エル・マールまいづる(京都府舞鶴市2016/09)

エル・マールまいづる

~入口はロングスロープ対応で車椅子通行可、海に浮かぶ豪華

船内全館バリアフリー対応で、障害者用トイレ完備、エレベーターあり。車椅子での利用に大きな問題はありません。舞鶴親海公園内に浮かぶ、比類ない施設です。

 

アクセスは車。舞鶴湾を代表する橋梁「クレインブリッジ」を通り、舞鶴火力発電所の手前まで。東舞鶴駅から車で20分強かかります。

ここに至るまでのドライブルートから、天然の良港である舞鶴湾の景観を楽しめます。

 

駐車場は「エル・マールまいづる」の目の前。岸壁に繋がれた「エル・マールまいづる」の入口までは階段で、横につづら折りのロングスロープがあり、車椅子ではこのスロープを上ります。傾斜はそれほどキツクありません。介助者がいれば、普通の車椅子利用者なら大丈夫でしょう。

駐車場からロングスロープにかけて屋根はありません。雨の日はまともに濡れるのでご注意ください。

船内は4フロア構造。最上階の3Fは、展望室と展望デッキのフロア。船の内外から舞鶴湾の眺望を楽しめます。

 

2Fは船の体験館。20世紀初頭の豪華客船時代の船長室をイメージした小部屋と、船内の談話室をイメージした広々とした大部屋があります。いずれもブリティッシュ・トラディショナル仕様。当時の世界の船旅気分を味わえる展示空間です。

障害者用トイレは、この2Fにあります。

 

1Fは入口正面に受付。正面左側が自慢のプラネタリウム。右側は舞鶴体験館です。

 

プラネタリウムは平日3回、休日4回の上映。車椅子席は2席用意。日本初の海上プラネタリウム、という案内です。日本唯一と称していないので、多分他にもあるのでしょう。今回訪問時は時間が合わず、残念ながらプラネタリウム鑑賞は出来ませんでした。

 

1Fの半分を占める舞鶴体験館は、舞鶴の5000年の歴史、自然、文化などの紹介コーナーです。お薦め観光コースの案内展示もあります。

 

最後にB1は、エネルギー体験館。関西電力のPRコーナーです。船の機関室をイメージした空間の中、電気エネルギーの歴史や技術、関西電力の取り組みなどが展示されています。一部階段がありますが、緩やかなスロープ対応有り。車椅子での見学に大きな問題はありません。

 

東京電力のPR館は原発事故後に全て閉鎖されました。一方、関西電力のPR館は、こんなに元気です。

このことの良し悪しは別にして、電力会社各社のPR館は、知る限りいずれもバリアフリー。車椅子利用者には利用者しやすい施設です。

車椅子観光の際には、各地のPR館を上手に利用しましょう。