道の駅とみうら 周辺施設(千葉県南房総市2014/12)

~突如出現する一大商業集積、道の駅を核にした不思議な南房タウン~

 

南房総市富浦町。ノベターンと広がる風景の中に、突如商業集積が現れます。

順不同でご紹介すると、コメリ、わくわく広場、お百姓市場、物産館とみうらマート、とみうら元気倶楽部、そして別称は枇杷倶楽部の道の駅とみうら。以上です。

いずれも大型の施設。なぜこの一画に集積しているのか、絶対になにか理由があるのでしょうが、正確な情報はありません。

道の駅とみうらと周辺施設

「コメリ」は解説不要でしょうが、それ以外の施設を簡単にご紹介します。

「わくわく広場」は産直農産物を中心にしたスーパーチェーンのようなお店です。バリアフリー上の大きな問題はありません。

道の駅とみうらと周辺施設

道の駅とみうらと周辺施設「お百姓市場」は地元資本の産直ショップで干物にも力を入れています。障害者用トイレもありますが、やや狭く設備もいま一つです。

道の駅とみうらと周辺施設

「物産館とみうらマート」は道の駅の一部のようですが違う経営のお土産、お食事のお店です。残念ながらお土産コーナーは半地下で車椅子は不可。お食事処は2Fになりますが、裏にエレベーターがあり車椅子でも利用できます。

 

「とみうら元気倶楽部」はいわば公民館。入浴施設や足湯設備などもあります。ザッとこんな感じです。

道の駅とみうらと周辺施設

そして「道の駅 とみうら」。産直農産物の販売はなく、お土産品、特に枇杷の加工品が自慢です。そして食事処ではなく、“カフェレストラン”があります。近年リニューアルされて、ピカピカになりました。

 

ところが、あまりバリアフリーではありません。なぜか施設内は段差だらけで、施設内のトイレに行くにも階段が車椅子の行く手を阻みます。外の一戸建て方式のトイレに障害者用がある設計。半地下構造の箇所に行くスロープも、傾斜はきつめです。車椅子ユーザーには、入り口からフラットに行けるショップまでの、限定的なご利用をお薦めします。

 

「道の駅 とみうら」「物産館とみうらマート」は同一敷地で並んでいて、駐車場もほぼ一体化しているイメージです。

 

横に並んでいる「お百姓市場」とは、区域がフェンスで仕切られていて、駐車場も完全に区分されています。それでは行き来が不便ということで、フェンスが2か所切られて“けものみち”のような移動ルートが設定されています。この“けものみち”は、車椅子ではやや辛い道。行っていけないことはありませんが、デコボコです。お薦めはしません。

 

「コメリ」と「わくわく広場」そして「とみうら元気倶楽部」は、道を隔てた反対側になります。

 

車椅子ユーザーの、お薦め行動ルートはどれか。実は決め手にかけます。車椅子ユーザーは車の乗り降りが面倒。したがってどこかに駐車して、全体的に見て回れるといいのですが、どこに停めてもいま一つ。トイレもいずれも一長一短。仕方がありません。チョコチョコと車を移動させて、それぞれの駐車場に停めて、各施設をご覧ください。

 

ショップコンセプトが被るのは、「物産館とみうらマート」「お百姓市場」「わくわく広場」の3つになります。お買い得品を比較検討してください。