河口湖ほうとう不動東恋路店(山梨県河口湖町2015/01)

ほうとう不動東恋路店

ほうとう不動東恋路店

~山梨で唯一なら世界唯一か、デザイナーズハウスのバリアフリーほうとう専門店~

 

際立つ個性的な外観で人気を集める、ほうとう不動の東恋路店です。ほうとうのメニューはただ一つ「不動ほうとう」だけ。ほうとう以外では、馬刺し、煮込み、いなり寿司があります。今日も富士山をバックに、始めて見る人にとっては「なんじゃコレ」という外観で、お客さんの注目を浴び続けています。

 

山梨県にはほうとうの専門店が多々ありますが、お座敷がメインの店舗が多く、障害者用トイレがある店舗は少ないのが実情です。その点、このお店はオールテーブル席で、障害者用トイレあり。外観の奇抜さではなく、車椅子ユーザーにとって実用的な価値があります。

ほうとう不動東恋路店

ただし、唯一の欠点は、その障害者用トイレ。デザイナー建築にありがちなミステイクなのですが、恰好はいいが狭くて不便なのです。これだけが残念。後は素晴らしい店舗です。

(※その後ドアがカーテンドアに替わり、半れドアよりも車椅子でトイレ内に入りやすくなりました。)

駐車場は広々。国道から曲がった先の入り口のところに、障害者用駐車スペースが1台分あります。休日のランチ時なら、係りのスタッフがいるので、車椅子利用を申告相談してください。そこに停まっているときは、別の場所に誘導されます。経験では、店舗入口正面の側の、駐車場ではない場場所に誘導していただけます。広々しているので、どうにかなります。

 

店舗の入口は引き戸です。普通の引き戸入口は段差がありますが、車椅子で店舗に向かうと、店舗スタッフがサッとバリアフリーの引き戸を開けてくれます。安心して車椅子で店舗に向かってください。店内は全席テーブル席で、店舗内の通路は広々しています。車椅子の利用に問題はありません。

ほうとう不動東恋路店

テーブルや椅子は、デザイナー家具です。何種類かタイプがあるので、ほうとうが出来るまでの間に、じっくりと観察してください。

そのなかに、座面が畳のようになっていて、幅広で2人がゆったり座れる、大きな背もたれ付きの椅子席が3組あります。

この椅子、赤ちゃんを寝かせられます。赤ちゃん連れのお客さんが、優先的に案内されている席に見えます。皆さん、畳みのような座面に赤ちゃんを寝かせて、ほうとうをいただいています。最初からそういう意図のデザインではなかったのでしょうが、運用しているうちに、段々と赤ちゃんシートになってきたようです。赤ちゃん連れの人は、この座席を狙ってください。

 

車椅子ユーザーは、特に狙いを定める必要もなく、どの席でも大丈夫でしょう。ただ冬場に利用する場合の注意点を一つ。

車椅子で来店すると、お店のスタッフは出入り口に近い席に案内をしてくれます。移動距離を短くするための配慮です。ただ、冬場はお客さんの出入りがあるたびに、店内に寒風が入ってきます。出入り口近くに席は、そのたびに冷気がきます。それが嫌いな人は、店内の奥の席をリクエストしてください。アツアツのほうとうを食べると温まりますが、待っている間は、寒風はちょっと寒いですね。

 

人気店です。特に週末のランチ時がピーク。お店のスタッフは、本当に店内を走り回り、ほうとうのなべを出したり下げたりしています。活気がある店舗です。

 

東恋路。地名も素敵です。河口湖至近、富士山の麓。山梨で唯一、きっと世界でも唯一のデザイナーズハウスのバリアフリーほうとう専門店です。

 

休日ランチ時にご利用の車椅子ユーザーは、ちょっとピークズラシをしたほうがいいでしょう。早めか遅めのご利用をお薦めします。