日比谷公園「東京都観光菊花大会2018」(東京都千代田区2018/11)

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

~今回が96回目です、大正4年から続く都内最大規模の菊花展~

 

○3週間続く展示会

会場は日比谷公園の草地広場。100年を超える歴史がある「東京都観光菊花大会」。2018年は11月1日から同23日までの開催です。

展示される菊花は約1,200点。入場は無料。以下、現地のバリアフリー状況です。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

○日比谷門に菊飾り

再開発が話題の日比谷。バリアフリー施設「東京ミッドタウン日比谷」の開業で、車椅子での利用が便利になりました。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

日比谷公園内へのアクセスは、ミッドタウン前の「日比谷門」からが、路面の凹凸が少ないのでお薦めです。「東京都観光菊花大会」期間中は、日比谷門を入った先に菊飾りが設置されています。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

○草地広場への入口を選ぶ

菊花大会の展示場所は「草地広場」。遊具がある子ども向けの自由広場です。広場への入口は複数箇所ありますが、段差がほぼない入口は「大噴水」方面から進んだもっとも大きな入口です。他の入口は多生の段差があります。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

○会場は未舗装路面

草地広場は未舗装で、自然のデコボコがある広場です。そこにいくつものテントが建てられ菊花作品が展示されます。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

未舗装ですからガタゴトしますが、路面が乾いている状態であれば、会場内を車椅子で移動することは可能です。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

○主役は大菊

展示作品の主役は「大菊」です。その数は圧倒的な迫力。全1,200点の80%は「大菊」が占めている印象です。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018作品展示のほかに、苗の販売、肥料の販売、菊のカレンダーの販売、栽培方法の勉強会などが行われます。

日比谷公園「東京都観光菊花大会2018

会場は未舗装な広場ですが、車椅子での菊花鑑賞は何とか出来ます。雨上がりは避けて、路面が乾いている日に車椅子で鑑賞してください。