藝大アートプラザ(東京都台東区2018/10)

藝大アートプラザ

~藝大の学生、教職員、卒業生の作品が展示され、購入できるギャラリー&ショップ~

○2018年10月開業

藝大上野キャンパス美術学部内に誕生した施設です。入場は無料。営業時間は10時から18時で、月曜日は定休です。

藝大の学生、教職員、卒業生の作品が展示販売され、常設展、企画展が開催されます。現在のところアートプラザ前にキッチンカーが出店。前庭のフリーテーブルでティータイムを楽しむことが出来ます。

藝大アートプラザ

○車椅子でのアクセスルート

駐車場は障害者用も含めて用意されていません。徒歩でのアートプラザへのアクセスルートは3通りあります。

アートプラザ正面「正木門」から入るルートは段差があるので、車椅子では通行できません。

藝大アートプラザ

美術学部正門から入ると左折して約50m先。この50m区間の前半が、路面に凹凸がある舗装路で、車椅子がガタゴトします。

藝大アートプラザ

上野公園寄りの旧美術学部正門から入ると約30m先。凸凹はありませんが、門から10mの区間が急な傾斜路です。

藝大アートプラザ

藝大アートプラザ「正木門」ルート以外の、凸凹ルートか坂道ルートを、選択してください。

○アートプラザはバリアフリー

アートプラザの周辺および内部はフラットでバリアフリーです。入口は自動ドア。内部の通路幅は並みの広さで、混雑していなければ車椅子での移動は可能です。

藝大アートプラザ

アートプラザ内に障害者用トイレはありません。藝大美術館の1Fパブリックエリア内にあります。

藝大アートプラザ

○コピーは「藝大の出島」

藝大の学内を超えて、藝大の作品が社会に、世界に開かれてつながる場所。そういう意味で「ここは藝大の出島である」というコピーが付けられています。藝大内部の閉ざされた世界に出会える場所です。

 

○千円の作品から

展示販売される作品の値段はピンからキリまで。千円の作品から、百万円の単位の作品まであります。常設展に展示されている作品でも、ほとんど買うことができます。

藝大アートプラザ

○オリジナルグッズも

藝大オリジナルのお菓子類があります。クリアファイルなども用意。お土産に購入できます。

 

 

藝大美術学部で、どのような作品が製作されているのか。興味のある方は「藝大の出島」をご利用ください。短い距離の悪路がありますが、車椅子での利用は可能です。