道の駅こすげ(山梨県小菅村2015/04)

~ハード先行でまだソフトが追い付いていません、秘境小菅村に誕生した道の駅~

 

2015年3月29日開業。出来たてホヤホヤの道の駅です。以前からあった日帰り温泉「小菅の湯」の隣接地にできました。ターザンごっこが楽しい「フォレストアドベンチャーこすげ」も隣接しています。

 

小菅村のこれからの観光産業を担う、期待の新施設。新しいだけに、当然バリアフリー度は高い道の駅です。

 

道の駅こすげの話題に入る前に、アクセスルートの注意情報をレポートします。

小菅村、山梨県大月方面からの国道139号線ルートはひどい悪路でした。それが2014年11月に「松姫トンネル」が開通し、アクセスが大幅に改善された、ということになっています。今回この大月からの国道139号線ルートを試してみました。

 

確かに「松姫トンネル」は快適なバイパス。この区間の旧道の悪路を通らなくてすむようになったのは、大きな進歩です。

でも大月から「松姫トンネル」までの国道139号は、まだまだ“これが国道か”というレベルの生活道路。見通しの悪い狭い山岳道路も、うんざりするほど残っています。

大月からのアクセスは、実際にはまだまだ不便です。ご用心ください。

道の駅こすげ

小菅村。秘境感のある村です。東京から2時間圏でこの秘境感。人気の秘密でしょう。

 

今回訪問したのは日曜日。二輪ライダー集団がツーリングを楽しんでいました。道の駅にも二輪ライダーが大勢終結中。それを見越してか、二輪駐車スペースをたっぷりとってある道の駅です。

障害者用駐車スペースも2か所に計4台分、屋根はない一般タイプです。

 

施設は、物販店舗、レストラン、地域情報コーナーから構成されています。

 

トイレはインドアトイレと屋外一戸建ての変形タイプの2か所。いずれにも障害者用トイレが一つあります。

出来立てなので、どちらのトイレもピカピカ。広さ、設備、清潔感いずれも合格の障害者用トイレです。安心してご利用ください。

 

今回訪問は日曜日の午後1時過ぎ。レストランは4組ほど“ウエィティング”になっていました。実際に利用はしませんでしたが、見る限り車椅子での利用に問題はなさそうです。

周辺には飲食店は全くありません。山中の唯一のレストランです。石窯を用意したようでマルゲリータ950円、などの開業スタートメニュー。これからどういう進化を見せるのでしょうか。

 

物販店は地元の新鮮採れたて農産物は数少なく、加工食品が中心です。木工工芸品なども少々陳列されています。

道の駅こすげ

残念ながら、現在のところ売り物が少ない。商品開発、商品調達が出来ていないようです。買い物意欲満々のお客さんが来ているのに、買う気になるものがない、そういう状態です。ショップはそれほど大きくありませんが、商品はスカスカの印象です。

店内への入口正面ドアは自動ドア、床面はフラット、通路幅は並みレベルです。車椅子での店内回遊は十分できます。

 

地域情報コーナーは、更にソフト面が貧弱です。地域を紹介するコンテンツが足りません。ゆっくりとレベルを上げてください。

 

小菅村は山間にあります。広い面積のある平地の農地はおそらくほとんどないでしょうから、いわゆる農産物産直ショップ形態は、品揃えが難しいでしょう。

 

道の駅で何を売るかです。今回訪問時は、屋台などの出店は全くありませんでした。

安易な発想ですが、お団子、から揚げ、バーガー類、アイスなど、よくある出店方式のテイクアウト品を販売したら、売れると思います。ただ派手な旗を立てて、俗っぽい商品を売ると、秘境感は薄らぐかもしれません。

二輪ライダーに何を売るのかも、難しい。キャベツやゴボウは買わないでしょう。

 

観光産業を伸ばしたい、という小菅村の気合は伝わってきますが、現時点ではハード先行でまだソフトが追い付いていません。これからが知恵の出しどころです。東京2時間圏の秘境立地を活かした商売が成功することをお祈りします。

道の駅たばやま(山梨県丹波山村2015/04)

~東京と山梨の県境、日帰り温泉の駐車場に出来た小さな道の駅~

 

「丹波山」と書いて「たばやま」と読む村です。東京からみれば、奥多摩の更に奥座敷になります。

 

「ローラー滑り台」や「釣り堀」は昔からある村の有名観光施設。そして日帰り温泉施設が出来て、その駐車場に道の駅が誕生しました。道の駅は平成21年開業。まだ新しい施設です。国道411号線、青梅街道に面しています。

道の駅たばやま

日帰り温泉の駐車場といっても、温泉施設は川の向こう側。長い坂を下り、吊橋を渡って行きます。車椅子で行けることはいけますが、駐車場からは遠い。

吊橋で川を渡って行く温泉。風情があるといえばあるのですが、これほど駐車場と施設が離れた設計なのは珍しい。初めての方は、この距離感からお楽しみください。

 

先に駐車場があり、後から道の駅施設が出来ましたが、見たままもそう。いかにも後付だろう、という施設です。

道の駅施設は、食事処、物販ショップ、独立トイレ棟、観光案内所で構成されています。いずれも“小ぶり”。この周辺は二輪ライダーツーリングの聖地。今回訪問時もツーリングを楽しんでいるグループが、大勢集まっていました。

 

食事処は「軽食堂R411」。自ら軽食堂と名乗る“小ぶり”な食堂です。ジビエ料理にも挑戦しています。

入口はスロープ構造なので、車椅子でも入れそうですが、中はややせま苦しい造り。どうでしょうか、車椅子での快適な利用は難しい雰囲気です。

周辺にはあまり食堂はありません。ランチには遅い時間でしたが、ライダーの皆さんで店内は賑わっていました。

 

物販ショップも“小ぶり”です。丹波山村は山間の村。広い農地はないので、農産物は限定的。加工食品、工芸品を入れても、地元の物産品の数はそれほどでもないのでしょう。

イベント開催時などは屋外テントで商品販売をすることを考えれば、このショップの狭さは商品数から見れば適正です。ただ狭いお店なので、車椅子での店内回遊はやや苦戦します。もっとも回遊というほどの広さではありませんが。

道の駅たばやま

トイレ棟は一戸建て方式で、障害者用トイレは一つあります。トイレのレベルは並み。正直に言って上等ではありません。ただ近隣に障害者用トイレはありません。実用には耐えるので、ご利用ください。

 

障害者用駐車スペースです。関東道の駅のHPの情報では「6台」となっています。6台もあるのか凄いな、と思ってはいけません。駐車場の一番施設よりの普通の区画が、障害者用ということになっているだけです。

普通の駐車区画の6つに、障害者マークがペイントされているだけなので、予備知識がないとどこが障害者用駐車スペースなのか解りません。そういうことなので、停めやすいところ、乗降しやすいところに、お好きに停めてください。

道の駅たばやま

小さな道の駅です。本格的な施設を想像しないでください。このエリアは東京2時間圏で大自然に触れ合える、とても素晴らしい自然ゾーンなのですが、立ち寄るところがあまりないので「道の駅たばやま」は貴重な存在です。

 

どうやって観光拠点として、もう一段盛り上げていくかが難しい。キラーコンテンツになるような産物があればいいのですが、ありません。

 

無いなら作り上げるしかありません。“丹波山の黄金栗”とか、“丹波山巨人豆”とか・・・。大きな潜在マーケットのあるエリアです。目玉産物が出来て、関連商品が開発できれば、きっと強いと思います。頑張りましょう、丹波山村。

かんぽの宿浜名湖三ヶ日(静岡県浜松市2015/08)

~「東京都障害者休養ホーム事業」指定宿泊施設のバリアフリー事情~

 

車椅子都民の味方「東京都障害者休養ホーム事業」。指定のバリアフリー宿泊施設の利用に対して、一定の助成金がでる事業です。

事業の詳細は本稿では触れませんが、その指定宿泊施設である「かんぽの宿 浜名湖三ヶ日」の、たった一つしかない「バリアフリールーム」を利用してきました。

 

昭和時代の1984年に開業したホテルで、以後大規模な改修工事は行われていません。“小規模”な改修で、頑張ってバリアフリーになったホテルです。全体としてはそうとうくたびれてきている印象の施設ですが、それが逆にバリアフリーへの苦労の痕跡が生々しく感じられる、面白い状況でした。

 

駐車場です。車椅子利用で交通手段は車である旨を事前に連絡すると、「駐車場をとっておきます」というお話。どうなっているのかと思いながら現地に行くと、玄関の脇にある出入口に一番近い場所に後付の障害者用駐車スペースが一台分あり、そこに「○○様 ご予約」と大きな縦看板がでていました。

後付の屋根付き駐車スペースですが、屋根はその場だけで、玄関までは繋がっていません。雨が降ったら、エントランスの車寄せ箇所が屋根付なので、そこを上手く使うことになります。

かんぽの宿 浜名湖三ヶ日

チェックイン。たった一つしかない「バリアフリールーム」は2階のツインルームです。補助ベッドの利用で3名までは宿泊可能。部屋の扉は改装された横開きドア。とてもお洒落とは言えない“武骨な”ドアですが、車椅子での出入りは、やはり横開きドアが便利です。

部屋内はトイレ・バスがバリアフリーに改装され、とても広くてフラット。そして手すりをはじめ必要なバリアフリー設備が整えられています。

ベッドからバスにかけて「天井リフト」の設備があります。お部屋のベッドからトイレ、バスにかけての動線で利用できる設定。通常は「リフト」は外されています。今回は利用しませんでしたが、「天井リフト」の利用を希望すれば、吊り下げ式の「リフト」をつけていただけるそうです。

かんぽの宿 浜名湖三ヶ日

天然温泉が自慢のホテルです。温泉が楽しい大浴場は1階。家族風呂の施設はなく、男女別のお風呂だけです。

それでもお風呂自体はバリアフリー。ほぼ、無駄な段差はないお風呂に改装されています。つかまり立ちと、介助歩行ができる人なら利用可能。

一般的な簡易折り畳みタイプですが、浴場内用の車椅子も用意されています。

男女風呂とも内風呂と露店風呂があり、露店風呂へ浴場内用の車椅子で向かうことが出来ます。

数多くの宿泊施設を利用してきましたが、ここの浴場のバリアフリーレベルは、地味ですが案外高いと思います。全く動けないレベルの障害の方は、お部屋で「天井リフト」を使って入浴。多少動ける人なら、浴場での入浴。そういう使い分けになります。

 

食事は1階のレストラン。ここもバリアフリーです。車椅子で段差なく入店でき、食事ができます。

朝食はバイキング方式。車椅子ユーザーは、介助者やホテルスタッフに助けてもらい、お好みの食事をいただきましょう。

 

1階のパブリックゾーンに、障害者用トイレが設置されています。いかにも後付タイプですが、広くて綺麗。利用に問題はありません。

 

館内のエレベーターは一基のみ。最近リニューアルしたと思われる新しいエレベーターです。4階構造のホテルなので、3階4階のお部屋の人は、1階との往復にエレベーターを利用する人が多いようです。

 

利用した日は満室状況で、チェックアウトのピークタイミングのときは、エレベーターが混んでいて一回見送りました。それでもその程度の混み方です。心配はいりません。

 

はっきり言って、外観内装とも、そうとうくたびれている施設です。それでも、お部屋、お風呂、食事処と、ポイントになるところは、頑張って改装してバリアフリーになっています。

 

それにしても「うなぎ」は高くなりました。お料理の一品メニューで、浜名湖のうなぎの蒲焼または白焼きは、一本3000円です。うなぎ好きな方は、お財布に余裕をもって、車椅子でお出かけしましょう。