道の駅くろほね・やまびこ(群馬県桐生市2019/02)

道の駅くろほね・やまびこ

~黒保根の美味しいものに出会える、シンプルで小規模な道の駅~

 

○山中の人気施設

1998年開業の道の駅です。最寄りの駅はわたらせ渓谷鉄道の水沼駅。住所は桐生市ですが山中の立地です。

施設としては産直ショップ棟、食事処と観光案内所が入る棟、トイレ棟のシンプルな構成。とても人気がある施設で、駐車場はいつも賑わっています。

道の駅くろほね・やまびこ

○バリアフリー概況

障害者用駐車区画は屋根無しで1台分。障害者用トイレはトイレ棟内に1つ用意されます。インドアトイレには障害者用はありません。

道の駅くろほね・やまびこ

敷地内はほぼフラットで段差はありません。産直ショップ棟と食事処と観光案内所が入る棟へは、スロープを利用することもなくフラットに移動できます。

道の駅くろほね・やまびこ

○産直ショップのバリアフリー状況

直売所棟の出入口はタッチ式の自動ドア。小規模なショップで店内通路は縦3本。入口から見て左の通路は幅広、中央の通路幅は並みサイズで車椅子での移動は可能。右の通路は車椅子での通行が困難なレベルの狭さです。

道の駅くろほね・やまびこ

産物は豊富で安くて美味しい。味噌や梅干し、漬物なども。黒保根町の地場産品と出会えます。

道の駅くろほね・やまびこ

○食事処のバリアフリー状況

うどん、蕎麦が自慢の食事処の入口は手動ドア。建物入口付近が観光情報コーナーで、奥が食事処。棟内はフラットで車椅子での移動は可能です。

道の駅くろほね・やまびこ

食券制ですが、お料理はスタッフが席まで運びます。お茶はセルフサービス。食後は食器をカウンターに下げる、セミセルフ方式です。

道の駅くろほね・やまびこ

店内のスペースは余裕があり、車椅子での店内移動は可能です。お座敷席とテーブル席がありますが、車椅子で食べやすい構造のテーブルは数が少ないので、良い席が確保できるかが問題です。

道の駅くろほね・やまびこ

うどんは迫力のある太麺。山菜の天ぷらが評判です。

建物は立派な梁がある純和風構造。素敵な造りの食事処です。

道の駅くろほね・やまびこ

 

開業当時から大きな改装はなく現在に至っています。したがって全体的なバリアフリーレベルは高くはありませんが、「道の駅くろほね・やまびこ」は無駄な段差構造が無い施設です。