韮崎大村美術館(山梨県韮崎市2016/01)

~先生の胸像があります、富士山と八ヶ岳を臨む高台に建つノーベル賞大村先生の美術館~

 

大村先生のノーベル賞受賞に湧く出身地韮崎。駅前周辺を中心に、お祝いの「旗」や「ノボリ」が無数に掲げられています。

 

先生の美術館はバリアフリー。入館料は各種障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

 

どちらも先生がオーナーの、日帰り温泉施設とお蕎麦屋さんが隣接。受賞を機に、観光スポットになりました。

 

場所は韮崎駅から車で5分程の高台の地。武田八幡宮の近くです。途中道路が狭くなり車のすれ違いができない区間があります。これは行政の責任で早期に改修していただきたい。今や、大型観光バスが来る観光スポットなのですから。

韮崎大村美術館

現地は美術館、温泉、蕎麦屋からなる複合集積です。高台の下部に大きな駐車場があり、大型観光バスなどはこちらの利用。車椅子利用者で美術館目的であれば、美術館の入口前の駐車場を狙うことをお薦めします。

 

ここに停められれば、傾斜路を通ることなくフラットに美術館入口へ。7台分くらいのスペースなので、満車確率は高いかもしれません。

 

障害者用駐車区画は、残念ながらありませんが、すべての区画が横幅に余裕があり、一般的なヒンジドアの車両なら、ドアを目いっぱい開放することができます。奥行きは一般サイズの区画なので、後部から乗降する場合はご注意ください。

 

美術館入口には、教え子一同から贈られた、大村先生の胸像があります。今や記念撮影スポット。皆さん先生の像と写真を撮っています。

 

入口はバリアフリー。館内に入るとすぐに受付があるので、障害者手帳を提示してください。無料入館券を発行していただけます。

 

受付の奥右側にトイレがあり、障害者用トイレが一つ併設されています。それほど余裕はありませんが、広さは車椅子での実用に耐えるぎりぎりサイズは確保。設備はフル装備でとても綺麗なトイレです。トイレは1Fだけ。2Fにはありません。

 

受付から先にちょっとしたお土産コーナーがあり、その先が1F展示室。女性アーティストの作品を中心に、コレクションが展示されています。展示室内はバリアフリー。車椅子での作品の鑑賞に問題はありません。

 

さて2Fへはエレベーターで。ここが唯一の鬼門。エレベーターはとても狭いホームエレベーター。一般的な車椅子1台と、やや無理をして介助者1名が乗り込むのが限界です。

重度障害者用の大型の車椅子は、エレベーターに入るかどうか微妙。リクライニングを起すなどが出来れば、ギリギリでしょうか。どうしてもエレベーターに車椅子が入らなければ、2Fは断念せざるを得ません。

 

2Fは鈴木信太郎氏の作品が並ぶ展示室と展望ギャラリー。飲み物の自販機があり、ギャラリーのフリースペースでお茶を楽しめます。

韮崎大村美術館

展望ギャラリーからの、韮崎の眺望は美しい。特に八ヶ岳はほぼその全貌が、富士山は5合目以上くらいがのぞめるのが印象的。この眺望が、大村先生がこの地を選んだ大きな理由だそうです。

 

2007年に大村先生が自費で建設し、自らのコレクションを収め、翌2008年に丸ごと韮崎市に寄贈された美術館。先生がノーベル賞を受賞する以前は、平日の入館者は30人程度だったそうです。正直に言って、私も存在を知りませんでした。

 

展示作品はとても個人コレクションとは思えないレベル。展望ギャラリーからの眺望は秀逸です。

 

今回休日に出かけましたが、受賞直後のような入館行列はありませんでした。眺望も楽しみの一つなので、出来ればお天気の良い日に、お出かけください。

昇仙峡(山梨県甲府市2016/01)

~坂と段差と老朽施設、車椅子での観光は大変です、難攻不落のバリア観光地~

 

景勝地「昇仙峡」。超メジャー観光地ですが、車椅子での観光は実に大変です。観光シーズン、メインの道路は土日通行止め。交通手段は「馬車」。車椅子では無理です。

 

もっとも昇仙峡らしい景観が楽しめる遊歩道は途中が階段。並び建つお土産屋さん、食事処はいかにも古い。さあ、それでも車椅子で観光に挑戦しましょう。

 

シーズンの土日は車両通行止めになるのが「渓谷道路」。車椅子での昇仙峡観光は、車を下りずに車窓からの眺めを楽しむのが基本。車が通れるのは、平日と12/1から4/30の間の土日です。

 

ルートは登り方面への一方通行なので、天神森バス亭方面からアクセス。この期間も馬車はウロウロしているので運転にはご注意ください。

 

途中に多くのお土産食事処が並びます。HPをもっているお店もあり、中には「障害者用トイレあり」とか「バリアフリー」などという告知があるお店もあります。

「渓谷道路」沿いのお店を利用する計画の場合は、事前にあたりをつけたお店に、電話でバリアフリーの状況を確認しておくことお薦めします。自分はこの店なら大丈夫、という確信をもって、ピンポイントでお店を利用した方が無難です。行き当たりばったりだと、きっと苦労します。

 

「渓谷道路」より昇仙峡の外側を走る道が「グリーンライン」。ここはオールシーズン車で走れる道。この道からも、チラチラ昇仙峡の奇観がのぞめます。

昇仙峡

「グリーンライン」沿いで、お薦めの休憩スポットは、「影絵の森美術館」に併設されている「森の駅 昇仙峡」。○○駅、というパターンで想像できるように、バリアフリーで障害者用トイレがあるショップ、お土産屋さんです。

昇仙峡エリアの中では、ダントツに新しい施設。現在のところ昇仙峡唯一の安心感のあるバリアフリーショップです。

それでも、入口などはややキツイ傾斜のスロープ。今どきのバリアフリーではないので悪しからず、です。それでも希少な「森の駅」。覚えておきましょう。

昇仙峡

「グリーンライン」を登った先、昇仙峡の上流に「荒川ダム」があります。このダムの周囲には、3カ所の駐車場があり、車椅子で車を降りて、ダムを眺めることができます。

この一帯で、車を停めて立ち寄れる数少ない場所。昇仙峡観光ドライブのついで立ち寄りスポットにどうぞ。ただし、あくまで普通のダムの眺めで、昇仙峡仕様ではありません。

 

更に「グリーンライン」を登ると「夫婦木神社」と「金桜神社」が観光地としてありますが、どちらも車椅子では全く歯が立たない神社。観光案内を見ると「金桜神社」は車椅子でもなんとかなりそうな印象を受けるかもしれませんが、絶対に無理です。車椅子利用者は寄るだけ無駄。車窓から眺めるだけにしましょう。

 

「グリーンライン」は韮崎に抜けるルートです。秋の観光シーズンは、昇仙峡の渋滞回避抜け道ルートとして紹介されていますが、この道はところどころ道幅が狭くなる山岳ルートです。やや運転には気を遣う道なので、ご注意ください。

 

また、昇仙峡から韮崎までの間、これといったバリアフリー施設は全くありません。トイレ休憩が出来る施設はないので、これもご注意ください。

 

昇仙峡の観光開発の歴史をみると、明治に始まり、大正時代に開発が進んだようです。現在の周辺道路インフラが完成したのが昭和40年代。おそらく基本的な観光設備は、そのころから40年以上、そのままです。

 

難攻不落のバリア観光地。車椅子利用者は、潔く観光シーズンは諦めて、オフシーズンの攻略法を研究しましょう。

≪スポンサーリンク≫

50代以上の方に好評のゆとり旅なら朝日旅行(安心のJTBグループ)

 

山梨県立リニア見学センター(山梨県都留市2016/01)

~リニア情報が満載、バリアフリー科学館「どきどきリニア館」2014年開業~

 

リニアの品川・名古屋間開業が正式に決まった2014年。新施設「どきどきリニア館」が開業しました。

 

正面のエントランスこそスロープ設計ですが、中に入れば完全バリアフリー。車椅子で快適に見学できます。

 

各種障害者手帳の提示で、本人と介助者一名の入館料が無料に減免。車椅子に優しい新施設です。

 

1997年に山梨リニア実験線で走行試験開始。同年「山梨県立リニア見学センター」が開設されました。

 

この当時からある施設は、現在では「わくわくやまなし館」というお土産屋兼観光案内所になっています。

 

山梨県立リニア見学センターへは、大月インターからアクセス。中央道富士吉田線が横を走っています。

 

山梨県立リニア見学センターの一般駐車場は、施設から少々離れた場所にあります。「障害者用は直進」という掲示があるので、車椅子利用者は一般駐車場には向かわずに、「どきどきリニア館」方面へ。障害者用駐車場があり、フェンスには「猿に注意」という看板が設置されています。

山梨県立リニア見学センター

リニア見学センターは高台にありますが、障害者用駐車場からならフラット移動可能。入館すると正面に受付があるので、障害者手帳を提示してください。

 

リニアの実験走行がある日と無い日では、混雑状況が違うものと思われます。今回の訪問日は実験走行無し日。とても空いています。実験走行スケジュールはHPなどで開示されているので、お好きな方は走行日を狙ってください。

 

新施設「どきどきリニア館」は3階建て。リニア実験線に隣接していて、どのフロアからも実験線を見ることが出来る設計になっています。

山梨県立リニア見学センター

「どきどきリニア館」1Fの目玉は「リニア試験車両」の展示。2003年に世界最高速度を記録した試験車両が、実物展示されています。

 

正面ボンネットの前は記念撮影スポット。観光地にありがちな、施設名と日付が入った看板が設置されています。

 

横のスロープを上がると、ホームの高さに。一車両、中を通れるようになっていて、車椅子でも利用可能。ただし「シートには座らないでください」というお約束になっています。したがって、車両の前部入口から入り、後部出口から出る。それだけといえばそれだけの展示です。

 

1Fには他に「リニア開発の歴史」というパネル展示コーナーなどがあります。

 

2Fには「ミニリニア」という乗り物があります。全長10mくらいの線路を、メカニズムはリニアと同じ2人乗りの「ミニリニア」で走るもの。これはお子様向けです。子どもの後ろに並んで、大人だけが乗れるモノではありません。

どうしても乗りたい大人は“ダシ”につかえる子どもを連れて並びましょう。ただし、車椅子対応はありません。

 

2Fのほとんどのスペースは、リニアの仕組みを解説する展示と、実験スペース。今回、実験スペースでリニアの仕組みの説明を聞きました。ここは車椅子のままで説明を聞くことが出来ます。

 

実験を織り交ぜながら、解説員が易しく仕組み話してくれるのですが、正しく理解するには様々な科学的な知識が必要。しかも解説時間は30分超。この実験解説プログラムは大人向きです。見ていると、小さい子どもは10分くらいまでが限界のようでした。

 

3Fには「リニアシアター」。10分弱のリニアのプロモーションビデオが繰り返し放映されます。

この「リニアシアター」の最後列の座席は「試験車両のシート」。1Fの「リニア試験車両」では座れないシートに座れます。リニアのシートは最後列だけです。座りモレのないようにご注意ください。

シアターは、スペースに余裕があるので、車椅子のまま視聴することができます。入口近くに段差箇所があるので、避けて通行してください。

山梨県立リニア見学センター

3Fのもう一つの目玉は「リニアジオラマ」。山梨の風景を再現したジオラマで、定期的に15分程のプログラムが展開されます。

プログラムといっても、ジオラマ内のリニアや電車、車などが動く程度。それほど動的でもないので、多くのギャラリーが5分程でいなくなりました。

2016年2月からは、新プログラムになるそうです。

山梨県立リニア見学センター

「どきどきリニア館」のエレベーターは一基。障害者用トイレは3フロア各階に配置。展示内容はそれほど豊富ではありませんが、全てを車椅子で見ることができます。

 

一方「わくわくやまなし館」は小規模なお土産屋さん。バリアフリーではありますが、わざわざ移動して寄るほどかどうかは微妙。ただし“ここだけリニアグッズ”は多少あります。また3階には実験線のための展望室があります。

 

「どきどきリニア館」の誕生で、リニア実験走行を見るだけのスポットから、観光スポットになりました。バリアフリーです。安心して車椅子でお出かけください。