道の駅はが(栃木県芳賀町2015/01)

道の駅はが

道の駅はが道の駅はが

~芳賀町キャラクターの「はがまるくん」がいます、広い敷地に建つ複合型道の駅~

 

広々とした敷地に広がる大型の道の駅です。日帰り温泉施設と、産直ショップやお食事処のある、いわゆる“道の駅的な施設”があります。この“道の駅的な施設”は2棟に分かれていて、その間に広大な芝生の中庭があります。

これだけ空間的な広がりがある道の駅は珍しい。広いところに来た、そういう第一印象を受けます。

 

駐車場が広々しています。ただし広いのは“北側駐車場”で、南側は狭いのでご注意を。北側に障害者用駐車スペースが2台分あります。

 

トイレは一戸建て方式のトイレと、屋内トイレがあり、どちらにも障害者用が併設されています。広さはまずまずですが、設備はウォームレットまでで、ウォシュレットなし。どちらといえば、清潔感の差で屋内トイレをお薦めします。

 

東棟が産直ショップとお土産品などの物産館。外向き屋台方式で、たこ焼き屋さんもあります。

ショップの中の通路は、まずまずの広さで余裕あり。車椅子でもそれほど苦痛になることはないでしょう。出入りのドアは自動ドアなので、車椅子でも安心です。

芳賀町はなかなかの農業自慢の町。芳賀の恵みをゆっくりと品定めしてください。パン屋さんコーナーも充実しています。

 

西棟はアイス屋さん、惣菜屋さん、お食事処、休憩スペースなどがあります。いずれも車椅子での利用は可能。アイスの一押しは「とちおとめアイス」。いちごの産地です。ご賞味ください。

お食事処は各種定食類などが、お手頃な価格で楽しめます。

休憩スペースは、大きなテーブルに椅子が並んでいるだけなので、車椅子での回遊通路は確保できます。アイスを買って、座ってテーブルで食べることが出来ます。

 

今回の訪問時、たまたまですが「はがまるくん」がいました。大人気です。皆さん子どもと一緒に記念写真を撮っていました。大人だけのお客さんは、さすがにあまり近づけない。全国ランキングの上位を狙えるかどうか、ご判断はみなさんにお任せします。

 

1月の芳賀町は寒い。特に訪問した日は、北風が強く吹いていました。そこで発見したのですが、駐車場の横にショップ案内の立て看板が、地面に、文字通り立てられています。

看板が強風に吹かれて、ぐいっと曲がります。「あ、看板が倒れる」と思うと、風が弱まると立ち直ります。そうなのです、ばね仕掛けで風を受け流す立て看板なのです。よくみると、地面にしっかり固定されています。強風対策は万全の立て看板でした。

 

地元に人に愛されている施設だと思います。高速道路のどのインターチェンジからも20kmくらいはある立地なので、遠方からだと時間距離が遠い気がするのですが、近年の道路整備でバイパスが出来て、例えば宇都宮上三川インターチェンジからだと、空いていれば法定速度で走って20分くらいでつきます。

 

ただ近隣には数多くの同業施設があるので、競争は厳しいでしょう。生き残りをかけて“芳賀ブランド”を確立したい、そういう気合が伝わってきます。

 

道の駅過当競争の栃木県。切磋琢磨して、バリアフリー水準が引き上ることを期待します。