障害のある子が未就学年代に通うところ

小学校の学年齢になると、義務教育ですからどんな障害のある子どもでも必ず学校に行くことになります。

その前の幼稚園年代をどう過ごすかが、障害のある子を抱えた家族の悩み。

お住まいのエリア、子どもの障害の状況によって進む道は違いますが、考えられる選択肢と相談先などをご紹介します。

 

○一般の幼稚園に通う

軽度の障害であれば、十分に考えられる選択肢です。バリアフリー精神が社会的にいきわたってきているので、先生や他の児童の親たちの理解も高く、協力してくれるケースが一般的です。

幼稚園年代なら「いじめ」や「迷惑」など、あまり悲観的に考えることはないと思います。

障害のある子が未就学年代に通うところ

○障害児枠のある幼稚園や保育園に通う

近所にそういう施設あり、且つ通園が可能な障害であれば、有効な選択肢です。健常な子どもと同じ環境で過ごすことができます。運動会なども普通のレベルに参加することになります。

これは小学校で特別支援学校に行くと、難しくなることです。健常な子どもにとっても、障害のある子との共同体験はきっとプラスになります。

 

○障害児のための施設に通う

障害が重度な子どもには、現実的な選択肢です。

医療機関や福祉機関に併設されているところ、MPO法人などが独自に主催しているところ、行政が運営または委託しているところなどがあります。また毎日通えるところ、週に2日等のところがあります。

現地現場を見て、スタッフの方の話を良く聞いて判断してください。

障害のある子が未就学年代に通うところ

○並行してボランティア団体などが主催する教室などに参加する

毎月第三日曜日に公民館で開催、などの教室に並行して参加するのも有効です。

音楽系、絵画系、工作系、体が動かせるなら運動系もいいでしょう。夏休みなど「親子キャンプ」などのイベントもあります。

子どもの興味によって、ご検討ください。

 

 

仲間内の情報も重要ですが、やはり行政と医療機関には相談することをお薦めします。どんな役所にも、必ず担当課があります。また医療機関の通園許可書的なものが必要になることがあります。行政と病院だけは、常時繋がりをもっていましょう。

 

通うところを見つけたとしても、親がかりのことが多いのが実情。

残念ながら、障害のある子どもを長時間預けて仕事をしたい、という要望まで応えてくれるケースはまだ稀です。

ただ、社会の方向性はそっちに向かっています。諦めずにチャレンジしていきましょう。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

補装具への公的助成金

~①制度編~

 

身体障害者手帳を持っている人と指定難病の人には、車椅子などの「補装具」への行政からの助成があります。本稿では、助成の全体像をご紹介します。

 

助成の根拠法は障害者総合支援法で、それの何条でこれ、何条でそれが決められている、という話になりますが、この話は飛ばします。

また受給者が低所得の場合はナンボ、ということもありますが、話をシンプルにするために、もっとも一般的なケースに絞ってご紹介します。

 

自己負担額です。10%で上限が37.200円になります。30万円の車椅子を買った場合で、10%の3万円、100万円の電動車椅子で上限の37.200円の負担になります。

 

手続きの原則です。

利用希望者がお住まいの市区町村に「申請」します。市区町村が指定する機関で「判定」を受けます。この際、18歳未満は認定医師、18歳以上は都道府県指定の相談所での「判定」になります。この判定結果に基づいて市区町村が助成を「決定」します。

 

 

補装具の定義です。3つあります。

 

(1) 身体の欠損又は損なわれた身体機能を補完・代替するもので、障害個別に対応して設計・加工されたもの。

(2) 身体に装着(装用)して日常生活又は就学・就労に用いるもので、同一製品を継続して使用するもの。

(3) 支給に際して専門的な知見(医師の判定書や意見書)を要するもの。

 

そして、補装具費が支給される補装具の種目やその内容(名称、型式、基本構造等)、また、基準となる額などは、厚生労働大臣の告示に定められています。さらに、補装具ごとに「耐用年数」が定められています。

 

さて次からが本稿の真の主題の「運用編」になります。

 

補装具への公的助成金

~②運用編~

 

法律に基づいて支給される助成金なのですが、当然行政側には「年度予算」があります。したがって、一般に行政サイドは支給に「渋い」反応をします。どうにかして補装具作らせないで済まないか、安い補装具に出来ないか、というスタンスです。

 

ここで行政の懐具合の違いが出ます。比較的財政が豊かな自治体か否かで違います。住む場所によって、助成金の出方に多少の違いがでるのは、都市伝説ではなく真実です。貧乏な自治体にお住まいの方は「とても渋い」対応をされます。

 

18歳未満と18歳以上で「判定」の機関が変わります。

一般に18歳以上が指定される判定機関のほうが、行政に直結しているので「渋い」です。皆さん18歳になる前に、各種の補装具の「申請」をします。高校卒業時ではなく、18歳の誕生日基準なので要注意です。

 

更に考えなくてはならないのが「耐用年数」です。これは、補装具を作ったら、耐用年数が経過するまでは同じ補装具は助成しない、という制度です。

 

この点も考慮して、いつ「申請」するのかを考えます。例えば15歳の時に耐用年数3年の車椅子を作ると、次に申請できるのは18歳です。18歳未満での申請はできずに、18歳になってから「渋い」行政指定の機関での判定を受けることになります。そうすると、本来なら付けたい高機能なパーツが「渋られる」リスクが高まります。

 

もう一点の留意点です。お役所は「前例」があるかないかで動くところです。本当はケチりたい高価な補装具も「前回認められて、今使っている」ということになると、割と簡単に認めてくれます。この人の障害にはこの高い補装具が必要だ、という判定を早めに勝ち取れると、後が楽です。

 

障害者の補装具は、本当に高価です。そのこと自体の問題はあるとしても、現実に高い以上、助成は助かります。ただし、各自治体とも予算は限られます。なんだか世知辛い話ですが、補装具への公的助成金とは、このような制度です。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 

ヘルパーさん

障害のある人を支えてくれるヘルパーさん。いろいろな方がいます。トイレの問題があるので、一般には同性介助が原則。男性のヘルパーさんも、大勢います。ほとんどの方は時給契約。高給取りではないですね。それでも熱心に仕事をするヘルパーさんの様子をご紹介します。

 

体力のある知的障害、コミュニケーション障害のある人を介助するのは大変です。

家族からの依頼は「18時まで外で面倒を見てください」などになります。本当です。そういう要望が多いのです。

その上使える予算は潤沢ではないので、ディズニーランドに行くことは出来ません。しかもこういう障害のある方は、疲れ知らずの人が多いのです。多動で自閉傾向の強い子どもと広い公園に行くと、ヘトヘトになります。

例えば、通所施設や学校が休みになる、土日の上野動物公園に行ってください。朝一番から、障害のある人とヘルパーさんが大勢来ています。ちなみに上野動物園は、障害者手帳で本人と介助者1名が入園無料になります。

 

身体障害のある人のヘルパーニーズで多いのは、入浴の介助です。

家庭で男性の介助をしている女性の方にとって、お風呂は体力的に難しい力技です。脳梗塞の後遺症のあるご主人を看る奥さん、大人になった身体障害のある子どもを看るお母さん、一人で入浴介助をするのは無理です。

一緒にお風呂に入って体も洗うので、ヘルパーさんも水着か、濡れても大丈夫な防水ファッションになります。コツはあるようですね。上手な人は本当に上手に、身体障害のある人を入浴させてくれます。

ヘルパーさん

ヘルパーさん、外国籍の方も大勢います。

だからどうだ、ということを一般論でいうことはできませんが、今まで経験した限り、熱心に気を配って一生懸命に仕事に取り組まれている方が多いように思います。

人間としての基礎的なレベルが高い人が多いのでないでしょうか。といって日本人ヘルパーさんはレベルが低い、と非難しているわけではありません。外国籍の方のヘルパーさんだからといって、最初から距離をつくってはよくない、という意味です。

 

最後に、ヘルパーさんを仕切っている事業者の皆さんです。

特に小規模な事業者さんで、左ウチワで経営している、という例を聞いたことがありません。皆さん、儲からないし、ヘルパーさんの勤務は安定しないし、利用者は我儘だし、と苦労している方が多いように見えます。あまりに事業として苦労が多すぎると、続きません。実際、知的やコミュニケーションに障害のある人は看ない、障害のある子どもは無理、という事業者さんが残念ながら多いのが実情です。

 

もっとヘルパーさんの報酬があがるように、行政の仕組みが変えられるといいですね。それと、利用者への行政からの補助枠も足りません。ヘルパーさん問題は、どうしてもお金の問題に突き当たります。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】