道の駅おおた(群馬県太田市2015/04)

道の駅おおた

~多国籍な自動車屋台軍団が名物、ピカピカトイレが嬉しい今どきの道の駅~

 

国道17号バイパス上武道路。高速道路のようなバイパスに面した道の駅です。平成24年開業。完全バリアフリー設計が自慢。そういっては何ですが、群馬県太田市はそれほどメジャーな観光スポットがありません。地元の期待を背負って誕生した施設でしょう。

 

駐車場は広大。障害者用駐車スペースは4台分あり、使いやすい屋根付き駐車場。今どきの設計です。駐車場と施設はそもそも段差がない完全フラット設計。これも今どきです。

道の駅おおた

今回訪問時は、なんと4台分の障害者用駐車スペースがたまたま満車でしたが、広大な駐車スペースのどこからでもバリアフリーに施設に行けるので安心。どこでも乗降しやすい場所に停めてください。車椅子での利用に何の問題もありません。

 

ただ、こちらの施設のハードは安普請です。お金かけてないなあ、とみてとれる建物。デフレ社会の産物。このチープさは平成24年当時の、日本経済の気分を象徴している現象かもしれません。賢いと言えば賢い設計。資金不足に悩む全国の道の駅関係者の皆さん、参考になるかもしれない施設です。

 

施設の内容も割り切っています。本棟は産直ショップと無料の休憩コーナーのみ。道の駅に必須の食事処はありません。その代わりにあるのが「ケータリング カー ビレッジ」。車の屋台軍団です。施設本棟の前に、ずらりと車屋台が並んでいます。

道の駅おおた

今回訪問時は、ラーメン、焼き鳥もありましたが、ロシア料理、ブラジル料理、アメリカンなお肉料理、韓国系料理などの車屋台がでていました。

ここ太田市は、工場で働く外国の人が多いことで知られていますが、こちらの各国料理の多国籍軍団の皆さん、それっぽい雰囲気の外国人スタッフが販売しています。

ロシア料理は、いかにもロシアっぽい顔をした女性。アメリカンは屈強な黒人男性・・・・。こんな感じです。販売スタッフを眺めているだけで面白いですね。異国感をお楽しみください。

 

車屋台で買った食べ物は、無料休憩コーナーで、座っていただけます。このコーナーは広々していてスペース的に余裕があり、テーブルと椅子は可動式なので、車椅子でも快適に利用できます。今回訪問時は空いていて、ゆっくりと飲食ができました。飲み物自販機が置かれています。

 

この休憩スペースを車椅子で利用しようとしている時、施設のスタッフの方が「お手伝いすることはありますか」と声をかけてくれました。やや高齢の女性スタッフの方ですか「資格をもっています」とおっしゃっていました。きっとヘルパーの資格を持っているのでしょう。ありがたい心遣いです。

道の駅おおた

産直ショップ内は、造りこそチープですが、車椅子での回遊は可能です。通路幅はやや広い程度。それほど車椅子への特別な配慮はありませんが、普通に利用できるお店です。お肉類もそこそそ充実しています。

 

この道の駅、再三「安普請」と書かせていただいていますが、トイレは綺麗。いいことです。独立一戸建て方式のトイレですが、吹きさらしではなく、入口は自動ドアが完備。男女別ゾーンの中央部は、ちょっとした情報コーナーになっている、今どきの設計です。

 

障害者用トイレは、男女別ゾーンの入口にそれぞれ設置され、広さ、設備、清潔感とも上等なトイレ。本棟に比べて、トイレ棟はお金をかけています。お薦めのトイレです。

 

高速道路のどのインターチェンジからも、少し距離のある立地ですが、目の前のバイパスはビュンビュン車が流れる“これぞ北関東”といったバイパス。そのため、一般道

の移動がスムーズで、思うよりも時間距離は短い道の駅です。

 

多国籍軍団のお料理はいかがでしょう。綺麗なトイレも待っています。今どきのバリアフリー設計とローコストのバランスが微妙に成立している道の駅。どうぞご利用ください。