恋する豚研究所(千葉県香取市2014/02)

恋する豚研究所

 

「恋する豚研究所」というネーミングの施設で、自由に遊べる芝生広場、ランチ専門食堂、お肉系のお土産ものショップで構成されています。

 

完全バリアフリー対応。障害者用駐車スペース完備、食堂とお土産ショップは2Fですがエレベータ完備、2Fには綺麗な障害者用のトイレもあります。

恋する豚研究所

質の高い豚肉が自慢の地元資本の会社が経営しています。従業員として、地元の知的障害の方を積極的に雇用している、という話もあります。

 

新しいのでたいへん綺麗な施設。駐車場も広々しています。ただし、駐車場は障害者用スペースにも屋根はありません。遊べる芝生広場には、勝手に使っていい遊び道具がおいてあり、手ぶらでいってもバトミントンなどができます。

恋する豚研究所

メインは食堂です。結構人気で、ウエイティングがでることもあります。メニューは1000円のランチセットが3種類ほど。焼きと、茹でと、週替わりメニューという選択です。

正直それほどお肉のボリューム感はありませんが、ご飯はおかわり自由でした。お肉の追加は別料金でできます。もちろん普通の大人のランチとしては十分な量があります。こってり、というよりはさっぱりしたランチです。ヘルシー志向ですね。

恋する豚研究所

食堂と併設して、ちょっとしたお土産ショップがあります。メインはハムなどの豚肉加工品です。以前は極めて淡泊に販売していた印象ですが、先日はコンロを持ち出して気合の入った試食販売を行っていました。徐々に、営業に慣れてきているのかな、という印象です。おそらく、集客力はあるので売り方をもっと上手にすると、物販売上は上がると思います。

 

スタッフの中には、ちょっとコミュニケーションに障害があるのかな、という雰囲気の方もいました。でも一生懸命にお仕事を頑張っています。皆さん応援しましょう。

恋する豚研究所

施設のハードはいいし、事業コンセプトも面白いところです。きっとこの先、商品、サービス、そしてセールスプロモーション全体のレベルがあがって、もっと人気がでてくると思います。

 

千葉の香取方面にお出かけになるときは、ぜひお立ち寄りください。

 

○2018年7月の追加情報

2018年4月に、敷地内にスィートポテト専門店がオープンしました。早くも大人気。2Fの飲食スペースには階段のみですが、1Fのショップは車椅子での購入は可能です。ご利用ください。

食堂の人気も上昇しています。今回日曜日のお昼にチェックしたところ、1時間待ちでした。ウェイティング覚悟でお出かけください。