道の駅和田浦WA・O!(千葉県南房総市2014/12)

~今年とれた“ツチクジラ”が食べられます、クジラが売りの新しい道の駅~

 

南房に新しく誕生した道の駅です。テーマはズバリ“クジラ”。和田浦の特産品であり、食文化であるクジラがメインの道の駅です。

道の駅ですが、JR和田浦駅のすぐそばで、電車での来館も可能な立地。といっても、車の人が多いでしょうから、車利用のイメージでご紹介を続けます。

道の駅和田浦

HPなどでは“国道に面している”という記載がありますが、実際にはちょっと奥まった場所にあります。国道から一本横に入るので、通り過ぎないようにご注意ください。

道の駅和田浦WA・O!

メイン施設が一棟あり、その正面に一戸建方式のトイレ、奥に駐車場があります。障害者用駐車スペースは、奥の正規の駐車場ではなく、トイレの隣の特別区画にあります。これも解りにくいので、初めてのご利用の際はご注意ください。

道の駅和田浦WA・O!

施設内は、ショップと無料休憩コーナー、お食事処があります。さすがに新しい施設だけに、全面的に気持ちよくバリアフリー設計、構造上の問題はありません。通路幅もほぼ問題なしです。レジ周りの箇所がやや狭くなりますが、許容範囲。車椅子ユーザーは安心してご利用ください。

道の駅和田浦

建物内にもトイレがあり、障害者用もしっかりあります。こちらも新しいだけに、広さ、設備、清潔感とも文句なし、上級のトイレです。外の一戸建てトイレよりも、よりハイレベルな、こちらのインドアトイレのご利用をお薦めします。

道の駅和田浦WA・O!

無料休憩コーナーは広さに余裕があり、車椅子利用が可能。動かせるテーブルと椅子がランダムに置いてあるので、使いやすいように動かしてご利用ください。

 

食事何処は、クジラ料理が自慢。その他、海の幸を中心に、お手頃な値段でそれなりの食事がとれます。この界隈、美味しいお店はありますが、バリアフリーな店はあまりありません。車椅子ユーザーは、お腹が空いたらこちらのお店のご利用がお薦めです。ただし営業時間は19時まで。夕食をお考えの場合は、時間を気にしてご利用ください。

 

さてショップです。産直農産物があります。お菓子類もあります。その他の加工品も充実していますが、やはり目につくのは“クジラ”。瓶詰、缶詰、真空パックものなどが豊富にあります。和田浦でとれたクジラの“しぐれ煮”がパックに入って売っていました。捕れたときにいっきにつくって冷凍し、少しずつ解凍して販売しているようです。淡泊な味わいが美味しい一品でした。

道の駅和田浦WA・O!

新しいだけに、バリアフリーで設備はピカピカ、気持ちのいい道の駅です。クジラ好きの方も、そうではない方も、お近くをお通りの際は、ぜひお立ち寄りください。

現時点では、おそらくは南房総市で一番の、綺麗な障害者用トイレがまっています。