道の駅三芳村「鄙の里」(千葉県南房総市2014/12)

~お土産品とレストランが入る棟はピカピカです、「日本酪農発祥の里」の道の駅~

 

牛乳のブランドは「三芳」です。乳製品、地ビール、新鮮農産物などが自慢の道の駅、別称が「鄙(ひな)の里」になります。

道の駅三芳村

施設は、農産物直売所とお土産品とレストランが入る棟の2つがあり、前者は古いまま、後者は改装もされたピカピカ棟です。

 

多くの人は“南側”からこの道の駅に来ると思いますが、先に出てくる駐車場が農産物直売所の前、次に出てくる駐車場がピカピカ棟の裏側になります。車椅子ユーザーには、ピカピカ棟の裏側の駐車場がお薦め。最初の駐車場は、通り過ぎましょう。

 

どちらの駐車場に停めるかで、バリアフリーに違いが出ます。農産物直売所の前の駐車場にも1台分障害者用の駐車スペースがありますが、その先やや傾斜やデコボコのあるルートを通り、手動ドアから農産物直売所に入りことになります。

 

ピカピカ棟の裏側の駐車場からなら、トイレも含めて全ての施設にフラットルートで行くことが出来、農産物直売所にも自動ドアの入口から入れます。バリアフリーでは、“次に出てくる駐車場”の圧勝です。

 

トイレはピカピカ棟横の一戸建て方式。障害者用も併設され、まだ新しく清潔感があります。広さや設備も合格、一戸建て方式としては上々のトイレ。また、お子様用のトイレが独立して設けられています。一戸建て方式としては珍しい設計です。

道の駅三芳村

ピカピカ棟は広くて天井が高い、気持ちの良い空間です。お土産品が並び、ソフトクリームなど乳製品も販売しています。フリー席もゆったり用意されているので、インドアでも座ってソフトクリームを食べられます。アウトドア席やベンチもあるので季節良い時は、外の方が人気でしょう。

 

レストランも人気。地場の食材を中心にした“おふくろの味”志向です。オープンキッチン形式なのがいいですね。手ごろな値段で、それなりの食事がいただけます。もちろん車椅子利用が可能です。

 

ピカピカ棟から外に出ると、ウッドデッキ広場があり、そこからバリアフリーに農産物直売所に向かえます。直売所のこちら側の入口は自動ドア。車椅子で快適に入場できます。

 

直売所の中は昔ながらですが特に段差などはありません。通路幅は並みレベル。よほど混雑していない限り、車椅子での利用に問題はありません。南房の恵みを吟味してください。

道の駅三芳村

さて、直売所前の駐車場に面して、独立した売店形式でハンバーガー屋さんがあります。本格的なハンバーガー、いわゆる“千円バーガー”を売る売店です。

男子を中心に人気のショップ。よく列が出来ています。こんなところに千円バーガー、という意外性がいいのかもしれません。皆さん、ムシャムシャ駐車場の脇で立ち食いしています。ピカピカ棟の中に持ち込んで、フリー席に座って食べても構いません。女性の方も安心してハンバーガーをご賞味ください。

 

ピカピカ棟の完成で、いっきにバリアフリー度が上がりました。過去に印象の悪かった車椅子ユーザーの方、ポイントは“次に出てくる駐車場”の利用です。すっかりバリアフリーになりました。安心してご利用ください。