みぶハイウェーパーク(栃木県壬生町2015/01)

みぶハイウェーパーク

 

~高速道路と一般道の一体型ハイウェイオアシス、なぜか“オフ会”は禁止です~

 

ご存知でしょうか、おもちゃの町壬生。おもちゃ博物館などがある、楽しい町です。博物館がある総合公園と一体になって、総面積52ha超の広大な施設が「道の駅 みぶ」として国交省に認定されています。本稿ではその中のごく一部となる「みぶハイウェーパーク」をご紹介します。

 

駐車場は、北関東自動車道東行き、同西行き、一般道用の3つに区分。それぞれに、2台から3台分の障害者用駐車スペースが設置されています。

 

ハイウェーパークの施設としては、広場が三つと池が1一つ、そして物販+食事処施設と一戸建て方式のトイレがあります。

 

障害者用トイレは、一戸建て方式トイレと物販施設トイレの両方に一つずつ併設され、どちらも広さ、設備、清潔感、いずれも合格です。車椅子ユーザーは、安心してご利用ください。

 

食事処の名称は「みぶのおばちゃんち」です。9時から20時の営業なので三食お試しできます。“おばちゃんちはこっち”みたいな案内板や旗がでています。ショップコンセプトがよく表現されている店名です。

格別な車椅子への配慮はなさそうですが、基本はバリアフリー設計。移動可能なテーブルと席が配備されているので、車椅子でも問題なく利用できます。

 

物販施設は、産直農産品と加工品、お土産品などが並びます。この物販施設は見た目よりも小さく、通路幅も狭く、車椅子での買い物にはあまり適しません。小規模店舗なので仕方がないのですが、商品ラインアップも数不足です。そういうお店だ、と思ってご利用ください。

 

広大な公園の一部として、まる一日の遊びの途中で利用してください、というコンセプトの施設でしょう。アウトドア派の拠点です。

バリアフリー上の問題は特にありません。車椅子ユーザーも休憩、お食事などに安心してご利用ください。

 

この施設にある“禁止事項”の看板の件です。騒いではいけない、危険なことはしてはいけない、などの一般条項は解りますが、禁止事項の筆頭に記されているのが「オフ会」です。何があったのでしょうか。なぜ筆頭禁止事項がオフ会なのでしょうか。そもそもこの看板で書かれているオフ会とは、何を意味しているのでしょうか。謎です。

 

平成21年に開業した、広大な道の駅の一部を構成する施設です。まだ新しい。最新のバリアフリー施設に比べると少し見劣りしますが、それでも十分にバリアフリーです。

 

高速道路のPAとして、道の駅の施設として、車椅子ユーザーの休憩、お食事に、安心してご利用ください。