清澄庭園(東京都江東区2015/05)

清澄庭園

 

~岩崎家三代が築いた名石の庭、車椅子通行可能ルートはお庭の半分だけです~

清澄庭園

「回遊式林泉庭園」という様式の日本庭園です。日本庭園ですから、基本はバリアフリーではありません。砂利道、段差、飛び石が車椅子を待ち受けます。車椅子で快適に移動できる区間は、ほぼゼロだと思ってください。気合を入れれば、車椅子でも何とか動けるルートがお庭の約半分ある、という状態です。

 

新緑の5月。清澄庭園が最も美しい季節。好天の休日にお出かけしました。

 

さすがにGW、いつになく来場者が多い印象ですが、それでもたいした混雑ではありません。入園料は一般150円、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免になります。

 

駐車場はありませんが、近くの清澄通りはパーキングメーターが設置されています。GWの今回訪問時でも、空きスペースが多々ありました。車派の車椅子ユーザーでも、よほど運が悪くなければ、駐車場に困ることもないでしょう。

 

通用門を通り庭園の敷地内に入ると、ただちに砂利道になります。車椅子自力走行の人にとっては、ギリギリの深さの砂利。非力な人は無理かもしれません。屈強な介助者がいたほうが安心な庭園です。

清澄庭園

庭園入場門の手前に受付があり入園料金を支払います。この先の庭園内に入るところで、いきなり段差があるので、車椅子の人は別にある特別入場門から入ります。正規ルート入場門が左手、車椅子特別入場門は右手になります。

この車椅子特別入場門には、竹棒を手動で動かす“ゲート”が設置されています。他で見たことがない、竹製の手動ゲートです。車椅子ユーザーは、ぜひ操作感をお楽しみください。

 

手動ゲートを開けて園内に入ります。サービスセンターの裏側、ダートオフロードを通ります。周囲には長靴やトロッコ、竹箒などが並び、庭園管理の舞台裏を眺めることが出来ます。そして園内に。園内に入るとすぐに砂利道になります。車椅子が砂利にとられて苦しい走行になりますが、頑張って進みましょう。

 

ほどなく、園内でも一二を争うベストビュースポットに出ます。隅田川の水を引いた「大泉水」をバックにした日本庭園の美が堪能できるので、最低限ここまでの50mほどは、車椅子で頑張りましょう。これ以上の砂利道は無理と思えば、ここで引き返してください。まだ頑張れる車椅子ユーザーは、園内半周を目指します。

 

入場口からみて「大泉水」の反対側にある「涼亭」の先までが、車椅子で何とか移動可能なルートです。

 

入場口から見てもっとも奥に「芭蕉の句碑」があり「古池や・・・」の句が刻まれています。その横には花菖蒲がある“池”にも見える水面があるので、ここで芭蕉がこの名句を読んだのか、と思ってしまいそうですが、そうではありません。近隣にあった芭蕉庵に建てられていた句碑で、芭蕉庵がなくなったため、移転されてこの地にきた句碑だそうです。

 

車椅子で砂利道を頑張ってこの庭園奥側の「涼亭」方面までくれば、数多くの「名石」

をみることができます。「伊豆の磯石」「紀州の青石」など、全国の石の産地から集まられた「名石」が園内に配置されています。

それぞれの石に名札が付いているので、これは「佐渡の赤玉石」か、という風に、予備知識がなくても楽しめます。よくぞこんな重いモノを運んできたなと感心しながら、名石をお楽しみください。

 

園内の動植物も魅力的です。5月なら、ツツジや菖蒲。ちょうど池の岩の上に「アオサギ」が佇み、その下の岩に「亀」が甲羅干しをしていました。なんとなく、鶴と亀の縁起物をみるような、ほのぼのとしたワンショットです。

 

障害者用トイレは、園の外の通用門脇のトイレと、園内の「涼亭」近くのトイレに併設されています、いずれも一戸建て方式の公衆トイレで、いわゆる公園のトイレです。レベルはそれなりのトイレと思ってください。できれば他の商業施設で休憩されることをお薦めします。

 

大正12年の関東大震災では、被災者の避難場所となり多くの命を救った公園だそうです。翌大正13年に岩崎家から東京市に寄付され、昭和7年に東京市の公園として開園。昭和20年の東京大空襲の時もここが逃げ場所になり、多くの人の命が救われたそうです。

 

東京市民の命の歴史がある庭園。そういう予備知識をもちながら、車椅子でも頑張って砂利道にチャレンジしてください。