神田明神(東京都千代田区2019/03)

~新設された「文化交流館」を中心にした境内のバリアフリー状況~

 

○2017年境内全面舗装

2017年から2018年にかけての再整備事業により、神田明神のバリアフリー事情は変わりました。現地の状況を詳しく紹介します。

神田明神

2017年に境内の歩道が全面舗装されました。これにより車椅子での参拝がとても快適になっています。

神田明神

○正面参道の拡幅

鳳凰殿を取り壊して「文化交流館」を新設したことにより、本殿への正面参道が広くなりました。

神田明神

本殿の前は広場のような空間になり、それを取り囲むように「明神会館」、「文化交流館」、本殿の裏側に「資料館」があります。

神田明神

○「文化交流館」の概要

2018年12月に開館した「文化交流館」の概要です。地上4階、地下1階の構造で、1Fの外側にお札やお守りの「授与所」、祈祷の「受付所」があります。

神田明神

館内は、1Fにはお土産が買える「EDOCCO SHOP」と飲食の「EDOCCO CAFÉ」。どちらもフラットでスペースの余裕があり車椅子での利用は可能です。

神田明神

2Fと3Fは700名収容の「神田明神ホール」。4Fは多目的ラウンジ。B1はステージがある「EDOCCO STUDIO」。いずれも基本設計はバリアフリー仕様です。

神田明神

神田明神

障害者用トイレは3Fを除く各フロアに用意されます。

 

○エレベーターの運用

「文化交流館」にはエレベーターが1基あります。1Fは誰でも利用出来るフリースペースですが、B1やB2以上は各施設を利用する人のためのフロア。したがって一般用にはエレベーターを運行していません。

神田明神B1から本殿および資料館へ地下通路が伸びています。この通路も該当施設を利用する人だけの施設。一般には開放されていません。

神田明神

○だいこく様とえびす様

「文化交流館」の正面前には「だいこく様」。入口の横には「えびす様」がいらっしゃいます。どちらも周囲はフラット構造で車椅子での参拝は可能です。

神田明神

神田明神

境内には他にも、数多くのお末社や銭形平次の碑など、見どころが多々あります。神田明神は、2018年にバリアフリーレベルが上がりました。

 

 

 

※以下は2015年6月の現地レポートです。

神田明神(東京都千代田区2015/06)

~アキバ文化とコラボしています、マーケティングを導入した江戸の総鎮守~

 

新年仕事始めの日の賑わいや、神田祭が有名な神社。

 

知る限り、この神社ほどマーケティングに力を入れているところはないでしょう。フェイスブックは多頻度更新、ツイッターでは「ししまい」がつぶやき、キャラクターは「ラブライブ」。ラインで「商売繁盛スタンプ」も売っています。

神社仏閣界の最先端を走る神田明神です。

神田明神

残念ながらバリアフリーに対する格別の配慮はありません。それでも正面からなら、車椅子で参拝できます。

「隋神門」のところはやや路面がコブになっているのでご注意ください。裏参道は急な階段です。障害者用トイレはありません。

 

それほど広い神社ではありません。門をくぐれば見える限りの神社です。

神田明神

※2018年に行われた境内再整備事業により、以下に記載のある「駐車場」と「屋上庭園」は無くなりました。

パッと見えないスポットとしては「屋上庭園」。駐車場の屋根の上に、鎮守の森の再現を目指した空中庭園が造営されています。

アクセスは階段か急坂なスロープ。車椅子で登り降りするのはかなり大変。屈強な介助者が絶対に必要な急坂です。

神田明神

この駐車場を抜けると、神田明神とは関係はありませんが、文化財指定の「神田の家」があります。江戸職人の技が込められた保存家屋。せっかくですからご覧ください。

神田明神

人気のある神社です。日中は常時参拝客の列ができている印象。今回参拝したのは休日の夕方近く。秋葉原からほど近い立地のためか、いかにも今日は秋葉原で遊んできました、という雰囲気の若者たちも大勢います。車屋台がきていて、スイーツ系を売っていました。みていると若い人を中心によく売れています。

神田明神

お守り、お札の類も、みていると若い人によく売れています。観察するとここにもマーケティングあり。

最近流行りの「御朱印帳」。カラーバリエーションが豊富で、季節限定カラーもあり、更にはキャラクター「みこしー」が描かれた神田祭限定のものまで。すごいマーケティングです。

 

もっとご紹介します。「勝守」かちまもりと読みます。関ヶ原の戦いの前に家康が神田明神に戦勝を祈願して、天下分け目の戦いに勝った、そのご利益があるお守りです。これ以上のエピソードがあり得るでしょうか。最強のお守りです。

 

「おねがい兎守」。因幡の白ウサギのお話で、大黒様は兎のお願いを聞きとどけてくれました。ということは兎になってお願いをすると願いは叶う、という論理構成で、お守りの中には兎マスコットがついた短冊が入り、そこに願いを書くお守りです。皆さん、兎になってお願い事をしましょう。

 

「IT情報安全守護」。平成14年に発売が開始された、情報システム関連のトラブルを防止してくれるお守りです。ウィルス感染、パソコンの突然のフリーズ防止などにご利益があるそうです。電気街が氏子の神社なので、ニーズに応えた新お守りということ。

そして2014年には、個人情報保護法の施行にともない、個人情報漏えい防止のご利益も加わったそうです。

更には、通常のお守りとこの「IT情報安全守護」、これに名刺入れを加えた3点セットの「しごとのおまもり」パックがあります。パックのカバーカラーは3種類。これはビジネスマン必携でしょう。

 

通販では、アニメ「ラブライブ」のキャラクター達が、巫女さんスタイルになった「ポチ袋」「蒔絵シール」「神田祭ポスター」などが売られています。

 

またスマホサイト「神田明神モバイル」があり、会員になると毎日の運勢がわかります。若い人の参拝が増えるわけです。

 

こんなことをしている神社仏閣は他にあるのでしょうか。神田明神に知恵もの在り。有能なビジネスコンサルがついているのか。神社界のトップブランドを目指す、神田明神です。是非ご参拝ください。

≪スポンサーリンク≫

ネットで写真プリントは写真館フォトピース!