障害者口腔保健センター

○障がいのある人と口腔衛生

障がい、特に重度重複障がいのある人にとって、口腔衛生は大変な問題です。摂食障害、嚥下障害も付きまとう悩み。機能訓練、日常的な衛生管理、予防措置、そして治療。頼りになる歯科をもつことは、障がいのある人と家族にとって、とても重要なことです。

東京都立心身障害者口腔保健センター

各地で、障がいのある人を受け入れる歯科が増えています。「東京都立心身障害者口腔保健センター」では、「オープンシステム」と称して、地域の歯科が全身麻酔治療などを行うために、設備やスタッフの提供をおこなっています。その際は、本稿のアクセス方法を参照してご利用ください。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】