障害のある子とリトミック

障害のある子の療育に用いられるリトミック。

楽しく遊びながら総合的な発達を促す音楽療法です。様々なやり方がありますが、幼稚園年代くらいの子どもへの、集団で行うリトミックの実例をご紹介します。

 

メインのスタッフは、指導にあたる先生と音楽を担当するピアニストです。一般に楽器はピアノが使用されるケースが多いようです。他に参加する子どもの人数に応じた補助スタッフ数名。道具の出し入れや、子どもの相手、その場の“盛り上げ”などを担当します。

幼稚園年代なら、親も一緒に参加することがあります。もちろん近くで見守っているだけ、というやり方もあります。

障害のある子とリトミック

先生の主導によりリトミックが始まります。

最初は音楽に合わせた体操。体を動かしてウオーミングアップを行います。

次はストップ&ゴー。音楽が流れると歩いて、音楽が止まるとストップします。音楽が始まるまで、そのまま動かないのがルールです。

次は思い切りジャンプ。音楽の節目で飛び上がります。体の不自由な子の場合は、「高い高い」をしてあげます。

 

次は楽器の演奏。自分の好きな楽器を使って、ピアノに併せて自由に演奏したり、順番に大太鼓をたたいたりします。

次は障害物競争。輪くぐりやロープに沿って歩くなど、音楽に合わせて簡単なコースを通ります。

次は大きな風船をトス。スタッフの方と楽しく遊びます。最後はくるくる回るバルーン遊び。小さくしたり大きくしたり、中に入ったり出たりと音楽に合わせて体を動かします。

 

集団で行うリトミックは、おおよそこんなイメージです。

 

リトミックは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック=ダルクローズによって考えだされた音楽教育法です。直接的な医療行為ではないので、障害のある子にどんな効果があるのか、断定的なことは言えません。しかし、リトミックを通じて音楽が好きなれば、この先の発達の、なんらかのきっかけにつながる可能性は高いでしょう。

 

理屈をこねれば、集団活動による協調性の獲得、遊びを通じたルールの理解、自己を表現する喜びを知る、などいろいろな効果があげられます。

各地で様々な教室が開催されています。障害のある子どものご家族の方は、楽しく遊べればそれでよし、くらいの気持ちで積極的に参加されるのはいかがでしょうか。

知り合いが増えるという意味でも、お薦めします。

学生さんの障害者福祉ボランティア活動

日本もボランティア活動が当たり前の時代になりました。今の学生さん、ほとんどの人が、何らかのボランティア活動経験があります。障害のある人に対してのボランティア活動にも、多くの若い人が参加しています。この先の未来におけるバリアフリーの広がり、期待できますね。実際に接した学生ボランティアの様子をご紹介します。

 

 

 

ある身体障害及び中度の知的障害のある中学生女子の家庭が、夏休みの期間、家庭に来て一緒に遊んだり出かけたりしてくれるボランティアさんを求めました。そしてボランティアサークルに登録していた、女子大生のAさんが来てくれることになりました。

 

半日コースで週に2回、2週間、計4回の予定です。とても社交的で明るいタイプのAさん。初回は家族の人と一緒に活動をして、トイレの方法や車椅子の使い方などを勉強します。2回目からは、二人だけで近所にお出かけ。お買い物などをしてきます。3回目、4回目はちょっと電車に乗ってお出かけ。無事に帰ってきました。

 

障害があるといっても基本は元気で医ケアもない人であること、ボランティア経験が豊富である程度自信のある学生さんであること、そして思い切って人に子ども任せられるタイプの親であること、これらの条件が重なるとこういうボランティア活動が成立します。

 

学生さんの障害者福祉ボランティア活動

 

ある社会福祉法人の活動にボタンティア活動で参加した、BさんとCさん。同じ大学1年生の女性のお友達です。初めての参加で、知的障害のある人が中心のグループの一日遠足でのボランティアです。

 

それぞれ障害のある人1名を担当。社会福祉法人のスタッフの指揮の下、安全に気を配りながら、水族館にお出かけです。もちろん介助が楽なタイプの人を担当しているのですが、初めてのことで緊張が続いたようです。

 

解散式では「こんなに気を使うとは・・・、でもまた来ます」と挨拶していました。円滑なコミュニケーションが成立しない初対面の人と過ごすのは、ベテランでも本当に気をつかいます。お疲れ様でした。

 

 

 

ある障害児キャンプに参加した学生さんで、自傷行為が目立つ障害のあるDさんに、腕を噛みつかれた人がいました。その学生さんが挨拶で「噛まれた腕は痛かったですが、Dさんはいつもあんな痛い思いを自分に対してしている、そのことの方が辛いです。」とコメントしていました。立派な学生さんです。

 

学生さんの障害者福祉ボランティア活動

身体障害だけがある人との関わりは、イメージがしやすいところです。

 

知的障害やコミュニケーション障害がある、発語がない、予想外の動きをする、そういうタイプの人との関わりは、経験がないと緊張しますね。奇声を発して走られたりすると、どうしていいのか解らなくなります。

 

ベテランも最初は初心者。正しい知識の取得とともに、場数を踏むということは重要です。積極的にボランティアに来てくれる学生さん、頼もしいですね。もっと増えてくれることを期待します。

 

高速SA(海老名)のトイレ案内スタッフ

日本を代表する高速道路のサービスエリア「海老名」。先日このSAを利用した時に、トイレを案内してくれる女性スタッフがいました。休日の夕方の上りのSA。一番混む時間帯でのことです。車椅子でトイレに向かうとパッと近寄ってきてくれて、「こちらは使用中なので、あちらにご案内します」という誘導をうけました。

高速SA(海老名)のトイレ案内スタッフ

長年各地のSAを利用していますが、初めての経験です。近年、高速のSAやPAが改装されてどんどんハード面が整備されています。次はこういうソフト面でのサービスが、考えられてきているのでしょうか。

 

一昔前は、混んでいるSAの、特に女性用のトイレは行列になって悲惨でした。海老名SAも改装されてトイレが大増強されてからは、外から見て解るほどの行列はみたことがありませんが、それでもきっと混乱があるのでしょう。順番に、整然とトイレ利用が進むように投入されているスタッフだと思われます。

 

障害者用トイレのところまで案内していただき、最後に「ご使用方法はお解りになりますか」という問いかけがありました。「解ります。ありがとうございます。」でおしまいになりましたが、考えてみると最新のハイテクトイレは、説明がいるかもしれませんね。海外からのお客さんや高齢の方など、利用方法の簡単ガイドが必要なのかもしれません。ただ使用中に付き添うことができないので、ガイドにも限界はありますが。

高速SA(海老名)のトイレ案内スタッフ

改装されて綺麗になったSAやPAは、どこも車椅子で快適に利用できます。障害者用の駐車スペースには、ほとんどのところで屋根もつくようになりました。トイレまで屋根つたいに雨の日でも濡れずにいけるSAも多々あります。便利になりました。休憩コーナーには、車椅子優先テーブルが設置されています。

 

ただ、やはり問題は混雑時の利用です。例えば海老名SA上りには、障害者用駐車スペースが7台分もあります。このスペース、SAのもっとも出口よりに設置されています。実際に経験したことがあるのですが、障害者用駐車スペースまで行って満車だった場合、SA内は一方通行なので、もうひき返すことが出来ません。思い切って逆流するか、大型バス用の駐車スペースに停めてしまうか、SA利用を諦めるかの選択になります。

 

フードコートの席も、満席に近いとどうしようもありません。ショップも混んでいると、車椅子では利用は難しいですね。

 

混雑時のサービス水準を上げるとすると、最後は人の投入なのでしょう。上手に車を誘導する、施設内で何かで困っている人を助けるなど、サービススタッフの投入は、これからの切り札になるのかもしれません。

 

SAのバリアフリー化は、ソフトの領域に踏み込み始めています。