道の駅こもち(群馬県渋川市2014/12)

~ただ今改装工事中、大型バスでヤル気満々の団体客がやってくるこんにゃくの里~

道の駅こもち

渋川ICから近く、人気のある道の駅です。2014年12月現在改装工事中で、駐車場がやや狭くなっています。暫定版の障害者用駐車スペース1台分ありますが、休日の日中は混雑するでしょう。

停めやすい場所が見つからない車椅子ユーザーは、施設の奥側にある大型車用の駐車場に回ってください。広々していて、むしろそこからの方が、バリアフリーに施設に移動できます。

道の駅こもち

施設は産直ショップと併設のレストラン、別棟で足湯コーナーと観光用の水車、イベントハウスです。

 

トイレは、やや古さが目立つレベル。障害者用トイレは2つありますが、ウォシュレットはないタイプです。現在の改装工事ではトイレ内は対象ではない様子。早期の改装を期待したいところです。

 

段差をスロープで上る古い構造設計の施設です。このようなわざわざ段差を造っている設計は、これからはないでしょう。特に普通車の駐車場からのアクセスは、ややきついスロープ。その傾斜の途中にトイレがある設計。普通に利用すると、スロープは避けられない構造です。

 

買い物気合がバリバリに入った団体客がよくいます。集団にあたると混雑が大変。車椅子ユーザーは、様子をみて一団が去った隙に施設を利用したほうが賢明です。産直ショップの店内は、それくらいの通路幅。車椅子幅プラス30cmくらいが、通路の標準幅です。もう少し余裕が欲しいところです。

 

外向きのカウンター販売で「こもちタイ焼き」などが販売されています。なんとなく魚卵が入ったタイ焼きに思えますが、ここは「こもち」です。普通のタイ焼きです。

 

キャッチフレーズが“こんにゃくの里”。さすがにこんにゃくは豊富なラインナップが並びます。麺状にした“こんにゃく麺”があり、小さなカップに自分でよそって試食するようになっています。その試食コーナーに「お一人様一杯まで」と書いてあります。きっと猛者が出るのでしょう。恐ろしい光景が目に浮かびます。

 

市とJAなどが出資した第三セクター方式の運営です。団体客の受け入れがうまくいっている印象。買い物ツアー客は、売上に貢献するでしょう。ただハード面のバリアフリーレベルが、いま一つです。そのために混雑すると車椅子ではキツイ場面があります。特にただ今改装中で、駐車場がやんちゃです。近隣に大型の商業施設がたくさんあるので、トイレもそういうところで借りた方が無難かもしれません。健常者には問題なしですが、身体障害者にはやや辛い道の駅です。