疲れをしらない自閉傾向の子

自閉症やその周辺の病気。単純にひとことではまとめられない多様性があります。

 

分類され体系化されていますが、現実は一人ひとり違うというしかありません。したがって「多動」といわれるタイプの人も、その多動の実際は一人ひとりで違います。

その場でクルクル回り続けるような人、外にでた瞬間に突っ走り始める人から、じっとしていることが出来ないというレベルの人まで、動き方からして様々です。

 

人間、周りのことを忘れるくらい夢中になることがあるのは、良い面もありますが、やはり自閉傾向で多動な人の動きは近親者にとって大変です。一日中こどもを追い回しているお母さん、慰める言葉もありません。

疲れをしらない自閉傾向の子

一般的には10歳くらいまでが、周囲の人が大変という意味での、多動ピーク年齢の場合が多いようです。よく、目的があって動くのは多動ではなく、目的なしで飛び出すのが多動だ、という言い方がされます。当人にとっては、目的があるのかもしれませんが、傍から見ると確かに意味が解らない動きをします。全く不可解としか言いようがありません。

 

一日中飽きもせずに、同じ行為を続けている人がいます。例えばDVDの同じ場面をずっと繰り返して見る。10秒見たら戻してまた見るようなことをしています。

水が好きな人もいます。ほっておくとずっと水を撒いて遊んでいます。疲れ知らずの人のなかで、やはり周囲が一番疲れるのは、走り回る人でしょう。

 

よく一秒目を離すといなくなっている、といわれますが、まさにそんな感じです。よちよち歩きの幼児でも、やってくれます。本当に躊躇なく車道に飛び出す人もいます。幼稚園年代になると、もはや親は体力負けしてきます。ずっと動き回る人の後を、真面目に追いかけていると体が持ちません。

疲れをしらない自閉傾向の子

この大変さ、経験の無い人にはうまく伝わらないかもしれません。人間の限界を超えた力をもっている、異次元の生物を追いかけているような気分になります。肉体も精神も、疲労の限界がきます。

 

疲れを知らない人は、動き回るばかりではなく、知的な面、コミュニケーションの面で、いろいろな課題があり、周囲と軋轢を生む場合が多いのです。

 

ポピュラーなのは自傷行為やクレーン現象。泣く、叫ぶ、騒ぐ。なぜか冷蔵庫の中のものを出す。電気をつける、消す。なんとか会話が成立すると、まだ心の持ちようがあるのですが、それも難しい人の場合、周囲のストレスはたいへんなものがあります。

疲れをしらない自閉傾向の子

とても悲しいことですが、本当にわが子に手をかける人がでます。実際にそうしなくても、考えてしまったことがある人は、おそらく大勢います。

 

疲れをしらない人を抱えた家族は、悩んでいます。ぜひ暖かい目で、理解のできない動きをする人を見てあげてください。

車椅子が入らない障害者用トイレ

いわゆるバリアフリー法施行以後、新しい施設では障害用トイレが設置されるようになりました。嬉しいことです。しかし車椅子ユーザーから見た場合、狭くて使えない、または使いづらいトイレが多々あります。実際にどんなトイレがあるのか、ご紹介します。

 

○どう考えてもサイズが小さいトイレ

なんでこんな設計をしたのか、間違いの原因さえわからないような、絶対的に狭いトイレです。名前は出しませんが、ある回転寿司チェーンでは、複数店舗でみたことがあります。個人経営のお店はともかく、チェーン店は確信犯なのかもしれません。

 

○ドアの開閉が難しいトイレ

デザイナー系の設計に多いパターンです。便器や調度品はカッコイイのですが、ギリギリの広さで、お洒落な折り戸や、うち開きのドアを採用して、実用に耐えなくなってしまったトイレです。普通の引き戸にしてくれればよかったのに・・・、と残念なことになっています。カッコイイ洒落た建築物によくあるパターンです。

車椅子が入らない障害者用トイレ

○なぜか大きな収納棚などを置いてしまっているトイレ

経験上、地方の一戸建て式レストランなどで、ママあるパターンです。ズバッといえば、物置になってしまったトイレです。介助者がトイレ内を整理して使用します。ある意味笑い話の領域に到達するような、もの凄いことになっているトイレに出会ったことがあります。

 

○たどり着くまでが手狭で苦労するトイレ

トイレに行く通路部分に物を置いてしまっているパターンがあります。設計が古いスーパーなどでたまに出会います。介助者が障害物をどかしながら進むイメージです。もう一つは、混雑時のファミレスなどの外食施設です。ウェイティング客をかき分けながら、トイレに進む必要があるパターンです。これ結構苦労します。

車椅子が入らない障害者用トイレ

 

スバラシク利用しやすい障害者用トイレは沢山あります。その一方で、何これ、というトイレも時々出会います。利用者の立場から声を出して、設計と運用の両面から、これからのトイレのスタンダードを確立していきましょう。

車椅子でお出かけするときの要注意施設ジャンル

今までの経験から、あっと驚く段差やバリアがありがちな施設をご紹介します。

 

車椅子でお出かけして、実際にハマったことのある「落とし穴」です。

 

個々の施設の状況は変化しますし、ご紹介する要注意ジャンルの施設でもバリアフリーなところは勿論あります。

 

それでも以下のジャンルの施設をご利用の際は、事前によくバリアフリー状況を確認されることを推奨します。

 

○駅の東西自由通路

南北の場合も同じですが、駅の線路の反対側を行き来できる通路がよくあります。この通路、途中に段差がある場合があります。よく確認して移動経路を計画しましょう。

 

○(首都高速の下などにある)公営系の地下駐車場

地上までは階段のみ、という駐車場があります。障害者手帳の提示で料金減免があっても、エレベーターがないこともあります。この場合、HP上の情報はほぼありません。電話をして確認することが必要です。

車椅子でお出かけするときの要注意施設ジャンル

○高速道路の高速バスのバス停

高架の高速道路のバス停だけではなく、地面の上にある高速のバス停からでも、ほとんどの場合段差があります。高速バスがバリアフリーでも、乗降するバス停の状況を事前に調べましょう。

 

○歴史あるデパートのトイレ

昭和の頃のデパートは、なぜが階段の途中にトイレがあります。大きな建物の中に、障害者用は後付の一個だけ、という施設も珍しくありません。歴史あるデパートが撤退して、その後が雑居ビルになっているようなパターンだと、障害用トイレがゼロの可能性もあります。経験上、地方都市の駅近くにある「元デパート」の施設は要注意です。

車椅子でお出かけするときの要注意施設ジャンル

○小型の観光船

サンゴ礁が鑑賞できる観光船、渦潮見学の観光船など、小型の観光船のHPをみると「車椅子OK」、「スタッフがお手伝いします」ということによくなっています。実際に行ってみると、エー、という経験が複数回あります。すべてがそうだとは言いませんが、事前によく話を聞くことをお薦めします。

 

まだまだありますが、先ずはここまで。ご参考に。