国立科学博物館「千の技術博」(東京都台東区2019/02)

国立科学博物館「千の技術博

~科博は人気で大混雑、車椅子では夜間延長時間が狙い目です~

 

○日本の発明展

明治150年を記念した科博の特別展「日本を変えた千の技術博」は、2018年10月30日から2019年3月3日までの開催。会場は上野公園国立科学博物館の企画展示室です。

自動炊飯器、ウオークマンなど、時代別に9つのテーマに分けて、主に日本での発明を紹介します。

国立科学博物館「千の技術博

○バリアフリー状況

企画展専用入口から受付へ向かいます。この間通路はフラットで車椅子での通行に問題はありません。

国立科学博物館「千の技術博

入場料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

 

車椅子利用者は、受付からエレベーターで地階の第一会場へ案内されます。第一会場から第二会場へはスタッフの案内で同じエレベーターを利用し、その先はスロープを上ります。

第二会場から出口階へは、自由に利用できるエレベーターを利用します。

国立科学博物館「千の技術博

○日本初のエレベーター

数ある展示から大物展示物を紹介します。

国立科学博物館「千の技術博

日本初のエレベーターには、男性のエレベーターボーイが同乗したそうです。

国立科学博物館「千の技術博

○100年前の電気自動車

車の展示では、100年前に走っていた電気自動車の展示。

国立科学博物館「千の技術博

そしてロータリーエンジン搭載「マツダスポーツ」の展示があります。

国立科学博物館「千の技術博

○日本初のブルドーザー

「KOMATU」のマークがついた国産ブルドーザー第一号の展示です。

国立科学博物館「千の技術博

○問題は混雑

近年、科博の特別展は大変な人気です。混雑すると入場制限がかかり、入場待ちの列が上野公園内に伸びることもあります。またそのような状況では、会場内での車椅子移動も苦労します。

国立科学博物館「千の技術博

来場者の多くは家族連れです。激しく混雑するのは、休日や学校の長期休みの期間。科博は、金曜日と土曜日は20時まで開館が延長されます。18時を過ぎると空いてくる傾向があるようです。絶対に空いているとは申し上げませんが、混雑を避けたいなら、夜間延長時間が狙い目です。

国立科学博物館「千の技術博

 

国立科学博物館「千の技術博」は、大人も子どもも楽しめる企画展です。