道の駅南きよさと(山梨県高根町2014/12)

 

~産直ショップだけではありません、公園、農園、キャンプ場付きのレジャー施設~

道の駅南きよさと

山梨県八ヶ岳の麓、清里高原の入口に位置する道の駅です。

産直ショップおよび農産物加工体験施設、広大な芝生広場、ドッグラン、収穫体験が出来る農園、車中泊が出来るRVパーク、レストラン、山の展望台に上るリフトカーなどがある複合型の施設。もっとも冬場は、リフトカーなどの屋外型の施設はお休みになります。夏は涼しく冬は寒い、高原の道の駅です。

 

駐車場が複数箇所あります。産直ショップなどがあるメインの施設を中心に見た場合、一番近くて、ちょっと上か、やや下の高さの駐車場があります。どちらからもスロープや斜面を通る設定。障害者用駐車スペースは、“ちょっと上の駐車場”に2台分設置されているので、“ちょっと上駐車場”が道の駅側としては、車椅子ユーザーにお薦めということでしょう。ただし、スロープはやや傾斜がきつく、介助の人がいたほうが楽なレベルです。

 

障害者用トイレは、メイン施設の外側と内側の2か所にあります。どちらもやや狭く、かつ設備もいま一つ。ただ、実用に耐えないというほどではありません。あまり期待せずにご利用ください。

 

車椅子ユーザーが利用できるバリアフリー施設としては、農産物ショップ、その他のお土産品ショップ、レストランになります。

 

農産物ショップは、広さはありますが、通路幅はそれほど余裕がありません。混んでいるときは、車椅子での店内回遊がちょっと厳しいレベル。でも商品は豊富です。季節の地元の実りをお楽しみで下さい。

 

お土産ショップはそれほど広くはありません。通路幅は並みレベルで、それほど余裕はありません。お菓子や加工品、山梨自慢のワインなどが並びます。ほとんどすべてが山梨県産品。山梨はいろいろな産物があります。

 

レストランへは、ショップサイドからブリッジを通って、バリアフリーに行くことが出来ます。ポールラッシュ先生考案の清里カレーなどがあります。デザート系は、信玄ソフト。山梨の人は武田信玄が大好きです。南アルプスの天然水を使用したコーヒーも自慢です。

 

全体的に古さが出始めた施設です。最新のバリアフリー施設と比較すると、どうしても見劣りします。現状でも車椅子での利用が不可能ではありませんが、できればひと踏ん張りして、リニューアルしていただきたい。

駐車場と施設の高低差を埋めるのは大工事でしょうが、トイレまわりだけでも新しくなると印象が変わると思います。

 

環境は抜群で、清里のブランドイメージもヨシ。高速のインターチェンジからのアクセスも悪くはありません。経由地ではなく、目的地として遊べる施設です。清里の美味しい空気がなによりのご馳走。東京圏にお住まいの方のリゾート地です。東京方面からは、中央高速の渋滞に気をつけて、お出かけください。