道の駅こすげ(山梨県小菅村2015/04)

道の駅こすげ

~ハード先行でまだソフトが追い付いていません、秘境小菅村に誕生した道の駅~

道の駅こすげ

2015年3月29日開業。出来たてホヤホヤの道の駅です。以前からあった日帰り温泉「小菅の湯」の隣接地にできました。ターザンごっこが楽しい「フォレストアドベンチャーこすげ」も隣接しています。

 

小菅村のこれからの観光産業を担う、期待の新施設。新しいだけに、当然バリアフリー度は高い道の駅です。

 

道の駅こすげの話題に入る前に、アクセスルートの注意情報をレポートします。

小菅村、山梨県大月方面からの国道139号線ルートはひどい悪路でした。それが2014年11月に「松姫トンネル」が開通し、アクセスが大幅に改善された、ということになっています。今回この大月からの国道139号線ルートを試してみました。

 

確かに「松姫トンネル」は快適なバイパス。この区間の旧道の悪路を通らなくてすむようになったのは、大きな進歩です。

でも大月から「松姫トンネル」までの国道139号は、まだまだ“これが国道か”というレベルの生活道路。見通しの悪い狭い山岳道路も、うんざりするほど残っています。

大月からのアクセスは、実際にはまだまだ不便です。ご用心ください。

 

小菅村。秘境感のある村です。東京から2時間圏でこの秘境感。人気の秘密でしょう。

 

今回訪問したのは日曜日。二輪ライダー集団がツーリングを楽しんでいました。道の駅にも二輪ライダーが大勢終結中。それを見越してか、二輪駐車スペースをたっぷりとってある道の駅です。

障害者用駐車スペースも2か所に計4台分、屋根はない一般タイプです。

 

施設は、物販店舗、レストラン、地域情報コーナーから構成されています。

 

トイレはインドアトイレと屋外一戸建ての変形タイプの2か所。いずれにも障害者用トイレが一つあります。

出来立てなので、どちらのトイレもピカピカ。広さ、設備、清潔感いずれも合格の障害者用トイレです。安心してご利用ください。

道の駅こすげ

今回訪問は日曜日の午後1時過ぎ。レストランは4組ほど“ウエィティング”になっていました。実際に利用はしませんでしたが、見る限り車椅子での利用に問題はなさそうです。

周辺には飲食店は全くありません。山中の唯一のレストランです。石窯を用意したようでマルゲリータ950円、などの開業スタートメニュー。これからどういう進化を見せるのでしょうか。

 

物販店は地元の新鮮採れたて農産物は数少なく、加工食品が中心です。木工工芸品なども少々陳列されています。

 

残念ながら、現在のところ売り物が少ない。商品開発、商品調達が出来ていないようです。買い物意欲満々のお客さんが来ているのに、買う気になるものがない、そういう状態です。ショップはそれほど大きくありませんが、商品はスカスカの印象です。

店内への入口正面ドアは自動ドア、床面はフラット、通路幅は並みレベルです。車椅子での店内回遊は十分できます。

 

地域情報コーナーは、更にソフト面が貧弱です。地域を紹介するコンテンツが足りません。ゆっくりとレベルを上げてください。

 

小菅村は山間にあります。広い面積のある平地の農地はおそらくほとんどないでしょうから、いわゆる農産物産直ショップ形態は、品揃えが難しいでしょう。

 

道の駅で何を売るかです。今回訪問時は、屋台などの出店は全くありませんでした。

安易な発想ですが、お団子、から揚げ、バーガー類、アイスなど、よくある出店方式のテイクアウト品を販売したら、売れると思います。ただ派手な旗を立てて、俗っぽい商品を売ると、秘境感は薄らぐかもしれません。

二輪ライダーに何を売るのかも、難しい。キャベツやゴボウは買わないでしょう。

 

観光産業を伸ばしたい、という小菅村の気合は伝わってきますが、現時点ではハード先行でまだソフトが追い付いていません。これからが知恵の出しどころです。東京2時間圏の秘境立地を活かした商売が成功することをお祈りします。