光が丘公園(東京都練馬区2014/05)

光が丘公園

~アウトドア派の障害者にも嬉しいキャンプ施設、バードサンクチュアリもある都市公園~

光が丘公園

都立公園で利用は無料。野球場やテニスコートなどは予約制で有料です。大江戸線の駅からもバリアフリーでアクセス。有料駐車場もあり、他の都立公園と同様に、各種障害者手帳の提示で、駐車料金は無料に減免されます。

光が丘公園

園内はバリアフリー、一戸建て方式の障害者用トイレも複数箇所に点在。公園全域、車椅子で快適に利用できます。

光が丘公園

春の桜、タンポポから晩秋の紅葉まで、四季折々のお花が景観をかざります。

 

公園のシンボルでもあるイチョウ並木は、旧東京都庁(現在の東京ファーラム)にあったイチョウを移植したもの。古木です。秋の色づきが美しいイチョウ並木です。

光が丘公園

最近タンポポは、どこに行っても外来種が強くて繁殖していますが、この公園は、日本の在来種のタンポポが自生していることで有名。どこか懐かしい佇まいのタンポポに出会えます。

光が丘公園

予約して利用するデイキャンプ場があります。利用は無料。炊事棟があり、かまど、調理台があり、アウトドアのテーブルなどが用意されています。このスペースは、子供と障害者専用。アウトドア指向の障害者の方、ぜひご利用ください。

キャンプ場周辺のバーベキュー場は、予約制ですが誰でも利用できる施設です。

光が丘公園

バードサンクチュアリもあります。壁穴から覗いて鳥を観察します。車椅子目線でも、覗ける箇所があるので、興味があればご利用ください。

光が丘公園

大きな芝生広場や森林浴ができる散歩道もあります。夏場はジャブジャブ池も開放されます。

光が丘公園

 

光が丘エリアも開発されて長い時間が経ちました。この公園もすっかり歴史ある公園の風格を帯びてきています。近隣の商業施設も、だいぶ年季が入ってきました。団地の住民も世代交代が進み、あらゆる年代の方が居住されているようです。

光が丘公園

遠方からわざわざおいでになるほどの強い個性のある公園ではありませんが、1時間圏内の近隣の方なら来る価値があります。大人の方には、タンポポが咲く時期とイチョウが色づく時期をお薦めします。

光が丘公園