東京都障害者総合スポーツセンター(東京都北区2018/11)

~2018年7月に、屋内施設がリニューアルオープンしました~

 

○一棟を増築

長い期間工事を行ってきた屋内施設が、リニューアルオープンしました。北特別支援学校側の正面入り口から見て奥の方向に、屋内施設棟を増築。元はテニスコートや駐車場があったエリアが増築エリアです。旧棟と増築した新棟は屋内でつながっています。施設の主な変更点を紹介します。

東京都障害者総合スポーツセンター

○新棟1Fは屋内駐車場

旧棟正面の駐車スペースはそのままです。プール棟横の駐車場は、2018年現在閉鎖されています。

新しく誕生した駐車場は、増築した新棟の1F奥側。1Fの約半分が平置き駐車場になりました。上は2Fなので、屋根付き駐車場です。一般的な駐車場のように障害者用駐車区画の設定があります。屋内駐車所からエントランスまで細い庇があるので、小雨程度なら濡れずに移動できます。

東京都障害者総合スポーツセンター

○屋内洋弓場が誕生

新棟の2Fに「洋弓場」ができました。70mまでのシューティングが可能な本格的な施設です。利用には認定書の取得が必要です。

 

○多目的室を新設

新棟の1Fには「多目的室」を新設。ボッチャやフロアバレーなどの障害者スポーツでの利用が想定された施設です。

東京都障害者総合スポーツセンター

○トイレが大改修

新棟には障害者用トイレが多数設置されました。また旧棟のトイレも大改修されて、数も増え、設備も良くなりました。

東京都障害者総合スポーツセンター

○既存施設もリフォーム実施

元々ある体育館、プール、卓球室などの各施設もリフォームされました。綺麗になっただけではなく、更衣室のリニューアルなど、使い勝手もよくなっています。

 

○そのままの施設もあり

全体的に壁の塗り直しなどは行っていますが、正面入口やロビー、レストランなどは、あまり変わっていません。

東京都障害者総合スポーツセンター

○屋外施設は改修中

屋外のグランドは2018年現在、大改修中です。完成は2019年の予定です。

 

 

東京都障害者総合スポーツセンターは、障害者手帳を有する人のためのスポーツ施設です。リニューアルした屋内施設は、以前よりも快適に利用できます。

 

 

 

※以下は2013年時点の状況を紹介した記事です

 

障害者がスポーツを楽しむための施設です。基本的にスポーツ施設は無料で利用できます。宿泊施設もあります。こちらは障害者と介護者は一泊1500円です。

 

まずはアクセスのご紹介。駐車場はあります。施設入口正面の10台くらいある駐車場がもっとも近くかつ幅も広い駐車場。ただ、満車の確立は高い場所です。

 

敷地入口近くのプール脇の駐車場には、運転者が車椅子の方専用スペースが6台分くらいあります。ここも幅広い駐車スペースです。

東京都障害者スポーツセンター

施設の奥側の駐車場は、通常のスペースの区画しかありません。混んでいる時の最後の手段は、併設されている「都立北療育医療センター」の裏手の駐車場です。ここまで回れば駐車はできます。

 

送迎バスがあります。車椅子対応。スポーツセンターと王子駅をピストンするコースと西巣鴨経由池袋をピストンするコースの2系統があります。30分から90分に一本くらいのダイヤ。多くの方が利用されていますが、立ちがでるほどの混み方は見かけたことがありません。

 

施設の利用時間は9時から20時まで、結構遅くまで営業しています。休館は原則水曜日と年末年始です。HPなどでご確認ください。

 

利用方法です。初回に各種手帳を提示して利用証の交付を受けてください。次回からは利用証の提示でOKです。

 

施設は、体育館、卓球室、トレーニング室が屋内系、広くてトラックなどもある本格的な運動場、アーチェリー場、テニスコートが屋外系、そして室温、水温ともに高め設定のインドア温水プールがあります。お好きな種目に挑戦してください。

 

個人利用の他、一定のルールはありますが事前予約で団体利用などもできます(設備によります)。また、各種のお教室やボランチティア団体主催のイベントなどもいろいろ開催されています。ドクターによる相談会などもあります。スポーツ指導員やボランティアのための講習会もあります。

 

お部屋の貸し出しもしてくれます。よく趣味のサークルや地域の仲間の会などを見かけます。

 

ちょっと変わった企画として、重度障害者専用のプールの時間帯が設定されています。奇数の週(第一と第三と第五)土曜日の12時からの50分間(通常は昼休みの休憩時間になります)、「波の立たないプール時間」になります。刺激に弱い方も、この時間帯なら静かにノンビリとプールを利用できます。

 

プールは付き添いの方(原則1名)と一緒に入れます。体育館の利用も、混んでいなければ付き添いの方もOKです。

 

トイレや更衣室は、当然バリアフリーです。家族で使える(異性介護)更衣室、シャワーコーナーなどもあります。

ただ、昭和59年にできた施設なので、基本は古い設計。何度も手を入れて改修してきています。

2012年から2013年にかけても、エレベーターの交換など大規模なメンテナンスが行われました。結果、全般的に古臭いですが、施設全域バリアフリー面は何とかなっています。

 

スタッフの方、ボランティアの方が熱心に運営に参加してくれています。食堂もあります。定食で500円くらいからです。

東京都障害者スポーツセンター

一度だけ、プールを利用中に心臓発作をおこした方がでた場面に遭遇したことがあります。

プールサイドの監視員の方が即刻飛び込んで、スタッフの方数人で引き上げ、人工呼吸から電機ショック療法と応急措置を実施。日頃の訓練ができていると感心しました。

 

利用者はけっして中途障害の方だけではありません。様々な障害を抱える方が利用されています。

脳性まひの方でも、びっくりするくらい卓球が上手な方もよくみかけます。

休日など、長時間この施設で過ごされる方も、多いように見受けられます。

お近くでいける方は、先ず見学でもいかがでしょうか。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

障害のある子が未就学年代に通うところ

小学校の学年齢になると、義務教育ですからどんな障害のある子どもでも必ず学校に行くことになります。

その前の幼稚園年代をどう過ごすかが、障害のある子を抱えた家族の悩み。

お住まいのエリア、子どもの障害の状況によって進む道は違いますが、考えられる選択肢と相談先などをご紹介します。

 

○一般の幼稚園に通う

軽度の障害であれば、十分に考えられる選択肢です。バリアフリー精神が社会的にいきわたってきているので、先生や他の児童の親たちの理解も高く、協力してくれるケースが一般的です。

幼稚園年代なら「いじめ」や「迷惑」など、あまり悲観的に考えることはないと思います。

障害のある子が未就学年代に通うところ

○障害児枠のある幼稚園や保育園に通う

近所にそういう施設あり、且つ通園が可能な障害であれば、有効な選択肢です。健常な子どもと同じ環境で過ごすことができます。運動会なども普通のレベルに参加することになります。

これは小学校で特別支援学校に行くと、難しくなることです。健常な子どもにとっても、障害のある子との共同体験はきっとプラスになります。

 

○障害児のための施設に通う

障害が重度な子どもには、現実的な選択肢です。

医療機関や福祉機関に併設されているところ、MPO法人などが独自に主催しているところ、行政が運営または委託しているところなどがあります。また毎日通えるところ、週に2日等のところがあります。

現地現場を見て、スタッフの方の話を良く聞いて判断してください。

障害のある子が未就学年代に通うところ

○並行してボランティア団体などが主催する教室などに参加する

毎月第三日曜日に公民館で開催、などの教室に並行して参加するのも有効です。

音楽系、絵画系、工作系、体が動かせるなら運動系もいいでしょう。夏休みなど「親子キャンプ」などのイベントもあります。

子どもの興味によって、ご検討ください。

 

 

仲間内の情報も重要ですが、やはり行政と医療機関には相談することをお薦めします。どんな役所にも、必ず担当課があります。また医療機関の通園許可書的なものが必要になることがあります。行政と病院だけは、常時繋がりをもっていましょう。

 

通うところを見つけたとしても、親がかりのことが多いのが実情。

残念ながら、障害のある子どもを長時間預けて仕事をしたい、という要望まで応えてくれるケースはまだ稀です。

ただ、社会の方向性はそっちに向かっています。諦めずにチャレンジしていきましょう。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

補装具への公的助成金

~①制度編~

 

身体障害者手帳を持っている人と指定難病の人には、車椅子などの「補装具」への行政からの助成があります。本稿では、助成の全体像をご紹介します。

 

助成の根拠法は障害者総合支援法で、それの何条でこれ、何条でそれが決められている、という話になりますが、この話は飛ばします。

また受給者が低所得の場合はナンボ、ということもありますが、話をシンプルにするために、もっとも一般的なケースに絞ってご紹介します。

 

自己負担額です。10%で上限が37.200円になります。30万円の車椅子を買った場合で、10%の3万円、100万円の電動車椅子で上限の37.200円の負担になります。

 

手続きの原則です。

利用希望者がお住まいの市区町村に「申請」します。市区町村が指定する機関で「判定」を受けます。この際、18歳未満は認定医師、18歳以上は都道府県指定の相談所での「判定」になります。この判定結果に基づいて市区町村が助成を「決定」します。

 

 

補装具の定義です。3つあります。

 

(1) 身体の欠損又は損なわれた身体機能を補完・代替するもので、障害個別に対応して設計・加工されたもの。

(2) 身体に装着(装用)して日常生活又は就学・就労に用いるもので、同一製品を継続して使用するもの。

(3) 支給に際して専門的な知見(医師の判定書や意見書)を要するもの。

 

そして、補装具費が支給される補装具の種目やその内容(名称、型式、基本構造等)、また、基準となる額などは、厚生労働大臣の告示に定められています。さらに、補装具ごとに「耐用年数」が定められています。

 

さて次からが本稿の真の主題の「運用編」になります。

 

補装具への公的助成金

~②運用編~

 

法律に基づいて支給される助成金なのですが、当然行政側には「年度予算」があります。したがって、一般に行政サイドは支給に「渋い」反応をします。どうにかして補装具作らせないで済まないか、安い補装具に出来ないか、というスタンスです。

 

ここで行政の懐具合の違いが出ます。比較的財政が豊かな自治体か否かで違います。住む場所によって、助成金の出方に多少の違いがでるのは、都市伝説ではなく真実です。貧乏な自治体にお住まいの方は「とても渋い」対応をされます。

 

18歳未満と18歳以上で「判定」の機関が変わります。

一般に18歳以上が指定される判定機関のほうが、行政に直結しているので「渋い」です。皆さん18歳になる前に、各種の補装具の「申請」をします。高校卒業時ではなく、18歳の誕生日基準なので要注意です。

 

更に考えなくてはならないのが「耐用年数」です。これは、補装具を作ったら、耐用年数が経過するまでは同じ補装具は助成しない、という制度です。

 

この点も考慮して、いつ「申請」するのかを考えます。例えば15歳の時に耐用年数3年の車椅子を作ると、次に申請できるのは18歳です。18歳未満での申請はできずに、18歳になってから「渋い」行政指定の機関での判定を受けることになります。そうすると、本来なら付けたい高機能なパーツが「渋られる」リスクが高まります。

 

もう一点の留意点です。お役所は「前例」があるかないかで動くところです。本当はケチりたい高価な補装具も「前回認められて、今使っている」ということになると、割と簡単に認めてくれます。この人の障害にはこの高い補装具が必要だ、という判定を早めに勝ち取れると、後が楽です。

 

障害者の補装具は、本当に高価です。そのこと自体の問題はあるとしても、現実に高い以上、助成は助かります。ただし、各自治体とも予算は限られます。なんだか世知辛い話ですが、補装具への公的助成金とは、このような制度です。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】