脳の検査

病気になると検査はつきものです。障害のある人にとって病院は切っても切れない縁。初診時に限らず、定期的な各種の検査を受けることになります。なかでも厄介なのが脳の検査です。CT/MRIによる撮影と、脳波の検査が主になります。

 

各種の障害によって、じっと静かに検査を受けることができない人の場合です。もちろんその人の“騒ぎ方”のレベルやタイプにもよりますが、一般的な難易度順でいえば、比較的簡単なのはCT、次に脳波、最難関はMRIになるでしょう。

 

CTの場合、撮影時間が短く、且つ介助者が付くことできます。当事者には寝台に寝てもらい、介助者が防護服を着て横につきます。

女性よりも男性が被ばくリスクは少ない、ということになっているので、男性家族が介助者に指名されるケースが多いようです。防護服といっても、通常はエプロン状の簡単なものが用意されます。これを着用して、撮影時に頭が動かないように、手で頭を押さえるイメージです。

経験上のことですが、ちょっとでも頭が動くと、見事に写真がブレます。多少ブレても、診断上大きな問題は解りますが、やはり詳細な状況は見難くなります。そうとう力を入れて頭を押さえても、当事者の動きに負けます。激しい動きが出る場合は、睡眠薬を使うなどの手段が必要でしょう。

脳の検査

脳波検査の場合、頭に電極を付けた状態で、最低でも30分、通常なら1時間以上安静にしている必要があります。

電極を付けた段階ですぐに外してしまうタイプの人は、睡眠薬で眠らせるしかないでしょう。CTとは違い、多少の動きは大丈夫です。介助者がそばにいて、1時間おとなしくしていられる人なら検査を受けられます。

体はジッとしていられても、精神的に強く興奮してしまう人は、睡眠薬利用のほうが適正な検査になります。

 

MRIは、検査時の音が大きく、且つ介助者が押さえることが出来ません。時間的には数分程度ですが、それに耐えられるかどうかです。時々ちょっと首が動いた、程度なら何とかなりますが、激しく動くと検査になりません。なかなか難しい検査です。

 

さて、難しいなら睡眠薬で、と記していますが、睡眠薬を上手に使うのは、これがまたとても難しいことです。検査に睡眠薬が必要な方は、飲ませるところで難しい方が多く、検査させたい側が思うようには飲んでくれません。経口のタイミングが早くても遅くても、うまくいきません。薬の量も多過ぎず、少な過ぎず、です。

検査が始まるのになかなか寝ない、寝ていたのに起きた、検査が終わっても起きなくて帰れない、などトラブルが続出します。検査の間2時間だけぐっすり寝てもらう、というのは至難の業です。覚悟してください。

 

てんかんも含めて、脳に関わる障害のある人は、医師の指示にしたがって定期的な健診をうける必要があります。受診がたいへんだからといって避けずに、医学的に意味がある脳の検査はちゃんと受診しましょう。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

障がいのある幼児の専門病院での受診

~①コンタクト編~

 

ご家族、特にお子様になんらかの障害の疑いがある場合、専門の病院と関わることになります。ほとんどの方が初体験のこと。今回は発育に遅れがあり、生後1年検診で脳性麻痺障害の可能性を指摘されたケースを想定して、専門病院へのコンタクトの実際と注意点をご紹介します。

 

1歳になると、一般的には様々な運動が出来るようになります。その一般水準に比して、運動的な反応の発達が遅い場合に脳性麻痺(以下CPと記します)が疑われます。1歳になるまでにも、首のすわりが遅い、手足に緊張があり突っ張っている、な どの状態があると、CPの可能性が疑われます。

障がいのある幼児の専門病院での受診

現在の日本では、積極的に障害の可能性を検知し、早期の専門医療受診を促す医療方針です。したがって一般検診では、疑いがあれば早めに専門医への受診を薦めることになっています。わが子の症状を想像していなかった場合、親はショックでしょうが、一般論としては早期の受診をお薦めします。

障がいのある幼児の専門病院での受診

一般検診を担当した医師が、専門病院に紹介状を書きます。お住まいのエリアによって状況は変わりますが、「この3つの病院をご紹介できますがどこがいいですか」という医者の話がある場合、すなわち複数の病院を選択できる場合は、ぜひ一度現地現場を見学されてから決めることをお薦めします。その病院を以前からよく知っている場合は別ですが、近くを通ることはあっても中は全く知らないことが多いと思います。

 

といっても、病院の医療自体の評判を正確に把握するのは困難です。あの病院は・・・、という噂があっても、簡単にそれを信じてはいけません。短期間でできることは、病院のハード施設の確認です。車で通院したい場合なら、利用し易い駐車場があるかを確認します。電車やバスでの通院なら、雨の日に行けるかどうか、などを確認します。それから重要なのは、施設の綺麗さや、雰囲気です。これらの見た目で解る状況だけでも確認して、病院を選びましょう。

 

紹介状をいただけたら、専門病院に初診の申し込み連絡を入れます。大概の病院は、初診を担当する医師が決まっていて、初診受付の予約は相当先まで埋まっています。そんなに先なの、という初診日の候補が伝えられると思いますが、めげないで下さい。むしろその期間、疑われる病気について、いろいろと勉強を進めておきましょう。

 

 

~②初診編~

 

初診を受けると、療育が必要であるか、つまり病院として受け入れるか否かを判断されます。限られた受診時間の中で、なるべく正確な状況を医師に理解してもらう必要があります。日頃の様子のポイントなどを説明できるように、家族も頭をよく整理。日常の生活の様子を、写真や動画にとっておくのも有効な手段です。気になることを中心に、正確に状況が伝わるように工夫をします。

 

診察の最後には、診療、療育の必要性の有無について、医師が判断をします。気を付けたいのは、この有無の判断が、そのまま障害の有無であり将来の状況を判断しているということではない、ということです。

あくまで、1歳の現時点において、専門的な診療や療育を受けることが、将来にわたる予防的な医療という点でも価値があるという判断をされたと考えてください。したがって家族は、安心も絶望もするべきではありません。

 

療育の必要性を認められた場合です。CPは病気として脳の障害による身体障害の病気です。ただし一般に、内臓疾患などの別の身体的な病気や、知的障害やコミュニケーション障害を併発する可能性が高い病気です。専門病院では、総合的な見地から、今後のあらゆる可能性を考慮した医療行為が行われます。そのための受け入れ態勢、担当医師団の編成準備が始まります。

 

標準的な医師団の体制は、主治医としての内科医、身体障害面を主に診る整形医、そして日常的なリハビリテーションを担当するPT、OT、STの技師により構成されます。PTは理学療法士で、主に体の動きの発達を支援します。OTは作業療法士で、主に手を使った作業力の向上を中心に発達を支援します。STは言語の発達の他に摂食指導も担当します。

 

1歳児の場合は、まだOT、STには早いと判断されることが多いはずで、PTからのリハビリテーションから始まるでしょう。ただし、この医師団の予定も、相当先まで埋まっている可能性が高いです。月単位での待ちがあって、医療が始まることが多いでしょう。

障がいのある幼児の専門病院での受診

検査としては、血液検査、脳波検査、そしてCT検査またはMRI検査が行われます。血液検査は無理やりの採血です。健康状態の様々なデータが取れるので、かわいそうですが注射針を刺します。

脳波は主にてんかんを検査します。ほとんどのてんかんは薬で制御できるので、早期発見が望ましい病気です。

CTやMRIは脳の障害状況の検査です。明らかな傷が見える場合もあります。ただし、脳の傷につける薬は残念ながらありません。

脳波検査やCT・MRI検査は、一定の時間じっとしてもらう必要があります。そのため睡眠薬を飲ませて眠らせます。1歳くらいなら、ミルクに混ぜて飲ませる方法が一般的です。検査がうまくいくように、頑張ります。

 

以上、CP疑いの1歳児が、専門病院に関わり始めるケースのあらましです。

 

残念ながら、何らかの障害と向き合うことになった場合、病院とは長い付き合いになります。日常的な通院が、なるべく楽に出来る良い病院があればいいのですが、なかなかそうはいかないもの。病院の近くに引っ越すご家族も多いです。そういう家族の実例も、ご紹介していきます。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

身体障害のある子と整形外科とのお付き合い

脳性麻痺など身体障害のある子どもは、必ず整形外科と関わります。特別支援学校には、学校医として整形の先生がいて、定期的に「整形診」と呼ばれるメディカルチェックが行われます。

整形外科の領域ですので、外科的な医療についての議論が行われます。身体障害のある子どもの家族にとって、外科的な医療の是非はとても悩ましい問題です。

 

身体障害のある子といっても様々ですが、本稿では主に脳性麻痺の場合のよくある悩みをご紹介します。

 

脳性麻痺は残酷な病気で、年齢とともに骨格の、いわば奇形が進みます。進行性の骨格異常の病気という側面もあると思ってください。

年少の頃からよく発生するのが足です。足首、ひざ、股関節の異常が出現し、ほっておくと奇形が定着してしまいます。骨の成長が止まる前、つまりゼロ歳から10歳までくらいの間に、手術をするべきかの判断を迫られます。

 

手術についての専門的な詳述は避けますが、奇形する箇所を手術で切って正し、ギブスなどで固定して定着させ、リハビリで運動機能を回復させる、そういうイメージです。

だいたい医者は簡単に言う傾向がありますが、大手術で、長期の入院が必要で、正しいリハビリが重要です。

身体障害のある子と整形外科とのお付き合い

子どもにとってみれば、傷は痛み、ギブス固定での寝たきりを強いられ、その後に痛みをともなうリハビリを強要されることになります。ただし、手術をするなら、一般的には10歳くらいまでです。「このまま足が曲がったままでいいのですか」などと医者から言われて、家族は悩むことになります。

 

手術の他に、薬による治療もあります。奇形の進行をとめるために、短期入院して点滴で薬剤を投与し、その後のリハビリにつなげる、などのパターンも。体の緊張を緩める薬剤の注射による投与という方法もあります。こちらは、大人になってもある種の緊張性の障害のある方には、適用される治療です。手術、薬剤、リハビリが組み合わされて、整形外科的な医療が行われます。

 

運動機能を発達させる、あるいは機能低下を抑える、運動を補佐する、などの目的で、各種の装具が開発されています。足首をサポートするための装具や、その子の足の形に合った装具靴などがポピュラーです。

 

これら各種の装具の判断も整形外科の領域です。車椅子も含めて、これらの福祉医療器具に公的な助成を得るためには、資格を有した整形外科医の「治療のために必要です」という一筆が必要になります。そのためにも、整形外科との付き合いは欠かせません。

 

身体障害の内側の世界にいないと、なかなか見えない障害児にとっての整形外科の世界のご紹介でした。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】