マキノピックランド(滋賀県高島市2016/09)

~全長2.4kmのメタセコイア並木が有名です、50年以上の歴史がある大規模農業公園~

 

琵琶湖の北岸に広がる広大な公園です。

果樹園、産直ショップ、お土産&レストラン、グランドゴルフ場、野球やサッカーができる多目的グランドなどで構成。

現在の主要な施設は1999年に完成しているで、今どきのバリアフリー施設ではありません。それでも、車椅子での利用に大きな問題はありません。

 

駐車場は広大。後付の障害者用駐車区画が設定されています。

駐車場からメイン棟である「センターハウス」方面に向かうルートは段差構造で、迂回スロープが設置されています。

このあたりで早くも、20世紀の施設の匂いがプンプンするバリアフリーレベル。施設全般にわたって、そういうイメージで間違いはありません。

 

駐車場からスロープ利用で、一段高い施設のあるエリアに到着。このエリアに「野菜直売所」「レストラン」「センターハウス」の3棟があります。

 

「野菜直売所」は30坪ほどの小型の施設。広さに余裕がないので、車椅子で店内回遊は快適とはいえません。

 

「レストラン」はホール60席、テラス60席の規模。段差解消スロープがあり、可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。

マキノピックランド

「センターハウス」には、お土産ショップ、ソフトクリーム屋さん、自由に使える休憩コーナー、授乳室などがあります。

この建物は大きくて広い。内部の通路も余裕がありますが、残念ながら入口の第一ドアは手動ドア。車椅子利用で不便を感じるのはここだけです。

この地は冬期降雪エリアなので、防寒対策もあって手動ドアなのかもしれません。

 

トイレは、独立一戸建て方式の公衆トイレが2か所ありますが、「センターハウス」にもあり、障害者用トイレが併設されています。ややくたびれたトイレですが、実用には耐えるので安心してご利用ください。

 

グランドゴルフ場と野球やサッカーができる多目的グランドは、「センターハウス」の裏側に広がります。

ぶどう、栗、りんごなどの各種の果樹園は、道を隔てた反対側の敷地に広がります。

そしてこの道が観光名所である全長2.4kmの「メタセコイア並木」です。

 

今や滋賀県を代表する観光ポイントとして紹介される「メタセコイア並木」。ドライブルート、サイクリングロードとして、絶大な人気を誇ります。

 

確かに大迫力の巨木の並木。植林されたのは1981年から1982年。それほど昔ではありません。

成長の早い、そして成長が止まらないメタセコイアです。10年後にはさらに高く大きくなっているはず。米国には高さ100mの巨木もあります。

すくすく育って、オンリーワンの観光スポットとして、更に迫力を増してもらいたい「メタセコイア並木」です。

 

この施設は1961年に、国の開拓パイロット事業の認定を受けて、67haの栗園が整備されたのが起源です。

1971年に観光栗園を開業。

1976年に、現在の運営法人が設立されて民営化。

1999年に「センターハウス」など、現在の主要施設が誕生。いまだに、年々観光果樹園の面積は広がっています。

果樹園自体はバリアフリーではありません。一般的なオフロードの果樹園をイメージしてください。

 

雄大な施設です。琵琶湖近くの立地ですが、「メタセコイア並木」は日本の風景とは思えないモノ。「マキノピックランド」その観光拠点になります。

 

やや設備は古く、経年劣化を感じますが、車椅子での休憩は可能です。一昔前のバリアフリー水準であることをご理解の上、上手に車椅子でご利用ください。