道の駅おかべ(埼玉県深谷市2015/04)

 

~障害者用トイレがとても綺麗です、ネギの聖地 深谷の老舗道の駅~道の駅おかべ

今回訪問時は桜が満開。お花の季節に行って初めて気が付きましたが、道の駅の裏手にある公園は桜が見事です。お花見が出来る道の駅でもありました。平成9年開業の初期型道の駅。この年代の施設としては、バリアフリーが進んでいます。

 

障害者用駐車スペースは2台分。今どきの施設と同じような、ごく一般的な位置にあります。駐車場と施設は段差がありスロープで解消しているタイプ。今どきの完全バリアフリー設計ではありません。独立したトイレ棟、地域情報センター、お土産コーナー、産直ショップ、お食事処、という施設構成です。

道の駅おかべ

施設前の通路は、余裕をもって車椅子で通れるほどではありません。施設の入り口ドアも、それほどワイド設計ではありません。平成9年の開業時、そのままなのでしょう。

ただ、この時代の施設にしては、通路もドアも、まずまずの余裕だと思います。もっとひどい設計の施設を数多く知っています。

道の駅おかべ

お土産コーナーである物産館、農産物産直ショップとも、店内の通路幅は標準レベルです。混雑していなければ、車椅子での店内回遊は可能です。

おそらく什器やワゴンの配置を工夫して、開業時よりはバリアフリーにしているのだと思われます。出来ればあと20cmくらい、通路幅を広げていただくと車椅子は助かります。

 

ここ埼玉県深谷市はネギの聖地です。こちらの産直ショップでも、ネギは別格扱いで販売されています。

 

生産者の名前を表示するのはもはや一般的ですが、ここのネギは生産者別の名前の他、素人がみると意味が解らない登録コードが表示された、生産者別の専用ラックで陳列販売されています。

 

ちょうど生産者の方が商品を持ち込んで、自分のラックに陳列しているシーンを見ることが出来ました。畑からそのまま来ました、というファッションで、手塩にかけて育てたネギを、とても丁寧にラックに並べています。自分のネギへの、熱い思いが伝わってくる作業シーンでした。

道の駅おかべ

施設の奥の方に食事処があります。スペース的な余裕があり、テーブルと椅子は可動式なので、車椅子での利用は可能です。

 

食事処の更に奥に施設内トイレがあり、障害者用トイレが一つ併設されています。施設の内装は平成9年開業時のままと思われる劣化具合なので、全くトイレへの期待がなかったのですが、障害者用トイレはピカピカの最新設備です。

改装したのか、最近増設したのかは解りませんが、お薦めのトイレです。安心してご利用ください。

 

別棟のトイレも綺麗です。障害者用トイレが2つあり、広さ、設備、清潔感、いずれも合格。施設内のトイレと併せて障害者用トイレが3つある、今どきのバリアフリー施設と同等レベルのトイレ自慢の施設です。これはいいですね。車椅子ユーザーは安心してご利用ください。

 

パッとみると、いかにも初期型の道の駅で、施設のバリアフリー度は低いように見えますが、トイレは最新レベルです。“聖なるネギ”を求めて、お気軽にご利用ください。