道の駅ローズマリー公園(千葉県南房総市2014/12)

道の駅ローズマリー公園

~シェイクスピアのテーマパークが、ごく普通の道の駅に変わりました~

 

覚えている方も多いのではないでしょうか。「シェイクスピアカントリーパーク」。南房に突然出現したシェイクスピアのテーマパーク的施設。有料の“シェイクスピアの館”のような施設もありました。

道の駅ローズマリー公園

そこに「はなまるマーケット」が出来て、普通の道の駅に生まれ変わっています。名称は依然として昔を引きずって、ローズマリー公園ですが、産直ショップのある道の駅というご理解で、間違いありません。

道の駅ローズマリー公園

新設された「はなまるマーケット」とその駐車場は、バリアフリー。店舗の前に2台分の障害者用駐車スペースがあります。シェイクスピアカントリーパーク時代からの名残で、広い公園敷地内に、広大な駐車場がありますが、「はなまるマーケット」をご利用なら、店舗前の駐車場をご利用ください。

 

「はなまるマーケット」の店舗には、外向け売店構造のショップがあり、ソフトクリームなどを販売しています。いつも必ずとは保証しませんが、「はなまるマーケット」でお買い物をすると、ソフトクリーム100円引き券などが、もらえます。先に買い物をしてから、おやつを買って食べることをお薦めしますよ。

 

「はなまるマーケット」のコンセプトは、いわゆる産直ショップ。よくあるイメージで間違いありません。新しいだけに、床はフラット感があります。ただし通路幅は、最近の施設としては、あまり余裕がありません。もう少しゆったりとした通路を確保していただきたいと思います。

道の駅ローズマリー公園

店内に障害者用トイレがあります。しかし、今回の訪問時は“故障中”で使えなくなっていました。シェイクスピアカントリーパーク時代からある、公園内の一戸建て方式のトイレの障害者用トイレを使えばいいでしょう、という感覚です。これはいけません。トイレはすぐに直しましょう。

道の駅ローズマリー公園

シェイクスピアカントリーパーク時代からの洋館風の建物や風車、イギリス庭園などは、撤去されていません。2店舗ほどアクセサリー販売などのお店が入店していますが、他はそのままです。つまり廃墟です。

 

荒れ果てた庭園、朽ちていく洋館がそのままにあります。これらをまわりから勝手にみることができます。“兵どもの夢のあと”をお楽しみください。このまま荒れるがママにしておくと、いつの日か“お化け屋敷”になれるかもしれません。夜の名所になるかも。楽しみです。

 

南房はいいところです。海の幸、土の幸が豊富。そしてお花の栽培が盛んです。こちらのショップで、とても安い150円の切り花を買ったら、ちゃんと“水切り”をして包んでくれました。人情の厚い土地柄です。

 

まだまだピカピカの産直ショップです。南房の豊かな幸との出会いを、お楽しみください。