ワープステーション江戸(茨城県つくばみらい市2013/11)

ワープステーション江戸

ワープステーション江戸

時代劇の撮影ができる施設を一般公開しているところで、全域バリアフリーです。事業としてはなかなかうまくいかずに紆余曲折いろいろあった施設で、現在はNHKが所有しています。公開されているうちに行ってみましょう。谷田部ICから20分ほどの場所になります。

 

基本は江戸時代の設定ですが、戦国時代から昭和初期くらいまではアレンジが可能ということです。実際に撮影に使用されているときは、公開が制限されるという案内になっていますが、そんなにいつも撮影しているわけではないし、施設が全面非公開になったことはないそうです。予定を確認してお出かけください。

 

いわゆる時代劇セットの風景が展開します。10年以上前には「町娘」がいるなど、ちょっとしたイベントなどもありましたが、現在はただただ時代劇のセットをみる、という観光になりました。

 

武家的なセットが並ぶエリアと町民的なセットが並ぶエリア、そして長屋とか庄屋の家など、中に入れるセットのエリアもあります。

 

写真は撮り放題なので、勝手に時代劇になりきった面白写真を撮れます。小道具を持ち込んでいる人をみたことがあります。考えようではいろいろな楽しみができる、とても珍しい施設です。

 

車椅子で施設内のほぼ全域を回ることができます。障害者用トイレも複数箇所あり清潔に保たれていますが、トイレの広さと設備は最低限のイメージでお願いします。

 

駐車場は無料で障害者用の駐車スペースがあります。

各種手帳の提示で、本人と介助者1名の入場料が無料に減免されます。

 

正直、一度も混雑しているのを見たことがありません。穴場です。

どういう楽しみ方をするか、事前によく検討されてお出かけください。