シャトーカミヤ(茨城県牛久市2013/11)

シャトーカミヤ

明治36年竣工の国産ワイン生産の聖地。浅草の電気ブランで有名な「神谷バー」と同じ「カミヤ」です。ここの歴史などはHPで紹介されていますので、ご参照ください。

 

古い施設ですが、近年の建物もあり、全面的とはいえませんがなんとかバリアフリーな施設。車椅子の方でも、見学や買い物ができます。障害者用トイレもあるので、安心です。

 

古い工場の建物、手入れされた庭園、レストラン、ショップ、資料館という構成。このうち古い建物が東日本大震災で被災して以来、2013年時点では公開中止になっています。バリアフリーではないので、車椅子の方はもとから内部見学が難しかった施設ですが、なかなか補修ができないようです。

 

その他の施設は、車椅子でも利用できます。庭園はちょっと難所もありますが、がんばれば車椅子でもほぼ廻れます。庭の中心はバーベキューガーデンになっています。

 

駐車場は、正面入り口の道の反対側。有料ですが60分100円、最大300円の設定なので、料金負担は軽い。障害者減免はありませんが、施設利用による料金サービスはあります。

 

使っていいのかよくわかりませんが、施設の両脇側にも駐車場があり使えます。ブルワリーの裏とショップの裏です。それほどこちらの方がいい、とお薦めはしません。正面の正規の駐車場の方が、広々していて使い勝手がいいかもしれません。

 

一番の季節は、桜のころでしょうか。園内多くの桜があります。バーベキューガーデンで、花を見ながらの宴会は気持ちがいい。レストランはランチなら1000円から。地ビールが自慢です。

 

ショップでは、ワインをはじめとした各種オリジナル商品が販売されています。

障害者用トイレはショップの建物にあり、広さ、設備ともまずまず。普通の障害者用トイレで大丈夫な方は不自由なく使えると思います。

 

お散歩、食事、お買いものにご利用ください。