障害のある子のキャンプ活動

~①キャンプ参加は狭き門 編~

 

ボランティア活動に支えられた、障害ある子を対象にしたキャンプがあります。一例として、社会福祉法人 日本肢体不自由児教会が主催するキャンプの事例をご紹介します。

 

夏休みに山中湖畔のYMCAセンターを宿泊所にして開催されるキャンプで、小学3年生から高校3年生までが対象になります。

2泊3日コースの「チャレンジキャンプ」定員20名、4泊5日の「高木記念山中キャンプ」定員36名、5泊6日の「手足の不自由な子どものキャンプ」定員55名、健常児と一緒に行く4泊5日の「フレンドシップキャンプ」定員約40名、などがあります。

障害のある子のキャンプ活動

どのキャンプも大変人気があります。夏休みのキャンプですが、参加の募集は春に行われ、子どもの状況を記した、書くのが大変なくらいのボリュームの書類で応募するのですが、例年定員を大幅に上回る応募があり、キャンプの参加が「当選」するかどうかは微妙です。情報によると、当選確率は50%以下のようです。狭き門です。

 

当落基準のもっぱらの噂です。前年参加した子は落ちる確率が高いようです。ただし、3年連続で当選した子もいますので、絶対的な条件ではないようです。

 

参加する子ども間で、グループを編成してキャンプ中は生活をします。そのためグループに組み込みにくい子、つまり同じような障害のレベルの子が少ない子は落選する、という説があります。こちらは検証不能な噂です。

男女別にグループを組みます。男女とも同じグループ数をつくるとなると、結果的に男女がほぼ同数当選します。例年、応募者は男子の方が多いようで、男子の当選確率が低い、というのは本当のようです。

 

障害の質によって当落がある、という説もあります。コミュニケーションが取れない子、自傷行為が激しい子はキャンプ生活が難しいということで、当選確率が低いという説です。ただそういうタイプの子が参加している事例もあるので、いちがいには言えない噂です。

 

参加費用は、実はそれほど安くはありません。家庭の事情により減免措置もありますが、通常は2泊3日で3万円台、4泊や5泊だと5万円から6万円程度かかります。

ただし、すべてコミコミで、一人対一人以上の数のボランティアスタッフや、医師など専門家も帯同しますので、実費としては一人あたりの費用の3倍くらいはかかるそうで、不足分は支援企業の協賛金などから賄われています。

障害のある子のキャンプ活動

なかなかの参加費でも希望が多いといのは、学齢年代の障害のある子の夏休みの過ごし方に、多くのご家庭が悩んでいることの現れでしょう。親としても、子としても、長い夏休み期間を24時間ずっと一緒に過ごすのは、ちょっとキツイ生活です。キャンプの人気の理由はここにあります。

 

さて、難関をくぐりぬけて無事「当選」したら、次は「面接」になります。

 

 

 

~②キャンプ事前面接 編~

 

6月頃には、障害のある子向けキャンプに「当選」した子ども達が一堂に集められて、スタッフの面接や医師による検診を受けます。この時点で、子ども達のグループ編成は終わっています。受付をすると、その子を担当する予定のスタッフが紹介され、以後一緒に行動します。

キャンプによってメニューは多少違いますが、事前面接の流れはだいたいこんな感じです。

 

同じグループの子どもが集合して顔合わせ、リーダー格のボランティアさん、個人を担当する学生ボランティアさんなどが紹介されます。皆で歌ったり絵を書いたりと、遊びの時間があります。全体では遊びを続けながら、順番にリーダークラスのスタッフの面接を受けます。

 

学生スタッフさん、正直にいうと頼りない感じのひとが多いです。まだ学生さんですからしょうがないですね。でも実は、このキャンプに参加するために、数度の研修を受けているそうです。本番までには、更に重ねて研修を行います。学生ボランティアさんも、ただいけばいい、ということではありません。

 

面接では、キャンプ生活上での注意点について、確認が行われます。常備薬、排泄の方法、食事の注意など、家族がなるべく細かく具体的に、その子の障害に応じて、スタッフに知っておいてもらいたいことを説明します。

特にキャンプ初参加の子どもは、双方がおっかなびっくり状態です。なるべくその子の障害の実際が理解されるように、じっくり話し合いをします。

キャンプ直前には、担当スタッフから電話が入ります。その時点での体調や注意点など、再確認が行われます。

 

スタッフとの面接が終わると、最後に医師の健康診断です。主に内科的な観点からのチェックがあり、「キャンプ参加可」というお墨付きをいただきます。キャンプに一緒に随行する医師もいます。不安な点があれば、遠慮なく相談、申告をして、万が一に備えます。

 

これで、事前面接が終了です。次はいよいよキャンプ本番です。

 

 

 

 

~③キャンプ生活 編~

 

キャンプ当日、持ち物すべてに名前を書き、体調を整えて集合です。チャーターバスで山中湖に向かいます。もう一台チャータートラックもあり、マイ車椅子はトラックに乗せられます。

普通の観光バスです。まったく歩けない子は、スタッフが担いで乗せて、担当のボランティアさんと並んで乗車します。出発を泣いて見送る保護者が、本当にいます。いろいろな思い、複雑な心境なのでしょう。

 

山中湖のYMCAのお部屋は、2段ベッドになっています。下段に子ども、上段にスタッフが寝ることが多いそうです。何かあると大変なので、スタッフは交代で「寝ずの番」をしてくれます。

障害のある子のキャンプ活動

食事は皆で楽しくとります。お昼はバーベキューや流しそうめんなど、イベント性のある食事企画になります。その他にも湖でのカヌー体験や、夜はキャンプファイヤーなど、一般の子どものキャンプと変わらないメニューが用意されています。

 

お風呂も頑張って入れてくれます。慣れないボランティアスタッフにとって、障害のある子をお風呂に入れるのは大変だと思いますが、事故に気を付けながら、お世話をしてもらえます。

 

キャンプ中に万が一何かあった場合は、保護者に連絡がいきます。ということなので、キャンプ中も、連絡がつくようにする義務が保護者にはあります。海外旅行に行ってはいけません。

ただ、長い夏休みの期間に、親と障害のある子が離れて過ごす希少な時間です。お互いにリフレッシュするように、楽しく過ごします。過去の実績では、重大な事故は発生していないそうです。

障害のある子のキャンプ活動

お帰りです。行きと同じく、バスで帰ってきます。家族は集合場所にお迎えです。バスの窓から家族を見て、ニヤッとする子もいますし、知らん顔の子もいます。子どもの引き渡し時に、スタッフがキャンプ中の子どもの様子を教えてくれます。また、キャンプ中にやったこと、毎日の様子などは、スタッフが日誌に書いてくれています。家に帰って読むと、様子がよく解ります。

 

後日「振り返りの会」を開催するキャンプもあります。キャンプでとった写真や、製作した作品などもいただけます。年々個人情報管理が厳しくなってきているので、最近はありませんが、以前は一緒にキャンプに行ったお子さんの名前や連絡先なども交換されていました。

 

自己表現がうまくできない障害のある子の場合、キャンプが楽しかったのか、いやだったのか、よくわかりません。

それでも安全に行ってこられて、家族以外との他者との関係を経験できたことは、きっとプラスになると思われます。

希望する障害のある子が、みんなキャンプに参加できる社会になるといいですね。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

重度障害がある人の年賀状は、ほとんどが写真付

障害のある人やそのご家族から、年賀状をいただきます。

 

それをみると、重度の障害がある子どものいるご家族からの年賀状は、ほとんど例外なく重度障害のある子どもの写真付きの年賀状です。一般的な傾向としては、子どもの写真付き年賀状は、せいぜい子どもが小学生まででしょうか。中学生の子どもの写真が付いた年賀状は、あまり見かけません。

 

親にその気があっても、写真付き年賀状は子どもが嫌がるようになります。重度障害の子どもの場合は、自分で嫌がることも出来ないので、20歳を過ぎても、親がその気がある間は、写真付きの年賀状が続きます。障害のある本人の意思ではありません。あくまで家族の趣向です。

 

日常的に会うことがなくなった障害のある子どもの写真をみると、年賀状はこれだな、と毎年思います。一目瞭然、その子の今の様子が解ります。選りすぐられた写真です。どこのどんな場面で、どのような服装で、どんな車椅子に乗って、どんな表情をしているかで、その子の健康状態、知能や精神の発達の状況が、おおよそ推察できます。

 

就学年代の重度障害の子どもの年賀状の写真でよく選ばれるのが、学校の文化祭での自分の発表シーン“出番”のスナップです。どこの学校も、各自の文化祭の“出番”は、その子の障害の状況、個別課題の設定内容によって決まります。したがって障害に対する知識があると、文化祭の“出番”のスナップ一枚で、その子の昨年の状況がつかめます。

 

家族でのお出かけ先の写真も多いですね。どう見ても海外旅行の写真、という年賀状もよくいただきます。重度障害の家族を連れての海外旅行は大変です。家族の思い出に、お父さん、お母さん、頑張ったことが伝わってきます。

 

重度障害の子どもの近況を、1行2行のコメントで伝えるのは難しいことです。写真があると、それだけで伝わります。本人だけではなく、家族をはじめ周囲の支える人たちの気持ちも、写真に写ります。ただ、そういう深い読み込みが出来るのは、障害に対して“心得”のある人に限られるかもしれません。読み手側に、知識と経験が必要です。

重度障害がある人の年賀状は、ほとんどが写真付

写真付きの年賀状を、自分でササッと作成する親の世代が、いまでは60歳代くらいまで広がっているでしょうか。さすがに70歳代の親の方作成の写真付き年賀状は、見た覚えがありません。

年賀状文化がいつまで続くのかは解りませんが、それくらいの印刷技術をもった親が70歳80歳に、いずれはなっていくのでしょう。そうすると、50歳60歳になった重度障害の自分の子どもの写真を付けた年賀状が、世の中に出回るようになるのでしょうか。どんな写真が親によって選ばれ、どのようなコメントが記されるのか、ちょっと楽しみです。

 

年の初めに、成長が案じられる障害のある人の、笑顔の写真を見るのはいいものです。重度障害のある家族のいる皆様、今年も健やかに過ごし、素敵な写真をたくさん撮ってください。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

車椅子で海水浴を楽しむ

茨城県大洗海水浴場が先鞭をつけたバリアフリー海水浴。近年徐々にですが全国に波及しつつあります。いいですね。優先駐車場の確保、広々したバリアフリー更衣室の設置、そこまで行けるスロープの配置、そして水陸両用特殊車椅子の配備。ハードウェアとしては、このあたりがバリアフリー化への武器になります。

 

海水浴をしよう、ということですから、車椅子の人とはいっても、ある程度以上の元気のある人の利用が前提です。当たり前ですが、陽を浴びて、海水に入ることが出来る人が対象です。基礎体力のある幼年から青年期の車椅子の人、メインターゲットはそういうイメージです。

車椅子で海水浴を楽しむ

旧来型海水浴場のバリア度合いを確認しておきます。

駅や駐車場からフラットな通路だけで行ける海の家はほとんどありません。海の家の前までたどり着いても、海の家は高床式ですから、ほとんどの場合段差があります。屋内は座敷方式が主流、椅子方式は稀。着替え処、シャワー処は狭くて健常者でも大変。そして砂浜は車椅子の敵。すぐにスタックして動けなくなります。

 

更に、車椅子に濡れた砂が入り込むと実は厄介です。本当に泣きたいくらい、しつこく砂が入り込み、水洗いしてもなかなか綺麗にとれません。しばらくの間、何処からともなく砂がパラパラでてくる車椅子になってしまい、屋内での利用に困ります。

車椅子で海水浴を楽しむ

さて、バリアフリーのためのハードウェアが揃った海水浴場で遊びましょう。

最大の武器は、水陸両用の特殊車椅子です。太いタイヤが特徴で、砂に負けずに進めます。そのタイヤに空気が入っているので、海中では浮力がつきます。乗ったまま海水に入ると、腰の高さまで海水につかるくらいの設定がベストです。猛者なら、ちょっと波の荒い海水浴場でも挑戦できます。

 

安全面での配慮です。海中での転倒リスクはあります。必ずライフジャケットなどの救命具を使用しましょう。そして、車椅子の人1名に対し、可能であれば2名の介助者がつくことをお薦めします。

 

バリアフリーとはいっても、やはり移動はたいへんです。よほどの体力自慢の介助者でなければ、二人いたほうが無難です。そして万一海中で落っこちたり、ひっくり返ったりした場合、二人がかりの方が確実に救出できます。

 

そして気をつけたいのは、他の人に車椅子をぶつけて怪我をさせたりしないこと。混みあう場所での入水は避けましょう。大洗のビーチでは、専用海中区画も用意されています。

 

水陸両用の特殊車椅子。よくあるタイプで、一台25万円から30万円くらいするようです。高いですね。海水浴場は、一般にせいぜい2か月間の営業。それ以外の期間は、海の家系の施設は撤去しなければなりません。

車椅子で海水浴を楽しむ

夏の短期間だけの利用で、毎年ルーチン的に撤去をしなければならないスロープや更衣室を設置するわけです。効率が悪いバリアフリー投資ですね。

 

こういう経済的な課題があるので、すべての海水浴場をバリアフリー化するのは大変だと思います。

 

せめて全国の各エリアに一か所くらいバリアフリー海水浴場が出来て、何処に住んでいる車椅子ユーザーにも利用できるビーチがある。先ずはそのレベルを目標にしましょう。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】