道の駅てんきてんき丹後(京都府京丹後市2016/09)

道の駅てんきてんき丹後

~「琴引浜の鳴き砂」を鳴かすことができました、丹後半島のドライブ拠点~

 

産直&お土産ショップ、お食事処、トイレ、そして「山陰海岸ジオパーク京丹後市情報センター」がある道の駅です。

道の駅てんきてんき丹後

1996年開業の初期型道の駅なので、バリアフリー水準はB級。段差構造にスロープ対応、トイレ設備も老朽化してB級。ショップの通路幅も広くはありません。

それでも車椅子での利用はもちろん可能です。

 

個性的なネーミングの丹後半島では希少なドライブ拠点です。

カニの聖地「間人(たいざ)」に近く、沿岸には立岩、屏風岩、そして丹後松島へと続く「山陰海岸ジオパークエリア」があります。

このエリア一帯、他には車椅子で休憩ができる施設があまりありません。旧型の施設ではありますが、車椅子ドライブの立ち寄り必須ポイントです。

 

ここで是非とも時間をとっていただきたいのは「山陰海岸ジオパーク京丹後市情報センター」。施設建物内にある情報センターです。

丹後半島北沿岸の名勝をパネル写真で紹介。地殻構造の解説、いわゆる観光案内的な展示もあります。

沿岸の名勝地は岩場の観光なので、車椅子での観光は苦戦必至。たとえば「経ヶ岬灯台」に行くには、オフロードを片道20分ほど歩きます。

車椅子での観光は現実的ではない名勝が多いので、この情報センターの展示で理解を深めておきましょう。

 

車椅子での観光が難しい名勝の一つに、鳴き砂で有名な「琴引浜」があります。当たり前ですが砂浜なので、車椅子ではスタッグ必至。普通の車椅子では立ち入ることは出来ません。

踏むと「キュキュ」と鳴く砂浜。その砂が情報センターに展示され、鳴らして遊ぶことができます。

鳴き砂の正体は「石英」です。情報センターでは顕微鏡で「鳴き砂」の正体「石英」を見ることができます。

「琴引浜」の近くにある「琴引浜鳴き砂文化館」は残念ながらバリア構造。車椅子利用者で、泣き砂を体験したい方は、「てんきてんき丹後」を目指しましょう。

 

情報センターのスタッフのお話では、「この鳴き砂は今日入れ替えたばかりで、よく鳴きます」、「夏の海水浴シーズンで砂が汚れて鳴かなくなるので、春に採取した砂です」ということでした。

鳴らす実験用の鳴き砂は、大きなサラダボウルのような器に入っていて、鳴きやすいように少し加工されたスリコギのような棒を使って手作業で「キュキュ」と鳴らします。もちろん車椅子に乗ったままで鳴らせます。さらに、来場記念の缶バッチが無料でいただけました。

道の駅てんきてんき丹後

丹後半島は古くから人類の営みのある地。「道の駅てんきてんき丹後」は、なんと発掘された弥生遺跡の上に建てられています。

敷地内には「遺跡公園」があり、出土した土器をイメージした多数のモニュメントが飾られています。

こんな公園風景はあまり見たことがありません。土器モニュメントの公園をぜひご覧ください。

 

地元の半官半民企業、(株)テンキテンキ村が運営する施設です。同社では、近隣にオートキャンプ場と、牧場に併設した「碇高原ステーキハウス」を運営。丹後半島の観光産業振興を担っています。

 

観光地化はされていませんが、近くには古墳が続々とあります。古代からの人類営みの地です。

 

残念ながら車椅子で立ち寄ることができる、バリアフリーに整備された、名勝や遺跡遺構はほとんどありません。

車椅子での丹後半島ドライブ観光の際には、「道の駅てんきてんき丹後」で休憩するとともに、情報センターに立ち寄って、車椅子では見分が難しい、丹後半島の自然と文化に触れてください。

 

施設設備は古いのですが、内容的にお薦めします。