EXPASA御在所(三重県四日市市2018/06)

~地元の名店名品が並びます、美味しいモノがいただける高速SA~

 

・バリアフリーは当たり前

東名阪自動車道のSA「EXPASA御在所」は、最新のSA「NEOPASA」に比べると1世代前の設計になりますが、快適なバリアフリー設計。この世代のSAから、バリアフリーレベルがグッとあがっています。綺麗な障害者用トイレの複数配置。ゆとりある通路幅、車椅子優先席があるフードコート。バリアフリーが当たり前になってから設計されたSAです。

 

・グルメ名店揃い

「EXPASA御在所」には有名店が揃います。主なお店をご紹介。上り線には、三重人気一番ラーメン店「開花屋楽麺荘」、桑名の老舗肉の柿安「カキヤス」、名古屋コーチンの「鶏三和」そして「赤福」。

下り線には、きしめんの「宮きしめん」、味噌煮込みうどんの「山本屋本店」、「鶏三和」や柿安もあり、甘味では名物大あんまき「藤田屋」など。中京地区の有名グルメが手軽に楽しめます。

EXPASA御在所

・一般道からも利用可能

この世代のSAからは、一般道からも利用可能。「ふらっとパーク」が整備され、上下線とも一般道からの利用が可能です。車椅子で手軽に地元の名店、名物を楽しみたい時にとても便利です。

EXPASA御在所

上下線ともコンビニが入店。綺麗なトイレにバリアフリーなグルメ街そしてCVS。一般道からの利用も可。車椅子でのお出かけを支える、今どきのSAです。安心してご利用ください。

鬼ヶ城センター・獅子岩(三重県熊野市2018/06)

~2Fレストランへはスロープで、バリアフリーに熊野の眺望が楽しめる施設~

 

・鬼ヶ城散策は車椅子不可

熊野の玄関口にある「鬼ヶ城」は、海岸沿いに奇岩、巨岩、千畳敷などがある岩場。散策ルートが整備されていますが、車椅子では通行できません。車椅子どころかハイヒール不可、足の悪い人も無理。健脚向けのコースです。車椅子での鬼ヶ城散策は諦めてください。

 

・鬼ヶ城センターはバリアフリー

鬼ヶ城散策ルートの東側に建つ「鬼ヶ城センター」。2013年に開業した新しい施設です。1Fがお土産ショップ、2Fがレストラン、3Fが団体用食事処。道の駅認定はうけていませんが、イメージとしては道の駅。駐車場には障害者用駐車区画が2台分設定。障害者用トイレは1Fと3Fに配置。施設全般やや通路が狭いのが欠点ですが、一般的な車椅子利用者なら十分に利用可能です。

鬼ヶ城センター・獅子岩

・車椅子で熊野の海を眺める

3フロア構造の施設。面白い設計で、2Fへはスロープのみ、3Fへはエレベーター利用。2Fへのスロープは車椅子で利用できる緩い傾斜です。

施設の横の敷地に海を眺める小規模な展望デッキあり。2Fレストランには海を見わたすテラス席あり。3Fにも小さなテラススペースあり。お好きな場所から熊野の海の眺望を車椅子でお楽しみください。このような施設は他にありません。

鬼ヶ城センター・獅子岩

・傾斜地に建つ細長い施設

車椅子の敵は混雑。この施設は観光バスの団体客を積極的に受け入れています。新しくてバリアフリー設計の施設ですが、細長い傾斜地に建っているため、建物の幅が狭い。そのため通路が狭く、1Fのショップ内にはスロープがある設計です。団体客が1Fのショップに立ち寄っている状況だと、混雑で車椅子では動きがとれなくなります。上手に団体客の動きとずらした利用ができれば、車椅子で快適な施設です。

鬼ヶ城センター・獅子岩

・車椅子で奇岩を観る

せっかく鬼ヶ城に来たのだから、車椅子で奇岩を観たい方へ。お薦めできるのは「獅子岩」。鬼ヶ城センターから車で紀伊勝浦方面へ移動してすぐの場所。小規模な駐車スペースがあり、車からでも奇岩「獅子岩」を観ることができます。確かに獅子に見える奇岩です。

鬼ヶ城センター・獅子岩

・好天も、荒天でも

今回訪問時は抜けるような青空の好天。熊野の海や山、周辺集落が美しく輝いています。観る価値のある、鬼ヶ城センターからの熊野の海の眺望です。

想像ですが、海が荒れて波が高い日は、また違う姿が楽しめるのではないでしょうか。ただし車椅子で雨をしのげる鑑賞場所はありませんのでご注意。

 

世界遺産を構成する鬼ヶ城に建つバリアフリー施設です。団体客とぶつからない事を祈り、車椅子でお出かけください。

道の駅熊野・花の窟(三重県熊野市2018/06)

~参道は未舗装路ですが車椅子で参拝できます、道の駅がある日本最古の神社~

 

・イザナミノミコトの御陵

「花の窟」とは、神々の母である「イザナミノミコト」の御陵といわれる巨石のこと。この巨石を御神体とする「花の窟神社」は、日本書紀に記された日本最古の神社。この神社の隣接地に2012年に開業した施設が「道の駅熊野・花の窟」です。「花の窟」は世界遺産登録。ここは神代から現在まで続く聖地です。

道の駅熊野・花の窟

・商業施設は「お綱茶屋」

アクセスは車が便利。道の駅の意匠は、一般的なものとはやや異なります。駐車場は狭く普通車13台とバス2台を収用。障害者用駐車区画は見当たりません。駐車場は施設の裏側にあり、「花の窟神社」方面へ進むと道の駅の商業施設「お綱茶屋」にでます。「お綱茶屋」のデザインは神社風の木造建築。部分的には座敷席など、車椅子で利用できない箇所があります。営業時間10時から17時。もちろんトイレは24時間利用可です。

道の駅熊野・花の窟

・参道は車椅子可

「お綱茶屋」から参道を通り「花の窟神社」へ。この参道は未舗装路ですが、固く踏みしめられた道なので、乾いていれば車椅子での通行は可能です。距離にして50mほど。途中に稲荷神社と龍神神社があります。ほどなく社務所である「参龍殿」に到着。ここには小さな資料室のような部屋もあり、神事の様子などが掲示されています。「参龍殿」を通り抜けるとご神体である巨石「花の窟」の前にでます。ここまで車椅子での移動に大きな問題はありません。

道の駅熊野・花の窟

・巨石は高さ45m

ご神体は見上げるような巨石です。高さ約45m。そこから大綱がご神木に繋がれています。参拝場所は窟の前。極めてシンプルな参拝場です。「花の窟」の前の参拝空間は未舗装ですが、ここも固く踏みしめられているので車椅子での移動は可能です。

道の駅熊野・花の窟

御神体が岩なので、神殿はありません。ここは日本最古の神社。他に類のない祈りの空間。現代的な意味でのバリアフリー上の配慮はありませんが、路面がドライなら車椅子での参拝は可能です。

道の駅熊野・花の窟

場所は海岸横を通る熊野街道沿い。「花の窟神社」の大祭は毎年2月2日と10月2日です。

想像する以上に車椅子で楽に参拝、見学ができます。世界遺産へ、車椅子でお出かけください。