富士花鳥園(静岡県富士宮市2013/9)

富士花鳥園

バリアフリーな観光施設のご紹介です。ベコニアガーデンとフクロウ、タカなどの鳥類が売り物です。施設は大きく屋内と屋外の庭園スペースに分かれます。屋外はさすがに若干のアップダウンがありますが、それでも車椅子で鑑賞可能。屋内は完全なバリアフリー。落ち着いて花と鳥を鑑賞できます。

 

入園料は、各種障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が2割引になります。通常料金が大人1050円。道の駅など、いろいろなところに割引券がおいてあるので、料金的にはそれほどの優遇があるわけではありません。駐車場は無料です。

 

富士五胡から朝霧高原にかけて、他にあまりバリアフリー施設はありせんので、ちょっと料金はかかりますが、よってみるのも一興です。障害者用トイレはあります。ただし、大型のベッド設備は配備されていません。貸し出し用の車椅子は豊富に用意されています。ちょっと足の悪いお年寄り層には、とても合っている施設かもしれません。

 

園屋内は、お花でとてもきれいです。このあたり夏場は避暑地で、他の季節は結構寒いのですが、屋内は別天地。オールシーズンお花と遊べます。

 

ところどころにフクロウがいます。以前行ったとき、チケット購入窓口の横にフクロウがいて、まったく動かなかったので作り物かと思っていたら、突然首を回して、びっくりしたことがあります。なかなか愛嬌がある動物です。

 

園内で、フクロウを飛ばすショーも開催されます。それがどうした、という先入観をもっていても、見ると意外に面白いショーです。フクロウとのふれあいタイムもあります。お好みでどうぞ。屋外ではタカを飛ばすショーが開催されます。

 

花の下で食事ができるコーナーもあります。富士宮やきそばが人気のよう。園内に富士山の伏流水の汲み放題のコーナーもあります。容器を持参しましょう。

 

ご興味次第ですが、興味がもてるようであれば2~3時間はすぐ過ぎてしまう施設です。鳥嫌いの方にはお薦めしません。