障害のある人とエジソン箸

アイディア商品のロングセラー、エジソン箸のご紹介です。

2本の箸がつながっていて、指を通す輪がついているお箸で、元々は子どものお箸の練習用に考案されたものです。それが、手に麻痺のでた大人用に転用され、福祉機器の一つに進化しました。最近は、和食に挑戦する外人さんにも利用されているそうです。

 

現在では、ものすごい種類のエジソン箸が販売されています。

右手用と左手用があり、サイズが小児用から大人用まで用意されています。指を通す輪の位置や、輪の大きさも様々で、手の大きい人用、指が太い人用などもあります。カラーバリエーションの設定があるシリーズもあります。

 

お蕎麦、ラーメン、お刺身など、フォークではなくお箸で食べたいですね。通常のお箸の利用が難しい障害のあるお子さん、大人の人、ぜひエジソン箸に挑戦してください。

障害のある人とエジソン箸

利き腕に麻痺がある人は、反対の手で挑戦する価値があります。経験上のことですが、脳性麻痺で知的障害もある小学生で、スプーンとフォークの利用も不完全な子が、3か月ほどの練習で何とかエジソン箸を使えるようになった事例を知っています。

 

指をしっかり動かす機能が弱くても、グーパーが出来れば何とかなる可能性があります。

人差し指が単独で動かせれば、人差し指一本だけを輪に通して、もう一本は残りの指全部で支えるような使い方でも、何とかなる可能性があります。

医療行為としてはOTの領域です。その人なりの持ち方や動かし方を編み出して、お箸での食事に挑戦しましょう。

 

お値段は1000円前後ものが主流です。使用方法次第でしょうが、麻痺のある手でやや強引に動かす使用を続けていると、指を通す輪が切れたり外れたりすることがママあります。

手に合ったエジソン箸をみつけたら、数本まとめ買いをしておくことをお薦めします。

身体障害を補助する装具

装具。

一般には馴染みの無い用語ですが、身体障害の世界ではよく使われます。身体障害を補完する、あるいは医療的に矯正する、もしくは障害の進行を防止するための道具、というような意味です。

義足や義手、車椅子なども装具ですが、こういうメジャーなものではない、一般にはあまり知られていない装具について、以下3種類をご紹介します。

 

 

・靴と靴の中敷き

装具としては別々の存在ですが、普通は一緒に製作します。

下肢障害がある人の場合、足首から足の裏にかけて変形があることや、そもそも動きが悪いことなどがあり、市販の靴が履けないことが多いのです。仮に全く自立で立つことが出来ない人でも、靴は必要です。医療的に必要が認められる場合は、公的助成の対象にもなります。

 

オーダーメイド品になります。石膏で足型をとることから始まります。使用者の足の裏の形にぴったり合った中敷きが、ハンドメイドでつくられます。

靴はイージーオーダーになることが多いです。基本の形をベースに、使用者の足の形に手作業で修正が加えられます。

足の変形が大きく修正では対応できない場合は、フルオーダーメイドになります。

 

という製作になるので、大変高価な靴と中敷きです。おおよその目安として、最低で5万円から、とご紹介しておきます。

 

 

・下肢補装具

一般的な解り易い固有名詞がついていない装具です。

靴に下肢の動きを支える「支柱」がついている装具で、膝までの短い支柱のタイプ、大腿部までのタイプ、腰まで伸びているタイプがあります。

 

すべて使用者のサイズに合わせたセミオーダーになります。デザイン性に富んだものはほぼなく、武骨なデザインの靴部から、金属剝き出しの支柱が伸びている感じです。

 

下肢に障害のある脳性まひの幼児に処方されることも多く、しっかり歩けない幼児がこれをつけていると、ちょっと見た目は痛々しいですね。

 

実際、使用すると器具のあたり方や、そもそも無理に歩く練習をするので、痛いことがあるようで、使用をいやがっている幼児を見たことがあります。

オーダーメイドの装具といっても、限界はあります。

 

 

・クラッチとヘッドギア

杖と保護帽の組み合わせです。

歩行の補助具のクラッチ(杖)は、握りの部分に工夫があり、上肢にも障害があっても、使いやすく、且つ事故が起こり難いようになっています。

 

杖の長さや握りの形状は、使用者に合せてセミオーダーされます。また杖の下部、つまり地面との接地部分には、すべり止めのラバーが付き。一生懸命使用して歩いていると、数か月ですべり止めのラバーが摩耗するので、メンテナスが必要な装具です。

 

ヘッドギアは転倒時のために用意されます。あまりデザインされたものは無いですね。武骨なものが主流です。

身体障害を補助する装具

 

ご縁の無い方は、一生見ることがないかもしれないマイナーな「装具」です。オーダーメイド装具の世界、まだまだあります。続編をご期待ください。

電動ベッド

身体障害のある人の強い味方、電動ベッドです。

単純な背もたれアップ機能程度のものだと、最近は3万円くらいの低価格品からあります。もちろん高いものは高いですが、介護保険によるレンタル対象にもなるので、リーズナブルに利用できます。布団や通常のベッドで苦戦している人は、現実的なものとして電動ベッドの活用をご検討ください。

 

電動ベッドもどんどん進化しています。動きが多彩です。車椅子ユーザーにお薦めなのは、高さ調節機能付き。自分の移動しやすい高さに調整できる機能です。車椅子の座面の高さに合わせることで、水平にベッドと車椅子を移動できます。つかまり立ちが難しい人には絶対にお薦めです。介助の人も楽ですよ。

 

ベッド自体の動きが細かく制御出来ます。背中と膝と寝る全体部分が、それも左右別々に動くものがあります。更には、頭部や足の部分だけを、独立して動かせるものもあります。ベッド全体が思うままに、極端にいえば「ぐにゃぐにゃ」に動きます。メイン部のモーターが4つあるベッドが、現在の最高ランクのようですが、きっと5モーター6モーターと、「思うまま度合い」がこの先も向上していくのでしょう。

電動ベッド

寝たきりの人に朗報です。もっとも恐ろしい「褥瘡(じゅくそう)」を予防してくれる、自動で寝返りに近い動きを定期的にしてくれる電動ベッドがあります。このベッドを使用して、褥瘡になりかけていた部位が綺麗になった寝たきりの高齢者を知っています。効果あります。

介助の人も、定期的な寝返りの補助、まくらやタオルをあてて向きを変えて、などを定期的にするのは大変です。お困りの方、自動寝返り機能付きの電動ベッド、お試しください。

 

サイドレールやテーブルなどの付属品も、豊富な品ぞろえ有り。使用者の障害に応じて選びましょう。

腕の力を使って「エイヤッ」と起き上がる人や車椅子に移動する人の場合、丈夫な手すりを選んで下さい。手すり機能兼用のサイドレールもあります。食事や薬の服用もベッドの上、という人にはテーブルが便利です。高さ調節機能付きで、キャスターで簡単に移動できるものが主流です。

 

一昔前、電動ベッドはたいへんな高級贅沢品でした。ついこの前まで、病院の特別室でも、手動でぐるぐるハンドルを回して背もたれだけが動くようなレベルのベッドであったと思います。

時代は変わり、ベッドは進化しました。ケースバイケースですが、各種の助成や補助も受けられます。

 

自宅での生活にお困りの障害のある人とご家族、使うと便利な電動ベッドのご活用をご検討ください。