丸の内クリスマス2018(東京都千代田区2018/12)

丸の内クリスマス2018

~11/8にクリスマスツリー点灯、イルミネーション2018もスタート~

 

○拠点は丸ビル

恒例イベント丸の内のクリスマス。2018年の名称は「Marunouchi Bright Christmas 2018~北欧から届いたクリスマス with Yuming~」です。

クリスマス企画は複数箇所に分散されていますが、拠点は丸ビル。丸ビルと仲通りのイルミネーションがイベントの中心です。

丸の内クリスマス2018

○ツリーは基本に戻る

マルキューブに飾られるクリスマスツリーは、進化系スタイルからオーソドックなスタイルに変わりました。誰が見ても解りやすい、でも「北欧」デザインされたツリーです。ライティングショーは17:30から15分毎に実施されます。

丸の内クリスマス2018

また12月からは、北欧雑貨をテーマにしたクリスマスマーケットが開催されます。

マルキューブはバリアフリー環境。もちろん車椅子からの鑑賞は可能です。

丸の内クリスマス2018

○ピアノは丸ビル3Fに

2017には新丸3FとオアゾOO広場に登場した、自由に弾けるピアノ。2018は丸ビル3F回廊に登場。ユーミンの楽譜付きです。

丸の内クリスマス2018

丸の内クリスマス2018

○イルミネーションは12月から17時点灯

2018の丸の内イルミネーション点灯時刻は、17:30から23:00。12月は17:00から24:00になります。イルミネーションは2月17日までの開催です。

丸の内クリスマス2018

丸の内クリスマス2018

丸の内クリスマス2018

○新丸は「シルバーレイク」

新丸3Fアトリウムには、フィンランドの湖畔をモチーフにしたデザイン系のツリーが登場。ホワイトとシルバーで湖畔の冬のイメージを表現します。

また12月からは、スイーツをテーマにしたクリスマスマーケットが開催されます。

丸の内クリスマス2018

丸の内クリスマス2018

○オアゾは「ラッキーホース」

アオゾ1F00広場には、スウェーデンの伝統工芸品、幸せを運ぶ馬をつかったツリーが登場。ベーシックなクリスマスツリーです。

丸の内クリスマス2018

丸の内クリスマス2018

○ブリックスクエアは「銀のお守り」

ブリックスクエア一号館広場には、フィンランドの伝統的なお守り「ヒンメリ」をイメージした輝くオブジェが登場。丸の内イルミネーションと重なる夜の光景が素敵です。

丸の内クリスマス2018

○国際ビルは「妖精」のツリー

国際ビルの1Fエントランスには、赤い帽子がトレードマークの北欧の妖精「トントゥ」がモチーフのツリーが登場。デザインとしてはベーシックなツリーです。

丸の内クリスマス2018

 

2018の丸の内クリスマスは、力が入った企画です。車椅子でのイベント参加、鑑賞は可能。ビル内のツリーは、昼間でも車椅子で楽しく鑑賞できます。